ビッグ・ビル・ブルーンジー Big Bill Broonzy

投稿日:


On Tour in Britain 1952: Live England and Scotland
Big Bill Broonzy On Tour in Britain, 1952

Big Bill Broonzy (1893-1958)
ビッグ・ビル・ブルーンジーは1930年代~1940年代に活躍し、シカゴ・ブルースの礎を築いたシンガー&ギタリストです。 早くから電気ギターを取り入れたりして、ラグタイム・ブルースをカントリー・ブルースに、そしてシティ・ブルースにと進化させたブルースマンでシカゴ・ブルースの父として重要なアーティストであるといわれています。

ビッグ・ビル・ブルーンジーの初録音は1927年ですが、1950年代にはMuddy Waters(マディ・ウオーターズ)などと共にイギリスを始め、ヨーロッパ各地にブルース(ブルーズ)を広めました。 アレンジは"Hush A Bye"や"Petite Fleur"の名演奏でお馴染みのイギリスのデキシーランドジャズのトロンボーン奏者でバンドリーダーのChris Barber(クリス・バーバー)だったそうです。
1955年にはブルース・マンが書いた自伝としては初の「Big Bill's Blues」をロンドンで出版したそうです。(読み書きが出来なかったため作曲家のYannick Bruynogheが手助けしたとか。 ブルーンジーの歌そのものが自伝)
後の1960年にエレキ・ブルースの創始者とも言われるマディ・ウオーターズがビッグ・ビル・ブルーンジーのデルタブルースを演奏したLP盤の「Muddy Waters Sings Big Bill Broonzy」(2014年のLP盤はASIN: B00LUZ738G)をChessからリリースしていますが、2枚のチェス時代のLP盤をCD化したのが1986年の"Sings Big Bill Broonzy / Folk Singer"です。 ブルースハープはLittle Walter(リトル・ウォーター)でギターがBuddy Guy(バディ・ガイ)だったそうです。


Big Bill Broonzy sings Backwater Blues

ビッグ・ビル・ブルーンジーの代表曲の一つに「Back Water Blues(又はBackwater Blues)」がありますが、オリジナルはJames P. Johnson(ジェームス・ピー・ジョンソン)のピアノでBessie Smith(ベッシー・スミス)が歌ったそうです。
ベッシー・スミスの"Backwater Blues"が聴けるBessie Smith - The Red Hot Archive
James P. Johnson - The Red Hot Archive
上記のジェームス・ピー・ジョンソンのサイトでは何曲かの40年代録音のラグタイム・ピアノがリンク付き黄色文字をクリックすると聴けます。(Back Water Bluesは不可)
Martin Scorsese(マーティン・スコセッシ)がプロデュースして2003年にリリースされた5枚組アルバム「Martin Scorsese Presents the Blues: A Musical Journey」の"Bessie Smith"にベッシー・スミスが歌った"Backwater Blues"や"Muddy Water(A Mississippi Moan)"が収録されています。
1927年に多数の死者を出したミシシッピ大洪水を歌にするブルース・コンテストをレコード会社が催した際に優勝して懸賞金500ドルを得たのはベッシー・スミスでしたが、大勢のブルース・マン同様、ビッグ・ビル・ブルーンジーも1951年に独自のバージョンを演奏しました。 Backwater(バックウォーター)とは氾濫して澱んだ溜まり水のことを意味するそうです。
1927年のミシシッピ大洪水の歴史的なビデオが観られるMississippi River Flood of 1927 (1936) - Archive.org
☆ビッグ・ビル・ブルーンジーの"Backwater Blues"やその他の歌詞はBig Bill Broonzy Lyrics - BluesRock.webz.cz
Back Water Bluesのみの歌詞Version 1とVersion 2はBig Bill Broonzy Lyrics - Harry's BluesLyrics(音声クリップはリンク切れ)
同じくビッグ・ビル・ブルーンジーの曲の歌詞はBig Bill Broonzy Lyrics - HarpTab.com

Listen☆私が好きな"When Things Go Wrong"はありませんが、ビッグ・ビル・ブルーンジーの歌が聴けるBig Bill Broonzy - A Jazz Anthology(Worryin You Off My Mind #1、Bull Cow Blues、Long Tall Mamaなどの聞きたい曲名をクリック)
♪ オリジナルは1947年のアルバム「Blues In The Mississippi Night」からビッグ・ビル・ブルーンジーとMemphis Slim(メンフィス・スリム)やサニー・ボーイ・ウィリアムソンとの会話が聴けるWFMUラジオのBob Brainen's playlist(Listen to this show! (RealAudio) をクリック、クリップ・ポジション(再生バー)をPart4の1:14:38に移動、Part4とPart6あり)
アルバム「Big Bill's Blues」からJust A Dream(ジャスト・ア・ドリーム)が聴けるPlaylist for This Is the Modern World with Trouble - January 20, 2005(Listen to this show (RealAudio)をクリック、Dreamで検索、右端の時間1:13:25をクリックするとちょっと前曲とかぶりますがリロードして頭から出ます)
ちなみにビッグ・ビル・ブルーンジーの1936年から1941年の録音を集めた人気アルバム「Big Bill's Blues」ですが、国内盤の「ビッグ・ビルズ・ブルース」が1993年にリリースされています。

Big Bill Broonzy - I Can't Be Satisfied (1930) - YouTube
Big Bill Broonzy - Feel So Good (1941) - YouTube
Big Bill in Belgium - Low Light & Blue Smoke (1956) - YouTube
Big Bill Broonzy - Worried Man Blues (1957) - YouTube

On Tour In Britain, 1952 - Live In England & Scotland [Live]
ページトップの画像はビッグ・ビル・ブルーンジーが初めてイギリス公演をした時のライブアルバム「On Tour in Britain」です。 1952年当時のイギリス人から言えば初めて黒人のデルタ・ブルースを生で聴いたというわけです。 定番曲の"Key to the Highway"は収録されてないとはいえど、ビッグ・ビルお得意のトークを交えた2枚組のライブ・アルバムの収録曲目は"Back Water Blues"を含む下記の全26曲ですが、素晴らしい"Trouble in Mind"や"Midnight Special"の他、"John Henry"と"House Rent Stomp"はそれぞれ別の公演を録音した2バージョンが含まれています。(泥臭いデルタ好きな私にはより洗練されていると感じます)
1. Introduction
2. Nobody Knows The Trouble I've Seen
3. Back Water Blues
4. Trouble In Mind
5. Keep Your Hands Off Her
6. Louise Louise
7. House Rent Stomp
8. Plough Hand Blues
9. In The Evening When The Sun Goes Down
10. John Henry
11. Just A Dream
12. Blue Tail Fly
13. Black Brown & White
14. John Henry
15. Midnight Special
16. Back Water Blues
17. Going Down The Road Feeling Bad
18. Make My Getaway
19. Keep Your Hands Off Her
20. Careless Love
21. I'm Looking Over A Four Leaf Clover
22. Down By The Riverside
23. In The Evening When The Sun Goes Down
24. House Rent Stomp
25. Kansas City Blues
26. Willie Mae
アルバムの試聴はBig Bill Broonzy - On Tour in Britain, 1952: Live in England and Scotland - AllMusic.com
Big Bill Broonzy - Keep Your Hands Off Her - YouTube
Big Bill Broonzy - Willie Mae - YouTube

An Introduction to Big Bill Broonzy
An Introduction to Big Bill BroonzyAn Introduction to Big Bill Broonzy
Backwater Bluesをはじめ、Baby Please Don't Go、See See Rider、In The Evening、Black, Brown and Whiteなど16曲を集めたビッグ・ビル・ブルーンジーのベスト盤の1枚です。
全曲試聴はAn Introduction To Big Bill Broonzy - Amazon.com

Treat Me Right
ビッグ・ビル・ブルーンジーはトークもお上手!
St. Louis Blues、See See Rider(C C Rider)、Sixteen Tonsなどが収録されているビッグ・ビル・ブルーンジーの人気アルバムです。
Big Bill Broonzy Treat Me RightTreat Me Right
試聴はTreat Me Right - CD Universe
ビッグ・ビル・ブルーンジーの一番人気の曲"Key To The Highway"を収録したアルバムの「Trouble in Mind」の"This Train"などもトーク入りです。

ビッグ・ビル・ブルーンジーが歌う"Black, Brown and White"は「An Introduction To Big Bill Broonzy」や「Martin Scorsese Presents The Blues: Red, White ビッグ・ビル・ブルーンジーが歌う Blues」や「Trouble in Mind」などにも収録されていますが、"Who's Sorry Now"のカバーや"Alberta"が収録されている1952年のベルギー・ライブと1955年のスタジオ録音の1995年盤 の「Black, Brown and White」(ASIN: B000026FO6)というアルバムもあります。
Big Bill Broonzy - Alberta - Amazon.com (MP3 Download)


The Young Big Bill Broonzy (1928-1935)
Young Big Bill Broonzy
Mississippi River Blues in Young Big Bill Broonzy 1928-1935
Big Bill Broonzy - Mississippi River Blues (Young Big Bill Broonzy) - Amazon.com (MP3 Download)

☆アルバム「The Young Big Bill Broonzy 1928-1935」の"Missippi River Blues"は国内では入手困難ですが、"Mississippi River Blues"を収録した「Missippi River Blue」と「See See Rider(C. C. Rider)」の2枚のCDを集めた「Big Bill Broonzy - Blues Chapter 4 - 2 CD's - Nieuw in cellofaan」(Big Bill Broonzy Blues Archive 4)があります 。
ちなみにChuck Willis(チャック・ウィリス)が1957年に書いたCee Cee Rider又はSee See RiderとはオートバイのTandemu Rider(タンデムライダー/二人乗り)のことだそうで通俗的には"おホモだち"の意味があるとか。
☆1935年のBig Joe Williamsビッグ・ジョー・ウィリアムズのオリジナルでLightnin' HopkinsやJohn Lee HookerそしてMuddy Watersも歌ったBaby, Please Don't Goはアルバムの「Baby Please Don't Go」ではなくて「An Introduction to Big Bill Broonzy」に収録されています。 ☆In the Evening (When the Sun Goes Down) は「Legendary Blues Recordings: Big Bill Broonzy」や「Best of Big Bill Broonzy」に収録されていまます。

2003年にMartin Scorsese(マーティン・スコセッシ)が監督した映画「Red, White & Blues(レッド、ホワイト&ブルース)」のサントラにはVan Morrison、Eric Clapton、Jeff BeckやTom Jonesなどと共にビッグ・ビル・ブルーンジーの"Black, Brown And White Blues"が収録されています。
Martin Scorsese Presents the Blues: Red, White & Blues

ビッグ・ビル・ブルーンジーが既にブルースを歌っていた頃の1911年に生まれたRobert Johnson(ロバートジョンソン)というブルース歌手がいます。 音楽家のJohn H. Hammond(ジョン・ハモンド)が1938年にプロデュースした黒人アーティストを出演させるカーネギーホール初のコンサートにロバートジョンソンも出演を予定されていたのでしたが痴情のもつれから毒殺されてしまったので急遽、ビッグ・ビル・ブルーンジーが代役したという逸話があるそうです。


Bessie Smith sings Backwater Blues
バックウォーター・ブルースならベッシー・スミスを忘れるわけにはいきません!
「Bessie Smith: The Complete Recordings, Vol. 3」(ASIN: B0000027LB)に収録されています。