シドニー・ベシェ Sidney Bechet

投稿日:


The Best of Sidney Bechet
Sidney Bechet
Sidney Bechet - Petite Fleur (Best of Sidney Bechet) - Amazon.co.jp (MP3 Download)

シドニー・ベシェが若妻に捧げた小さな花
Sidney Bechet
(1897 - 1959)
ニューオリンズ出身のシドニー・ベシェはジャズ界で最初のソプラノサックスのソロ演奏をしたといわれヴィブラートの効いたアドリブで1940年代から人気を得ました。 1940年代後期にはニューヨークで白人クラリネットやサックス奏者のBob Wilber(ボブ・ウィルバー)とも共演しています。
1950年に再度フランスに渡ったシドニー・ベシェはその翌年に若いフランス女性と結婚したのですが数年後の自分の誕生日に62歳で亡くなりました。 1938年に録音した"Summertime"と共にシドニー・ベシェの作曲になる"Petite Fleur"は名曲となっています。 シドニー・ベシェは後のアルトサックス奏者のJohnny Hodges(ジョニー・ホッジス)に多大なる影響を与えました。

Sidney Bechet plays Petite Fleur(Small Flower)
J'ai cache
Mieux que partout ailleurs
Au jardin de mon cœur
Une petite fleur
「小さな花(プティット・フルール)」は日本ではPeanuts Hucko(ピーナッツ・ハッコー)のクラリネット演奏で1959年にヒットしましたが、アメリカでは60年代英国トラッド・ジャズのトロンボーン奏者のChris Barber(クリス・バーバー)の演奏が知られているジャズの有名な曲です。 クリス・バーバー・ジャズバンドの曲では「Chris Barber and His Jazz Band: The Pye Jazz Anthology」というアルバムに収録された"Hushabye"も好きです。(クラリネット演奏はクラリネットはシドニー・ベシェとGeorge Lewis(ジョージ・ルイス)の信奉者として知られるMonty Sunshine(モンティ・サンシャイン)です)

黒人ミュージシャンの中でも最もひどい生活を送っていたのが道端で歌ったり演奏したりして小銭を稼いでいたブルースやR & Bのストリートミュージシャン達だったそうです。 かりにチャンスを得て歌を吹き込んでも煙草銭ほどの金額に甘んじていました。(レコードが売れても印税無し) しかしクラリネット奏者のシドニー・ベシェは演奏活動をする以前に家業の仕立て屋(テイラー)で成功していたので黒人のミュージシャンの中でもアル意味で上流階級だったそうです。 シドニー・ベシェはアメリカの大恐慌でニューヨークのハーレムにあった"コットン・クラブ"などが閉鎖された時は仕立て屋で生計を立てられたのだとか。

「小さな花」は、ニューオリンズの歴史的ジャズマンで、1940年代の終わりに二度目の渡仏をしたクラリネットやソプラノサックス奏者のシドニー・ベシェが、晩年の1952年に若い奥さんの誕生日を記念して贈った曲だそうです。 「小さな花」は先ずパリやヨーロッパで大評判となり、その後渡米して世界的に有名になった曲です。 フランス語の歌詞は"Luna Rossa(月への祈り)"で有名なFernand Bonifay(フェルナン・ボニファイ) & Mario Bua(マリオ・ブア)によって1959年に付けられました。
Sidney Bechet - Petite Fleur ( the Olympia Concert Paris 1954) - YouTube
Sidney Bechet - Petite Fleur (1959) - YouTube
☆小さな花の歌詞はPetite Fleur Parole - International LYRICS Playground

「小さな花(プティット・フルール)」はクリス・バーバーの他にもJohn Gill Band(トロンボーン奏者のジョン・ギルの楽団)、Edmond Hall(デキシー・クラリネットのエドモンド・ホール)、そしてジャズトランペット奏者のChet Baker(チェット・ベーカー)などクラリネットやトランペット奏者がこぞって演奏しています。
Chris Barber with Monty Sunshine (1956) - Petite Fleur - YouTube


The Best of Sidney Bechet
ページトップの画像のCDには"Petite Fleur"は収録されていませんが、"Summertime"や"St. Louis Blues"、"Basin Street Blues"、"Black and Blue"の他"Bechet's Fantasy"など全18曲を収録した1994年発売のベスト盤CDです。
試聴はBest Of Sidney Bechet - Amazon.com

Sidney Bechet Greatest Hits
"プティット・フルール"と"サマータイム"が収録されているシドニー・ベシェのCD
Greatest Hits Sidney Bechet Greatest Hits
試聴はGreatest Hits - CD Universe

Petite Fleur
パリ時代の演奏を収録した日本盤(Bmg Japan)で海外にも輸出されて評判のCD(2000年盤)にはジャズ・スタンダードのカバーとニューオリンズ・ジャズの「Tin Roof Blues(ティン・ルーフ・ブルース)」を収録してあります。
Sidney Bechet Petite Fleur/小さな花小さな花 Original recording remastered (アルバムカバー画像の写真が「Blues In My Hea」や「V4 1943-1952: House Party: Ori」や「Complete Blue Note Recordings(The Complete Blue Note Recordings Of Sidney Bechet)」と同じの2000年販売のCDは超ヴィンテージ価格ですが試聴あり)
ヨーロッパのレーベルのQuadromania Jazz(クワドロマニア)から「Petite Fleur」というタイトルの4枚組み輸入盤アルバムもリリースされています。
"Tin Roof Blues"はWalter Melrose(ウォルター・メルローズ)と1920年代のシカゴジャズの人気バンドだったNew Orleans Rhythm Kings(ニュー・オルリンズ・リズム・キングス)のコルネット奏者のPaul Maresが編曲したという代表的な曲ですが、Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)の演奏でも知られています。

Art Tatum Trio and Sidney Bechet
シドニー・ベシェのアルバム"Tropical Mood"、"Caribbean Music Roots"、"Sidney Bechet: Selected Favorites, Vol.16"、" Productinformatie Classics 1938-1940 - Sidney Bechet "などに収録されている南米の伝統的音楽のTropical Moon(トロピカル・ムーン)が聴けるシドニー・ベシェとThe Art Tatumとのセッション盤
The Art Tatum Trio and Sidney BechetThe Art Tatum Trio and Sidney Bechet
全曲試聴はSidney Bechet / Art Tatum - Amazon.com

Tropical Mood Meringue
☆Glenn Miller(グレン・ミラー)の音楽に加えて、シドニー・ベシェが作曲したTropical Mood Meringueが1980年のWoody Allen(ウディ・アレン)が監督及び主演した「Stardust Memories(スターダスト・メモリー)」のサウンドトラックで使用されています。 Charlotte Rampling(シャーロット・ランプリング)も出演したアレンの白黒映画は1963年にFederico Fellini(フェデリコ・フェリーニ)が監督した「8 1/2」へのトリビュートと云われています。 あえてモノラルにしたという「スターダスト・メモリー」のサントラはウディ・アレン自身のレコードコレクションから、Django ReinhardtのI'll See You in My Dreams、Dick HymanのHebrew School Ragなどスタンダードジャズを選んだそうですが、シドニー・ベシェが演奏するTropical Mood MeringueはイギリスのAmazon.co.ukのみMP3アルバムで試聴できます。
Tropical Mood Meringue (Woody Allen's Film Stardust Memories) - Amazon.co.uk

Jazz Greats
"Petite Fleur"や"Summertime"や"Saint Louis Blues"などを収録したオリジナルのレコードでは1949年から1958年の音源という「Jazz Greats」があり、1998年のCDが販売されています。 ジャケット(カバー画像)がのカリカチュアでお洒落です。 2003年発売のCD(ASIN: B000024X9A)の試聴はJazz Greats - AllMusic.com


廃盤
ピーナッツ・ハッコー・オール・スターズ/ベニー・グッドマンに捧ぐ(25R2-47)
ピーナッツ・ハッコー・オール・スターズ/ルイ・アームストロングに捧ぐ(25R2-46)
☆「小さな花」ではありませんが、1945年パリでの録音でPeanuts Hucko(ピーナッツ・ハッコー)とDjango Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)をフィーチャ-したGlenn Miller楽団の演奏メドレーの他にHenri Rene(アンリ・レネ)のアレンジもお洒落ですが、「小さな花」はThe Sputoniks (スプートニクス)までが「スプートニクス:永遠のスプートニクス・ベスト:哀愁のジャパニーズ・ヒット・メドレー(ASIN: B0002S8BCE)」や「ベスト!/ザ・スプートニクス」や「霧のカレリア~ベスト・オブ・スプートニクス(ASIN: B0000566Q2 )」などで演奏しています。
アンリ・レネのPetite Fleurが収録されているのは私の大好きなアルバム、楽しいパリを舞台にした映画音楽風のラウンジミュージックの「Ultra-Lounge, Vol. 10: A Bachelor in Paris

Peanuts Hacko with Helen Ward
「鈴懸の径」が聴ける!(2007年発売)
ピーナッツ・ハッコーのバンドをバックに歌うスイング王のBenny Goodman(ベニー・グッドマン又はベニイ・グッドマン)楽団専属歌手だったHelen Ward(ヘレン・ウォード)のRCA時代の録音から20曲を収録したオリジナルが1957年盤のスゥイングアルバムは「With A Little Bit Of Swing(ウィズ・ア・リトル・ビット・オブ・スウィング)」で、試聴はWith A Little Bit Of Swing Peanuts Hacko with Helen Ward [CD] - CDJapan
2007年7月からリリースが開始されたRCAの女性ジャズヴォーカル・シリーズについてはCDJournal.com - RCAの女性ジャズ・ヴォーカル20W、リマスター&1,000円で登場

All That Jazz
ニュー・オーリンズ・ジャズのクラリネット奏者のジョージ・ルイス、ベニー・グッドマン、バディ・デフランコなど、スイング(スウィングジャズ)時代からモダンジャズまでを収録したアルバム「ALL THAT JAZZ(オール・ザット・ジャズ) 第3巻 クラリネット」が「平凡の友」からリリースされているそうです。

私が持っているPetite Fleur(小さな花)は1953年鈴木章治の鈴懸の経で有名になったクラリネットのPeanuts Hucko(ピーナッツ・ハッコー)とBob Crosby and His Orchestra featuring the Bob Cats(ボブ・クロスビー&ボブキャッツ)の演奏です。 B面はクラリネット奏者でもあるBill Stegmeyer(ビル・ステグマイヤー)が作詞・作曲したヒット曲でSuch A Long NightをCha-Cha-Chaのリズムで演奏しています。


シドニー・ベシェのCDではこれがいいかも!
Shake 'Em UpShake 'Em Up
♪ 試聴はShake 'Em Up - Amazon.com

Listen素晴らしい! NPRラジオで聞けるシドニー・ベシェのオリジナル"サマータイム"
Listening, Party For Two: Sidney Bechet's 'Summertime' - NPR
シドニー・ベシェの名演奏が聴けるSidney Bechet - Jazz On Line(Sidney Bechetで検索、曲名をクリック)
1923年のOkehレコード盤「Down On The Levee Blues」などが聴けるKing Bechet Trio - The Red Hot Jazz

Annes Bechet by Sidney Bechet
幻のシドニー・ベシェのCD情報はアルバム・カバー画像が見られるMusic.Yahoo.comのLes années Bechet - Les Originaux Petite Fleur(試聴はLes années Bechet - Amazon.com

シドニー・ベシェの演奏ではありませんが"Wheels(峠の幌馬車)"で知られたThe Billy Vaughn Orchestra(ビリー・ヴォーン楽団)のPetite Fleur(小さな花)が1999年の癒し系女優と呼ばれるJeon Do-yeon(チョン・ドヨン)が主演したハッピーエンドじゃないシュールな韓流エロティックサスペンス映画「Haepi-endeu(Happy End/ハッピーエンド)」のエンディングクレジットで使用されています。 チョン・ドヨンは2003年にヨン様(Yong-jun Bae/ペ・ヨンジュン)の「Untold Scandal(スキャンダル)」にも出演しています。
ビリー・ヴォーンの"小さな花"が収録されているアルバムは「The Best of Billy Vaughn」ではなく、「ビリー・ヴォーン楽団のすべて」(COLEZO!TWIN ビリー・ヴォーン楽団 ASIN: B000BONQ1U)で曲目が見られます。


愛妻に捧げた曲、聴いてくれた?
Sidney Bechet