ヴァージン・ハンド Picking Up The Pieces (2000)

投稿日:


I'm sure the Virgin was wearing turquoise nail polish.
Woody Allen's Picking Up The Pieces - Fuck You!
聖母マリアの手
マリア様はトルコ・ブルーのマニキュアをしていた!
Vergin Hand (2000)

Picking Up The Pieces with Woody Allen
ウディ・アレンが主演する「ヴァージン・ハンド」は自身がDr. Amado(アマド医師)役で出演しているメキシコのAlfonso Arau(アルフォンソ・アラウ)が監督した悪評高きウルトラ・ブラックコメディです。 バラバラ殺人事件の物的証拠である切り落とした片手が、なんと、「聖母マリアの奇跡の手」として田舎町の観光収入源になってしまいます。
妻殺しの犯人である肉屋を演じるWoody Allen(ウディ・アレン)は1965年に「What's New Pussycat?(何かいいことないか子猫チャン)」の脚本兼出演者として映画デビューしました。

Picking Up The Pieces - Woody Allenヴァージン・ハンドのちょっとあらすじ
舞台はアメリカ、アリゾナの田舎の肉屋、ニューヨークからやって来たウディ・アレン演ずるテックス・カウリーが元ストリッパーのセクシーな女房キャンディーを愛するあまり浮気を封じようとなんと短絡的!殺してしまいます。 犯行後には電動ノコギリで美女を切るマジックショーの人体切断よろしく妻の死体を7つ(七つの大罪?)にバラしてトラックに積み込み、愛犬ピンキーを同乗させたテックスはアリゾナとテキサスの間にあるニューメキシコの町外れに埋めに行ったのです。 映画の冒頭では妻を回想しながらバラバラ死体を運ぶ肉屋のテックス。
Picking Up The Pieces!
ところがその道中に、悪路でバウンドしピックアップの荷台から落っこちてしまった部品(?)を「重たい女だ」なんて言いながらあわてて拾い集めて積み直しました。(闇夜とはいえ生首を荷台に投げ込む音がしてけっこうグロ)
テックスが拾い忘れた女房の片手に蹴躓いて転んだのが村の盲目の老婆でしたが、その左手を拾った老婆の目が突然見えるようになったことから奇跡が起こったとして妻の手首がサンミゲル教会に持ち込まれ、警察に届けようと言う神父を制したのは奇跡を信じた娼婦のデシ。 キャンディーの手は"マリア様の手"として教会に祀られることになります。 これが迷信深いスペイン系の田舎町エルニーニョの人々に次々と奇跡を起こし、フィーバー、フィーバー、町は参拝者で大賑わい。 商売繁盛、大儲けした人びとから教会への寄付がジャンジャン。 痙攣病が癒えた、切られた足がはえた! あばた面がツルルツに! 村人たちは中指をおっ立ててたトルコ石色のブルーの長い爪の処女(ヴァージン)マリアの手にそれぞれのお願いを託すのです。 「大きなオッパイにして!」だの「でっかいアレを!」などと言いたい放題! 町の広場じゃ、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経(口から火を噴く黒人の歌う仏教徒?の辻舌鋒)
そのマリア様の手、つまり肉屋の女房の手首は、殺される前に旦那を侮辱した形のまんま・・・ファッキュー!
キャンデーの行方を捜査するとボボはテックスのトレーラーにやって来て不法に手錠をかけてしょっぴき嘘発見機にかけますが針は微動だにせず放免。 しかしその騒動を知った肉屋が、「これはまずい!」と妻殺害の証拠隠滅のためにその手首を取り戻しに行ってる間にトレーラーのガサ入れをしたボボはキャンディーを埋めた地点をマークした地図を見つけボボもエルニーニョに向かいます。 教会に入り込んでキャンディーの手首に詫びを入れるとテックスは拳銃を出して強奪します。 逃げるテックス、追うボボ。 デシは生活を変えると悪の温床(ベッド)を燃やしてしまい、教会の懺悔室で神父に結婚を迫ります。 テックスがキャンディーの手首を埋めてしまうと、なんと!今までの軌跡は全て消えてしまったのです。 老婆はまた盲目に、デカパイはしぼみ、床まで届かんばかりだったデカ××も、ありり! テックスは参拝者たちに捕まり大騒動、そこにボボも割って来て俺の囚人だと主張するも、エルニーニョの保安官にジョン・ウエインはテキサスに帰れ!と脅されるしまつ。
Hi, Arsehole.

Picking Up The Pieces - Not Fuck You投獄されたテックスは愛犬のピンキーを呼ぶが、夜中にキャンディーが現れ、ひとしきりしゃべると高笑いを残して消えた。 おねだりしたタバコの吸い殻を床に残して。 鉄格子の扉が開くのを知ったテックスは留置所を出ると部品が埋めてある木の側を穿り返そうとしているとピンキーが手を銜えてきた。 ユダヤ人のテックスが懺悔に行くと神父とデシが愛を囁いていた。 妻殺しを告白するテックスに驚く神父、外では町の人びとが教会の扉を開けろ!と大騒ぎ。 ドアを破ってなだれ込む人びとに神父は叫んだ。
「この手は聖母マリアの手ではない!」 と神父がテックスの告白を暴露しようとした時、拳銃を構えたボボが「そいつは人殺しだ!」と入ってきたが、マリアのひと突きを機に町の人々にボコボコにされ吊り上げられて人間花火になってしまった。 喧噪を逃れたテックスは指をポキポキと折り畳んだキャンディーの手を祭壇のガラスケースに戻し別れを告げた途端、ケースの中でキャンディーの中指がおっ立った。 これで村では奇跡が消えてしまった人びとに再び幸せが戻った。
テキサスに戻るテックスの言葉、Go Fuck Yourself....

Picking Up The Pieces - Allen and Schwimmer肉屋の浮気女房はSharon Stone(シャロン・ストーン)が演じます。 42歳でキャンディーを演じたシャロン・ストーンはウディ・アレンの「スターダスト・メモリー」でブッチュー!とデビューした後の1992年に「Basic Instinct(氷の微笑)」で白いドレスのあのシーンで、1994年の「The Specialist(スペシャリスト)」でSylvester Stallone(シルヴェスター・スタローン)とあのシーンで、セクシー女優の看板を掲げたのですが、なんと1995年に自分も制作に携わって色気抜きの西部劇「The Quick and the Dead(クイック&デッド)」で父の仇討ちをする女ガンマン役で主演しました。 この決闘映画「クイック&デッド」ではRussell Ira Crowe(ラッセル・クロウ)がシャロン・ストーンとラヴシーンを演じるという幸運なハリウッド映画デビューをしています。
そして、その肉屋の女房の手首に「聖母マリアの手」というお墨付きを与えた神父役はなんとTVコメディシリーズ「Friends(フレンズ)」でRoss Geller(ロス・ゲラー)役だったDavid Schwimmer(デヴィッド・シュワイマー)です。 神に仕える身なのに娼婦のDesi(マリア・グラツィア・クチノッタ)への想いで悶々としている俗っぽい神父様(レオ・ジェローム)はなんとも哀れかつ滑稽です。 司祭さまの"LaCage(ラケージ)"には1973年の「The Long Goodbye(ロング・グッドバイ)」でカッコ良い探偵フィリップ・マーロウを演じ、2001年から2007年にかけてオーシャンズ・シリーズ(Ocean's Eleven, Twelve and Thirteen)でルーベンを演じたElliott Gould(エリオット・グールド)です。 ちなみにエリオット・グールドがかってBarbra Streisand(バーブラ・ストライサンド)と結婚してできた息子は現在俳優となったJason Gould(ジェイソン・グールド)です。 そしてそして、なんと自分の恋人で肉屋の奥さんの殺人事件の捜査をする保安官のボボがKiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)という超豪華キャストなんです。(キャラクターとしては常に口に楊枝を加えているキーファーはドナルド・サザーランドの息子で酒で失敗することもあるが稼ぐカナダ人俳優) ちなみにカメオ出演したテックス・メックスのアコーディオン奏者のFlaco Jiménez(フラーコ・ヒメネス)の方ではなくフラーコ役で出演したJoseph Gordon-Levitt(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は脚本及び監督を手掛けScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)を相手に2013年のコメディ映画「Don Jon(ドン・ジョン)」でポルノを観てから人生が変わってしまう主人公を演じています。

video「ヴァージン・ハンド」のトレーラーはPicking Up The Pieces Trailer - VideoDetective

¿Por que?テックスが殺した妻のキャンディーと浮気していたテキサス保安官のボボが行方不明を怪しんで訊ねた。 男にもてもてのセクシー美女が、何でさえない男テックスと結婚したのか? アレンが演じる肉屋いわく、"She likes my meat!" フムフム、なるほど!
それでは、妻が浮気をした訳は? ¿Por que?

「人間は月に行けるようになったのに、屋根から鳩さえを追い払えない」とか、「人は魂か体裁のどちらか一方しか守れない」などのウンチク・哲学がと随所にちりばめられている。
そして最後に、ありがた~い神のお言葉が・・・ゴー・ファック・ユアセルフ (もうたくさんだ、黙れ!)」

そういえば、2001年から2009年まで副大統領兼上院議長のDick Cheney(リチャード・チェイニー)が上院の記念撮影会にて、民主党上院議員のPatrick Leahy(パトリック・レーヒー)に言っちゃたってね。 「お前なんかクソくらえ!」

Sharon Stone
IQがアインシュタインにちょっと近いほど高いというシャロン・ストーンはミスコンを経て70年代後半に自動車会社のモデルとなりました。 1980年にウディ・アレンが脚本、監督及び主演した「Stardust Memories(スターダスト・メモリー)」にセリフなしの乗客として出演したのが映画デビューです。 ちなみにこの映画音楽はアレンの映画音楽上の相棒であるピアニストのDick Hyman(ディック・ハイマン)で1999年にもアレンの「Sweet And Lowdown(ギター弾きの恋)」を担当しています。
シャロン・ストーンは1987年の刑事ものB級アクション映画「Action Jackson(アクション・ジャクソン/大都会最前線)」を経て、1995年にはMartin Scorsese(マーティン・スコセッシ)監督の長編大作「Casino(カジノ)」でRobert De Niro(ロバート・デ・ニーロ)と共演し、美しい女ハスラーのジンジャー役を演じてアカデミーの女優賞を受賞しています。 サウンドトラックが豪華な映画「カジノ」のタイトルデザインは美しいネオンの洪水を立体的にアレンジしたSaul Bass(ソウル・バス)でした。
他には1998年にアニメ「Antz(アンツ)」でZ役のウディ・アレンと共にPrincess Bala(王女バーラ)として声を担当しています。 アレン監督の「Hollywood Ending」がオープニングに上映された2002年のカンヌ映画祭では、シャロン・ストーンが審査員の一人を務め、今回が初めてのカンヌ訪問というウディ・アレンと共に現れました。 1992年の「氷の微笑」の続編でもっと過激な2006年の「Basic Instinct 2(氷の微笑2)」ではオリジナルで刑事を演じたMichael Douglas(マイケル・ダグラス)は出演しませんが、その名を取った精神科医が登場します。 平素から茶目っ気のあるシャロン・ストーン姐御は中年になってシェイプアップし、51歳で有名なParis Match誌の表紙を飾りました。(トップレスで)

タイトルの「Picking Up The Pieces」はバラバラの破片(「ヴァージン・ハンド」では切断した手足)を拾い集めることだけど、人生の中で色々な事(もの)を集めておいて、上手く生きるって意味もあるかも。


ウディ・アレンの「ヴァージン・ハンド」国内版DVD
Picking Up The Pieces by Woody Allenヴァージン・ハンド~スペシャル・エディション~ PICKING UP THE PIECES / ハピネット・ピクチャーズ

2006年にウディ・アレンが監督するスリラーコメディの「Scoop(タロットカード殺人事件)」では「Swordfish(ソードフィッシュ)」のHugh Jackman(ヒュー・ジャックマン)と「The Black Dahlia(ブラック・ダリア)」のScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)が出演します。

Audio-Visual Trivia内でウディ・アレン映画はアレン哲学のウディ・アレンの重罪と軽罪(1989年)
「スターダスト・メモリー」と「ワイルド・マン・ブルース」はWoody Allen(ウディ・アレン)

デヴィッド・シュワイマーは2005年の人気アニメ「マダガスカル」ではキリンのメルマンの声を担当しています。