ソードフィッシュ Swordfish (2001)

投稿日:


☆夢を現実にしてしまう男☆冷酷無比の犯罪者☆
John Travolta as Gabriel Shear

John Travolta as Gabriel Shear

ソードフィッシュ(2001年)
「ソードフィッシュ」はJohn Travolta(ジョン・トラボルタ又はトラヴォルタ)が出演するのならと監督を引き受けたDominic Sena(ドミニク・セナ)の新しいタイプ(ハイ・スピード)のクライム・サスペンスで、なくても良いシーンも盛り沢山です。 このアクション全開映画はハッピーエンドじゃないし悪人が勝利を収めるのでリアリズムをとことん追求しているようです。(つまりクソじゃない)
トラボルタは2000年の前作「Battlefield Earth(バトルフィールド・アース)」でラジー賞を受賞してしまったジョン・トラボルタですが、同年にNora Ephron(ノーラ・エフロン)が監督してTim Roth(ティム・ロス)など豪華キャストなのに盛り上がらないコメディ「Lucky Numbers(ラッキー・ナンバー)」ではナンバーくじでサギを計画するお天気お兄さんですが、今作「ソードフィッシュ」では政府(DEA)の秘密作戦で残された巨額の資金を狙う首謀者演じています。 「ソードフィッシュ」は2001年1月のアメリカ公開当時には1位となりましたが運が悪いことに、ビル爆破シーンがあるため2001年9月の同時多発テロ発生直後にお蔵入りとなってしまった粉飾決算、ではなく粉飾映画です。 ちなみに2002年の「バイオハザード」はオリジナルタイトルが'「Resident Evil: Ground Zero」から「グラウンド・ゼロ」を外したそうです。

ちなみに「ソード・フィッシュ作戦」とは、80年代初めにDEA(米国麻薬取締局)が実行し、1986年に作戦終了した麻薬撲滅極秘囮作戦のことで、その際の利益がそれから15年後には利子が利子を生んで95億ドルにもなっているという設定です。 その政府の闇資金を狙い、ジョン・トラボルタが演じる元モサドのスパイで二億のアメリカ市民の自由を守る戦いに挑む犯罪者のガブリエル・シアーの一味がテロ撲滅のためのテロ、その闘争資金を得るために国防省のコンピュータへのハッキングを計画します。

ソードフィッシュのあらすじ
以下のあらすじにはストーリーが細かく書かれてほぼネタバレしているのでまだ観ていない方はご注意下さい。とは言えども謎解きが難解で完全には理解できません。
冒頭は大写しで元エリート・スパイ(トラヴォルタ)が要請したバスを待ちながらリアリズムが欠如したハリウッドのクソ映画について語ります。 葉巻に火をつけインターネットがなかった時代のパチーノの映画についてひとしきり喋る。「倫理の問題だから悪者は勝てない」と言ったスタンリー (ジャックマン)を伴ってガブリエルは「もう時間だから行く」と狙撃兵が狙う包囲陣の中カフェを出て行く。 装甲車で突撃した向かいの世界銀行には爆弾を巻かれて27人の人質、その中の一人で体に爆発物を巻かれた若い女が外に連れ出されるがガブリエルが爆破スィッチを握っているので警察も手が出せない。 歩く対人地雷! SATT隊員による救出成功かと思いきや首輪(首枷)により範囲を超えたことで女の人質は大爆発。 スローモーションの爆散VFX(Bullet-time)場面。 ガラスの破片の中に倒れたスタンリーの目の前に転がってくる球ひとつ。

場面が変わり四日前に戻ってロス空港の税関、怯えた風情のフィンランド人ハッカーのトーバルズが捕まるが弁護人を排除してボスは誰かを尋問するロバーツ捜査官の取り調べ中にトーバルズは何者かによって聴取室のブラックミラー越しに射殺される。(ロバーツの脅しなんてトーバルズにとってはボスの比ではない、犯罪対策委員会の上院議員とはどんな関係?黒幕?)

そして場面は変わりテキサス、ただのハッカーなんかじゃない、かっては国家安全保障局も恐れた男スタンリー。 FBIによるアメリカ市民のメール監視システムを破壊したとして逮捕され2年間刑務所暮らしをした後に仮釈放中のスタンリーの元にボスの使いでセクシー美女ジンジャー(ハル・ベリー)現る。(昨今では政府による監視といえばSNSも要注意) 現在は妻に離縁されて子供とは会えない元ハッカーの帝王は手付金の10万ドルを受け取ってジンジャーとボス(ガブリエル)のところに。(甘い餌は愛娘) トーバルズ同様にボスの命令、国防省のデータベースに60秒でアクセスしろと脅す。 ハッキング成功!これはテストでスタンは合格! トップレスのジンジャーから車を借り受け接近を禁じられている娘のホリーに会いに学校へ行ったスタンリーはお迎えにやって来ない妻の再婚相手の家まで送るとそこで元妻を張っていたロバーツたちに捕まるがスタンリーの勘違いでこれは逮捕ではなかった。
場面変わって、ボスの元に戻ったスタンは盗聴器を身に付けたジンジャーに秘密を打ち明けられた後、ガブリエルと今回の仕事の核、ネットワーク接続のクラスタを管理する世界銀行の前の喫茶店でトリプロのエスプレッソ・コーヒーを飲みながら麻薬捜査局のソードフィッシュ計画が生み出した金が15年間利息を生んで95億ドルになっているから頂戴する話を聞く。 これが映画の冒頭シーンにつながる。

一千万ドルの大仕事を引き受けたスタンがワイン片手にヒドラ破壊ワームを作成している時、空になったボトルを持ってワインセラーに行き同じボトルを探した。 そこでスタンが見たのはビックリ仰天の冷えたガブリエル。(後で使用) この訳を聞くスタンを車に乗せて生のガブリエルは魔術師を引き合いに出しミスディレクションを説く。 ドライブと称しスポーツカー(TVR Tuscan)に乗ると何者かに後をつけられているとスタンにハンドルを握らせてガブリエルは二丁拳銃で追っ手を撃ちまくり、さらに車を止めてトランクから機関銃を取り出すとぶっ放して8人を殺傷。 このシーンがこのページトップの画像。
危うく殺されるところだったガブリエルは落とし前をつけにレイズマン上院議員が渓谷で一人フライフィッシング(釣り)をしている川にヘリでひとっ飛び。 ガブリエルはFBIに嗅ぎつけられたから抹殺しようとしたと宣うレイズマンを撃ち殺す。

仕事が完成したスタンはガブリエルにディスクを渡すが銀行から大金を奪うまではまだ解放されない。 アメリカを守るためテロリストと戦うというガブリエル。 知ったことかと逃走したスタンは娘のいる元妻の家にタクシーで急行するが夫婦は殺され娘はいない。

そして装甲車共々車諸共突っ込んだ冒頭の銀行のシーン、戻ったスタンリーが離せ!と叫んでいた人質が爆破されてしまいあのシーン、伏せたスタンの目の前に玉が転がってくる。 そのまえをガブリエルが出て来てロバーツとやりあう。 ガブリエルは25分後に飛行機を用意しろと捜査陣に要請。 スタンがディスクを使ってコンピューターにアクセスし銀行の金を取る作業。(各講座に同額) 娘は取り戻したがプログラムはガブリエルの望みとは逆に設定したので金が消えてしまう。 人質を解放すれば金の抽出方法を教えると言うスタンに対しジンジャーをウィンチで首吊りにして1分でプログラムを直せと強要するガブリエル。 ジンジャーが死んでは大変と頑張って金(95億)を戻すスタンだったが仕事が終わったらガブリエルはジンジャーに1発ぶち込む。(そいつはDEAだと捨て台詞で立ち去るがジンジャーの体から血は流れていない)

愛娘は逃したが未だ解放されないスタンと人質共々ガブリエル一味は装甲バスに乗り込んで先導でも護衛でもない何台ものパトカーに包囲されながら空港に向かう。 はずだったが「ミスディレクション(思い込み)」だったようでバスの天井窓が開き上空に待機していた大型輸送ヘリコプターがバスをスリングで釣り上げてダウンタウン方向へ飛び去る。 が、風が強くて予定通りにはいかず後方の釣具が外れて垂直になったバスはビルを破壊していくが体に爆弾を巻かれた人質は落ちながら爆発。 ようやくビルの屋上に下ろされたバス、輸送へりは飛び去り、ガブリエルは待機していた別のへりに乗り込む。 これじゃ終わらないゾとスタンはバスに置き去りにされたロケットランチャーでガブリエルのヘリを撃ち落とす。(がビルの屋上から下に降りる階段に人影が) 後日、スタンはロバーツと共にガブリエルの死体を確認すると歯型もモサドのガブリエりと一致していると検死官から聞かされる。 ただし、DEAにはジンジャーなる人物は存在しないとも。 ここでスタンはワインセラーの冷えたガブリエルとガブリエルが言った「思い込み」を思い出す。 ラストは娘とトレーラーで旅するスタン、娘曰く「大丈夫、うまくやっていけるよ。」
普通はこれでめでたしめでたしだけど、そうではなかった。

パスワードはソードフィッシュ
次のシーンではジンジャーそっくりの金髪女がモンテカルロの銀行の窓口で「雇用主の口座からお金を振り替えたい」と分散させてある金を全額一口座に集める要請をし、銀行の外に出るとガブリエルそっくりの白髪男とヨットで合流。 テロリストがまたもや3人殺害されたと国際ニュースが流れ沖合の豪華客船が爆発! で、で?果たしてガブリエルとジンジャーはどうなった?と疑問が残る中「終わり」。 Final Password: Vernamヴァーナム氏が特許出願した暗号方式に由来する。(鑽孔紙テープを見たことある?)

Password Accepted!
背後に政府の大物が絡む元モサド(Mossad)の諜報員とやらのエリート・スパイ!だという謎の男のGabriel Shear(ガブリエル)をジョン・トラボルタが演じます。 イスラエル諜報特務庁のモサドといえば、アメリカの9.11同時多発テロでの関与を噂され、Frederick Forsyth(フレデリック・ フォーサイス)の小説を基にした1973年の映画「The Day of the Jackal(ジャッカルの日)」が有名。
さて、ガブリエル軍団にコンピュータ・ハッキングを強要される腕利きのハッカーのスタンリー・ジョブソンをHugh Jackman(ヒュー・ジャックマン)、そして敵か味方か? スタンリーには麻薬取締局(DEA)の潜入捜査官であると打ち明けた謎の美女ジンジャーにはHalle Berry(ハル・ベリー又はハリー・ベリー)、サイバー犯罪を取り締まるFBI捜査官ロバーツとしては2004年に「Hotel Rwanda(ホテル・ルワンダ)」で主演するDon Cheadle(ドン・チードル)が出演しますが御大トラボルタと魅惑の左耳ピアスのヒューがメインなのであまり活躍していませんが、セナ監督はロバーツ役は絶対チードルと決めていたそうです。

モサドとはアメリカが支援してきたユダヤ国家イスラエルの秘密諜報機関のことだそうで、 Jean-Claude Van Damme(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)とMickey Rourke(ミッキー・ローク)が出演した1997年の「Double Team(ダブルチーム)」というアクション映画にも登場します。
コンピュータを使って犯罪を行ったりする人間はクラッカーでハッカーはコンピュータシステムに精通している人のことだそうです。

Halle Berry and John Travoltaオープニング・シーンではトラボルタが演じる「ガブリエル」が葉巻に火をつけて『今のハリウッド映画に足りないのはリアリズムだ、ハリウッドはクソみたいな映画を作ってる、云々』とハリウッド映画制作の傾向に対する批判とウンチクをひとしきり、それが終わり席を立つと!なんたるシチュエーションでしょう! グルっと警察に囲まれていたのです。 そしてその直後に始まるCGと実写の入り混じったタイムスライス、度肝を抜く360度のスローモーションの爆破シーン(人質が装着させられた爆弾が警官のミスで)から、めくるめくアクション・クライムの世界にに引き込まれラストのバス吊り上げシーンまでま、意味ありげな伏線が多く目を離せません。 ですが観終わっても不可解な点が残り考え込んでしまいます。 正義に名を借りた犯罪、どっちサイドが良いんだか、悪いんだかは観る人次第。 おまけに、三人(死体と偽物の二人?)の「ガブリエル」が観客を混乱させます。(勝手に思い込むようにミスディレクション?) この映画でテロ撲滅のための資金をゲットするガブリエルは善玉か? 悪玉か? 映画「ソードフィッシュ」で動いているのは本物のガブリエルか? FBIに対抗してにっちもさっちもいかない身の上ゆえにハッカーとしてガブリエルのアジトに連れて来られたスタンリー(ヒュー・ジャックマン)が見てギョッとした死体(トラボルタ)は終盤に遺体収容所で使われたヤツ? この映画はハッピーエンドなの? 違うの?って。(誰にとって?) 本当のテロリストって??? 何度観ても私はスッキリしませんゼ。 なんたってDVDの特典には、劇場版でガブリエルとジンジャーが大金を手に逃げおうせるのですが、「ガブリエルが手に入れた現金をスタンリーがハッキングで引き落す」など3種類ほどの異なるラストシーンが収録されているそうです。(私は最後の最後までは観ていませんがVHSビデオだったので無いみたい) 最もこういったシーンの別テイクは国別に違うマクドナルドやセヴンイレブンのメニューのようによくあるのだそうですが。 マジックショーの観客は種や仕掛けを知りたいわけじゃない。ただ騙されていたいんだとかでショーの事故を期待してるのかも。 そういえばヒュー・ジャックマンが出演した2006年の映画に、百回のマジック公演でコピーされた百人の溺死体が衝撃だった「The Prestige(プレステージ)」で"観客は何も観ていない、騙されていたいのだ"とか"だまされている方がいいのだ、タネは知らないほうがいい"なんてセリフもありました。

Password: Swordfish
映画のタイトル「ソードフィッシュ」はその言葉自体の意味としてメカジキ(太刀魚はSaberfish、Hairtail 又はScabbard fish)のことですが米国海軍の潜水艦にもその名が付けられています。 映画においては、1932年のマルクス兄弟の映画「Horse Feathers(御冗談でしョ )」で禁酒法時代の闇酒場へ入るPassword(合言葉)として「ソードフィッシュ」が使われて以来、映画でも御馴染みとなっているそうです。
トラヴォルタの映画「ソードフィッシュ」でもクラブに入る合言葉と、最後のシーンでの銀行のパスワードが「ソードフィッシュ」でした。 ですが一方、「ソードフィッシュ」は間違った方向に誘導するという意味をも持っているそうです。
Was Harry Houdini murdered?
1918年ごろ、観衆の面前で巨象を消して見せたハンガリー出身のカリスマ魔術師で脱出王と呼ばれた"The Illusionist: Harry Houdini(ハリー・フーディーニ)"は脱出マジックも数多く手掛けたそうです。 1926年に謎の死を遂げたハリー・フーディーニと像の写真はHarry Houdini Photos - loc.gov
マジシャンの使う「ソードフィッシュ」、つまりMisdirection(目と耳からの「誤誘導」、又は「錯覚」)に惑わされないで下さい。 巨象は本当に消えたのではありませんゾー!
HOUDINI LIVES! Is it TRUE? Alive 40 years past his burial ! - YouTube

video「ソードフィッシュ」のトレーラ
Swordfish Trailer - VideoDetective
Trailer - Swordfish - YouTube

Good job! Halle Berry
この映画で客寄せのためか、ハル・ベリーは黒レースの下着姿や意味の無いトップレスになりました。(ジンジャーが日光浴で読書のシーン、リンク先は自動で画像が変わります。 ハル・ベリーは出血大サービス! ですが気の毒にラジー賞 ちなみにテレビのダイジェスト版では下半身とトップのアップは見えません)
Halle Berry in SwordFish - YouTube
ハル・ベリーはテレビ出演も多く1999年にTV映画の「Introducing Dorothy Dandridge(アカデミー 栄光と悲劇)」を製作総指揮して黒人シンガーで女優のDorothy Dandridge(ドロシー・ダンドリッジ)役を演じています。 1959年のミュージカル映画「Porgy And Bess(ポギーとベス)」で有名な ドロシー・ダンドリッジは黒人としては初めてアカデミー賞にノミネートされた女優です。 そしてその映画製作の2年後にハル・ベリーは2001年の人種差別がテーマの「Monster's Ball(チョコレート)」で第74回アカデミー賞で主演女優賞と2002年の銀熊賞(女優賞)に輝いたのです。(ちなみにアカデミーを受賞したのは1963年のLilies of the Field(野のユリ)ではSidney Poitier(シドニー・ポワチエ)が黒人初のアカデミー最優秀主演賞を受賞しています) 2004年にはセクシーな「Catwoman(キャットウーマン)」に出演、他には2005年のアニメ「Robots(ロボッツ)」ではキャピーの声も担当しています。


ビデオを何度見直しても分からないかも知れない「ソードフィッシュ」をテレビ名画座でサンザンちょちょ切ったのを観てもチンプンカンプンでしょう。
Swordfish DVDソードフィッシュ 特別版
Blu-ray(ASIN: B003GQSY3A)もあり。


Swordfish Soundtrack
サウンドトラックはChristopher Young(Chris Young/クリストファー・ヤング)と、英国ダンスニュージック・シーンのトップアーティストでプログレッシブ・ハウスDJのPaul Oakenfold(ポール・オーケンフォールド又はポール・オクンフォールド)のリミックス音楽です。 サウンドトラックの最後に収録されているポール・オーケンフォールドとPlanet Perfection(プラネット・パーフェクション)による"Get Out of My Life Now"は映画のラストシーンで使用された曲です。 "Swordfish Mix"としてヒップホップDJのAfrika Bambaataa(アフリカ・バンバータ)による"Planet Rock"が使用されています。
ポール・オーケンフォールドについて書かれたクラブミュージックのDJ/Producers - Paul Oakenfold - higher-frequency.com
Swordfish - SoundtrackSwordfish: The Album
Paul Oakenfold - Get Out of My Life Now - YouTube
1番の"イントロ"ではジョン・トラボルタの冒頭のシーンでハリウッド映画のAl Pacino(アル・パチーノ)についてのセリフが聞けます。
The introduction of Swordfish; Travolta talks about Hollywood and Al Pacino - YouTube
"Take Dog Day Afternoon, for example. Arguably Pacino's best work, short of Scarface and Godfather Part 1, of course. Masterpiece of directing, easily Lumet's best. The cinematography, the acting, the screenplay, all top-notch. But... they didn't push the envelope. Now what if in Dog Day, Sonny REALLY wanted to get away with it? "
「ハリウッドはクソみたいな映画を作ってる・・・たとえば、「Dog Day Afternoon(狼たちの午後)」は「Scarface(スカーフェイス)」と1972年の「The Godfather(ゴッド・ファーザー)」を除けばアル・パチーノの傑作だが...er... ルメット監督の傑作だ。 技術は一流だが限界に挑んじゃいない・・・熱い午後に主人公のソニーは本当に強盗したかったなら...ahem... 云々ムニャムニャと言っているそうです。
Listenトラボルタのセリフが聴けるSwordfish Sound Clips - Wavsource.com

Christopher Young
(Chris Young)クリストファー・ヤングが手掛けたサウンドトラックには1995年にKevin Bacon(ケヴィン・ベーコン)の「Murder In The First(告発)」、1996年の「Head Above Water(真夏の出来事)、2001年のBandits(バンディッツ)」の他に児童虐待を扱った1987年の「Flowers In The Attic(屋根裏部屋の花たち)」などミステリーやサスペンス映画の音楽をたくさん手掛けています。

Hugh Jackman
2006年には「The Prestige(プレステージ)」で手品師を演じたシドニーの芸大出身のヒュー・ジャックマンは舞台から映画に進出し、2000年にハル・ベリーも出演したブライアン・シンガー監督の「X-MEN(X-メン)」で主役デビューしました。 翌年の2001年には「ソードフィッシュ」でコンピューターのハッキングした後、ロマンス・コメディの「Someone Like You...(恋する遺伝子)」の他、ジェームズ・マンゴールド監督のロマコメ・ファンタジー「Kate & Leopold(ニューヨークの恋人)」でMeg Ryan(メグ・ライアン)のお相手の白馬に乗ったロマンチックな王子さま、英国貴族の"レオポルド"役を演じて女性の人気を集めました。 2004年には「Van Helsing(ヴァン・ヘルシング)」でモンスター・ハンター役で主演、2006年のアニメ「Happy Feet(ハッピー フィート)」では主人公のペンギンの父親の声も担当していますが、2000年に「ヴァージンハンド」に出演したWoody Allen(ウディ・アレン)が監督する「Scoop(タロットカード殺人事件)」に出演します。  本来なら英国俳優限定の007のジェームスボンド役にオファーがあったほどハンサムでジェントルマンなヒュー・ジャックマンは映画俳優というだけではありません。 2004年にはゲイだったPeter Allen(ピーター・アレン)の伝記的ミュージカル「The Boy from Oz(ザ・ボーイ・フロム・オズ)」でピーターを演じた時は"火の玉ロック"風にピアノを弾き歌い踊ってトニー賞のミュージカル部門で主演男優賞を受賞しています。 ちなみにピーター・アレンとは「The Wonderful Wizard of Oz(オズの魔法使い)」で知られたJudy Garland(ジュディ・ガーランド)と映画監督のVincente Minnelli(ヴィンセント・ミネリ)の娘であるLiza Minnelliライザ・ミネリと1967年に結婚したが5年後に離婚し、1992年にエイズによる合併症で死去したオーストラリア出身のシンガー・ソングライターです。 ピーター・アレンの役を演じたおかげでゲイの噂も出たヒュー・ジャックマンでしたが、2008年にはコケたともいわれる「Deception(彼が二度愛したS)」を初プロデュースして、"S"に殺したいほどトロけそうな陶酔を味あわせてくれると言わせたセレブなワルを演じたその年に「PeopleMagazine」でHugh Jackman: The Sexiest Man Alive(2008年の最もセクシーな男性)に選ばれたそうです。 2009年の第81回アカデミー賞授賞式の司会をつとめたヒュー・ジャックマンですが、オープニングでのアン・ハサウエイとダンスは見ものでした。 そのアン・ハサウエイとヒュー・ジャックマンは名作を映画化した2012年のミュージカル「Les Misérables(レ・ミゼラブル)」で共演します。 ヒュー・ジャックマンはジャン・バルジャン、アン・ハサウエイはコゼットの母親のフォンティーヌ、ジャベール刑事はRussell Crowe(ラッセル・クロウ)、少女コゼットはAmanda Seyfried(アマンダ・セイフライド)です。
Jackman forced to hack into government computer while getting a blow job (2001) - YouTube
Hugh Jackman - Oklahoma! (1998) - YouTube
Hugh Jackman and Sarah Jessica Parker - The Boy from Oz (2004) - YouTube
Hugh Jackman's opening number at the Oscars (2009) - YouTube


Audio-Visual Trivia内のジョン・トラボルタの記事
サタデー・ナイト・フィーバー(1977年)
ゲット・ショーティ(1995年)
炎のメモリアル(2004年)
ママの遺したラヴソング(2004年)
ビー・クール(2005年)