サイドウェイ Sideways (2004)

投稿日:


Wine
In search of wine. In search of women.
In search of themselves.

ワイン・テイスターか、それともただのアル中か。

サイドウェイ(2004年)
ワインと人生を見つめなおす旅か、ワインと女と自分を探す旅か。 「サイドウェイ(意味は脇道)」ちょっと長めのインディー系のロード・ムービー(コメディ)ですが、ロサンゼルス映画批評家協会賞受賞、Golden Globeにノミネートされ、ニューヨーク映画批評家協会賞も受賞し、アカデミー賞でも有力候補らしいです。 他の作品を4倍引き離しましています。

Paul Giamatti監督はAlexander Payne(アレキサンダーペイン)、主人公のマイルスは「交渉人」に出演した時よりずっといい男になったPaul Giamatti(ポール・ジアマッティ)です。(ただし酔っぱらい) 過激なラジオDJのHoward Stern(ハワード・スターン)の自伝である1997年の「Private Parts(プライベート・パーツ)」にラジオ局のディレクターのケニーで出演したポール・ジアマッティは「サイドウェイ」の後の2005年には「Cinderella Man(シンデレラマン)」でアカデミーの助演男優賞にノミネートされ、2007年には「Fred Claus(ブラザーサンタ)」でサンタクロースを演じます。 アニメでは2005年の「RoBoTs(ロボッツ)」や2006年の「The Ant Bully(アントブリー)」で声を担当しています。
マイルスと旅をするジャックには「Charlotte's Web(シャーロットのおくりもの)」や「Over the Hedge(森のリトル・ギャング)」などで声の出演もしているThomas Haden Church(トーマス・ヘイデン・チャーチ)ですが、2011年のとんでもない犯罪映画「Killer Joe(キラー・スナイパー)」では超ダメ男を演じます。 マイルスが気にかけているウエイトレスのマヤには怪優Michael Madsen(マイケル・マドセン)の妹で1989年の「Third Degree Burn(灼熱の女)」や1992年の恐怖映画「Candyman(キャンディマン)」や2009年の「The Haunting in Connecticut(ホーンティング・イン・コネチカット、エクトプラズム 怨霊の棲む家)」で主演したグラマーなVirginia Madsen(ヴァージニア・マドセン)です。(1994年に仲村トオル主演の「Blue Tiger(刺青)」に兄妹で出演) マヤの女友達でワイナリーのステファニーには日本では2000年に「Dancing at the Blue Iguana(ブルー・イグアナの夜)」でストリッパーを演じてメジャーデビューしたカナダ出身韓国系カナダ人女優のSandra Oh(サンドラ・オー)でマイルスの友人のジャックが惚れてしまいます。 「サイドウェイ」の前に2003年の「Under the Tuscan Sun(トスカーナの休日)」でヒロインの親友を演じたサンドラ・オーは2003年にアレクサンダー・ペインと結婚して2005年に離婚していますが、2005年の「Hard Candy(ハードキャディ)」でチラリと顔を見せています。
ワインが趣味の小説家志望が、結婚を控えた友人と南カリフォルニアワインのワイナリー巡りと、二人の人生を見つめ直す旅に出ます。

video「サイドウェイ」のトレーラーが観られるオフィシャルサイト
Fox Searchlight - Sideways - Official Site (View the Trailer をクリック)
「サイドウェイ」のポール・ジアマッティなどのセリフのWav Soundが聴けるWavSource: Movies: Sideways


Sideways DVD
Sideways DVDサイドウェイ 特別編
2005年発売の「サイドウェイ」の日本語字幕DVDは入手不可になったのでリンクは2008年版です。 2009年には[Blu-ray]も発売されますし、2010年4月には菊地凛子や鈴木京香が吹き替えを担当するDVDも発売になります。

Sideways Soundtrack
"アルハンブラの想い出"は収録されていませんが、「サイドウェイ」のサントラは「About Schmidt(アバウト・シュミット)「や「Just Like Heaven(恋人はゴースト)」などでお馴染みのRolfe Kent(ロルフ・ケント)のジャージーな音楽です。
Sideways Soundtrack「サイドウェイ」オリジナル・サウンドトラック
この2005年リリースの国内盤は試聴できます。


Capricchio Arabe(アラビア風奇想曲)などでも知られる19世紀半ばのスペインのギタリストのFrancisco Tarrega(フランシスコ・タレルガ)作曲の名曲"Recuerdos de la Alhambra(アルハンブラの想い出)"はワイナリーのシーンで使われました。 タレルガの"Recuerdos de la Alhambra(アルハンブラの思い出)"と"Capriccio arabe(アラビア風奇想曲)"を収録したNarciso Yepes(ナルシソ・イエペス)のアルバムには「決定盤!アルハンブラの思い出」(ASIN: B00005F6NY)があります。

Recuerdos de la Alhambra
クラシックギターの演奏はJohn Williams(ジョン・ウィリアムス)で、グラナドス、ウィリアムス、ファリャ、アルベニス、セゴビア、タルレガ、トゥリーナなどの作曲を収録したソニーミュージックエンタテインメントのアルバムが試聴できます。
Recuerdos de la Alhambraアルハンブラ宮殿の思い出~スペイン・ギター名曲集
John Williams(ジョン・ウィリアムス)のアルバムにはイギリスのAmazonに「The Ultimate Guitar Collection」がありますが、日本では「アルティメット・ギター・コレクション」というタイトルのアルバムがリリースされています。
DVDなどで表記される"アルティメット・エディション"とは初回限定とか特典映像付きといった意味があるそうですが、CDでは何でしょうか。


追記:
2005年1月17日の第62回のゴールデングローブ賞に7部門でノミネートされていた「サイドウェイ」は、コメディ/ミュージカル部門の作品賞と脚本賞を受賞しました。
2005年のアカデミーではアレキサンダーペイン監督と脚本を共同執筆のJim Taylor(ジム・テイラー)が脚色賞を獲得しました。