男と女 Un homme et une femme (1966)

投稿日:


Trintignant and Anouk Aimee in A Man and a Woman
Anouk Aimee et Trintignant dans Un homme et une femme
Nicole Croisille & Francis Lai - Un Homme Et Une Femme - YouTube

男と女(1966年)
Francis Lai(フランシス・レイ)の甘美なメロディにNicole Croisille(ニコール・クロアジール)の歌、「Daba Daba Dab」が流れるClaude Lelouch(クロード・ルルーシュ)監督の大人の恋愛映画「男と女(A Man And A Woman)」の登場人物はほとんどがAnouk Aimee(アヌーク・エーメ)とJean-Louis Trintignant(ジャン・ルイ・トランティニャン)の二人だけです。
哀しくも最愛の人を失い、その過去を捨てきれぬ「男と女」が出逢いそして愛するアヴァンチュール、だけどなぜか爽やか。 クール。

Un homme et une femme憧れのかっこいい職業の美男美女、スピード感溢れるル・マンとモンテカルロ・ラリー、そしてボサノバのテーマ曲「男と女のテーマ」などロマンチックな要素に溢れ、モノクロームとセピアトーンの美しい映像が現在でも色あせない名作です。

「男と女」が1966年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞してクロード・ルルーシュ監督は世界的に有名になり、アヌーク・エーメは1967年のゴールデン・グローブの主演女優賞を受賞しました。
まず、フランシス・レイの音楽が有り、そこにクロード・ルルーシュ監督の映像が展開されるという製作方法です。
男と女、それぞれの過去と現在を表すカラーが逆だったりします。 女の現在はモノクロの過去がカラーで、男は逆。 それぞれの過去への思い入れ状態を表しているようです。

Un homme et une femme Trailer - YouTube

☆私が初めてジャン・ルイ・トランティニャンを観たのは1959年のValerio Zurlini(ヴァレリオ・ズルリーニ)監督の「激しい季節」で激しい情を秘めたおとなしい若者を演じていました。(最高!)
ところで、モテモテ男トランティニャンは1956年の「Et diew...crea la femme(素直な悪女)」で共演したB.B.(ベベことブリジット・バルドー)と恋仲になり、二人とも離婚までして付き合いましたが、例にもれず気紛れベベにあっさりとふられたとか。(ちまたのうわさ)
1961年のカンヌ映画祭ではアヌーク・エーメとトランティニャン、Pierre Barouh(ピエール・バルー)、クロード・ルルーシュなどが出席しました。

私が初めてアヌーク・エーメを観たのは1959年にFederico Felini(フェデリコ・フェリーニ)が監督した「La Dolce vita(甘い生活)」で、Marcello Mastroianni(マルチェロ・マストロヤンニ)が演じる新聞記者のお相手となる上流階級のプレイガール役でしたが、おかしなアクセントのアメリカ女優を演じたスウェーデン女優のAnita Ekberg(アニタ・エクバーグ)の巨大おっぱいの影に隠れていました。 下記のリンクではアヌーク・エーメやアニタ・エクバーグの他、古城のパーティでミンクの毛皮ストリップを演じたNadja Tiller(ナジャー・テイラー又はナージャ・ティラー)もチラリ。(ビデオのなかほど)
Anouk Aimee in La Dolce vita - YouTube
Anita Ekberg in La Dolce vita - YouTube

大人の恋愛映画「男と女」DVD
Un homme et une femme DVD男と女 特別版
現在どのDVDも在庫切れ状態で入手困難となりましたが、過去に発売になったDVDでも入手可能な商品あり。

1977年にクロード・ルルーシュ監督はフランシス・レイと組んで「Un autre homme, une autre chance aka Another Man, Another Chance(続・男と女)」、1986年に「A Man and Woman 20 Years Later(男と女Ⅱ)」を撮っていますが、多分オリジナルの「男と女」に魅せられた人々は或る種の恐れのために観ていません。
商業主義クロード・ルルーシュ監督とそれを嫌うピエール・バルーはそりが合わず、ルルーシュ監督が20年後の1986年に「あの人は今どこで何を?的」続編「Un Homme Et Une Femme 20 Ans Deja(男と女 II )」を制作した時はピエール・バルーは出演していません。 前作と同じスタッフ・キャストでフランシス・レイのテーマ曲も使用されました。 アヌーク・エーメとジャン・ルイ・トランティニャンは20年経っても色褪せることなく光り輝いています。
☆「男と女」の映画ポスターや写真が見られるイタリアのUn uomo, una donna Photos and Posters - FILM.TV.IT
1986年の続編「男と女 II 」の写真もUn uomo, una donna oggi Photos - FILM.TV.IT


2009年発売の続編「男と女 II 」DVDは現在 なのでリンクは2005年版になっています。
A MAN AND A WOMAN: TWENTY YEARS LATER男と女 II


Pierre Barouh
映画「男と女」の挿入歌"Samba Saravah"(ボサ・ノヴァ万歳!)を映画の中で歌い、亡き夫役を演じた歌手のPierre Barouh(ピエール・バルー)はボサ・ノヴァをフランスに紹介したフランスのシンガー・ソングライターです。 商業主義を嫌う放浪詩人のピエール・バルーは「男と女」の後、「Saravah(サラヴァー)」という世界初のインディー・レーベルを設立しました。
映画の中で夫婦だったピエール・バルーとアヌーク・エーメは撮影後にホントに結婚しちゃいました。 ただし3年間で離婚、その後ピエール・バルーは80年代に日本でも音楽活動をしたそうですが、日本人女性と再婚したと聞きました。(情報はありませんが、アヌーク・エーメに勝る日本女性がいらしたってことですね)
♪ Pierre Barouh - Ce n'est que de l'eau

Un homme et une femme (1966) Soundtrack
不朽の名サウンドトラックはテーマはもとより、ピエール・バルーのSamba Saravah(男と女のサンバ、ボサ・ノヴァ万歳!)が収録されている国内盤です。
Sound Track CD男と女 オリジナル・サウンドトラック
現在試聴はドイツのUn Homme et une Femme - Amazon.de (Reinhörenをクリック)
曲目リストはUn Homme et une Femme、Samba Saravah、Aujourd'hui C'est Toi、Un Homme et une Femme、Plus Fort Que Nous、Aujourd'hui C'est Toi、A l'Ombre de Nous、Plus Fort Que Nous、A 200 a l'Heureの9曲です。

Saravah SH40022
Monique & Louis Aldebertによる"Un homme et une femme"とB面が"La 1ere Fois Qu'On Aime"を収録したフランスでリリースされたSaravahレーベルの45回転モノレコード盤は中古で見つかります。(レコードジャケット画像が見られるDiscogs.com

☆ニコール・クロアジールが歌った「男と女のテーマ」の歌詞はUn homme et une femme Lyrics - AllTheLyrics.com