ケヴィン・スペイシー 交渉人 The Negotiator (1998)

投稿日:



Kevin Spacey as Lt. Chris Sabian in "The Negotiator"
The Negotiator
交渉人 (1998年)

F. Gary Gray(F・ゲイリー・グレイ)が監督した緊張感だけで展開するハイテク・アクション&サスペンス映画で、色気もユーモアも無し!
出演は映画「A Time to Kill(評決のとき)」のコンビで、有能な交渉人(警察官)でありながら障害基金横領の犯人とされるSamuel L. Jackson(サミュエル・L・ジャクソン)と交渉を担当する任務を引き受けた警察官にはKevin Spacey(ケヴィン・スペイシー)です。 人質となるタレ込み屋を「Sideways(サイドウェイ)」や「Fred Claus(ブラザーサンタ)」のPaul Giamatti(ポール・ジアマッティ)が演じています。
このストーリーでイリノイ州のシカゴになっている「年金汚職」というのは実際には1980年代にセントルイスで起こった事件がヒントになっているそうです。

Samuel Jackson as Lt. Danny Romanシカゴ警察東分署で人質交渉人として実績のあるサミュエル・L・ジャクソン演じるDanny Roman(ダニー・ロマン)が汚職にからむ殺人の濡れ衣をはらすために交渉の英知をもって連邦警察本部の高層ビルに立てこもり、ケヴィン・スペイシー演じるChris Sabian(クリス・セイビアン)なる西分署の腕利きの交渉人(ネゴシエイター)を自ら指名する。 篭城犯人は自分の所属する警察内部に犯人がいるとふんだので、部外者のほうが信用できると思ってのことです。 どこまで交渉人同士が信頼しあえるか、この二人の対決が緊張感を高めます。 加えて署内の人物達の犯罪に関わる不明度が観ている者をを探偵に仕立て上げます。 この人物はシロ? クロ? そして驚くラスト・シーンが「女心と秋の空」みたいながっくり来る展開のおかげでさらに手に汗を握るエンディングが待ち受けています。 色気がない白黒画面で観るのに乗り気がしないかと思いきや、ラストまでぐんぐんひっぱられて緊張の連続でした。

1953年にAlan Ladd(アラン・ラッド)が主演した名作映画の「Shane(シェーン)」で死を覚悟で戦った主人公について語っています。 交渉人で西部劇好きのセイビアンが言うには「"シェーン、カムバック!"と言った時にシェーンは振り向かなかった。 シェーンは死んでいたのだ。」 一方コメディ映画好きのダニー・ロマンは「死んでいない!」 果たしてシェーンは死んだのか?生きていたのか? ガンマンの時代は終わったことは確か。
Shane Come Back! - YouTube

交渉人「クリス・セイビアン」の家庭での駄目パパぶりで始まるこの映画ですが、これが現場での切れ者ぶりを引き立たせます。 ビル爆破を説得させるほどの凄腕交渉人も家庭では妻や子供との交渉には手を焼いています。

video「交渉人」のトレーラーはThe Negotiator Trailer - VideoDetective (広告画面は右上の x で削除)


Kevin Spacey
当初ケヴィン・スペイシーが人質を取って篭城するダニー・ロマンの役でしたが、交渉人「クリス・セイビアン」役をSylvester Stallone(シルベスター・スタローン)が蹴ったために配役を代えてビン・スペイシーが演じることになったのだそうです。
ケヴィン・スペイシーはこの後1999年に「アメリカン・ビューティー」でアカデミー主演男優賞を受賞、 2001年には「アイアンマン」でアイアンマンガーを演じたJeff Bridges(ジェフ・ブリッジス)も出演したファンタジック・ミステリーの「K-Pax(光の旅人)」でK-PAX星からやって来た異星人を演じ、2004年の「Beyond the sea(ビヨンド the シー 夢見るように歌えば)」ではゴールデン・グローブ賞を獲得しています。 私が観たケヴィン・スペイシーの映画で印象深いのは1995年の「Se7en(セブン)」、1997年の「Midnight in the Garden of Good and Evil (真夜中のサバナ)」と「L.A. Confidential (L.A.コンフィデンシャル)」、1999年の「American Beauty(アメリカン・ビューティー)」です。 特筆すべきは「The Game(ゲーム)」のDavid Fincher(デヴィッド・フィンチャー)が監督した「セブン」で、ケヴィン・スペイシーが演じた連続猟奇殺人事件の犯人ジョン・ドゥ(名無しの権兵衛)は自分が誰かは問題じゃないとリンチのように罪人に罪を贖わせる異常に不気味な必殺仕置き人でした。(脚本は本作で名が知れ「ゲーム」もリライトしたAndrew Kevin Walkerですが、刃付きDildoが凄過ぎで犯人が羨む若い刑事の最愛の妻の頭を頂いたことに憤った刑事が「神」を口にしてジョン・ドゥの一連の犯罪が完結) 不気味といえばケヴィン・スペイシーは1995年の「The Usual Suspects(ユージュアル・サスペクツ)」で意表をつく半身不随でケチな詐欺師(正体はまさか!の実在しないと云われてたギャング"カイザー・ソゼ")ヴァーバル・キントを演じてアカデミーの助演男優賞を獲得しています。

Samuel L. Jackson
サミュエル・L・ジャクソンはEddie Murphy(エディ・マーフィ)シリーズから毎年数本の映画出演を経て、40歳代から油が乗って来たという俳優です。 Quentin Tarantino(クエンティン・タランティーノ)作品の1994年の「Pulp Fiction(パルプ・フィクション)」でのサミュエル・L・ジャクソンが演じるアフロの殺し屋と1997年の「Jackie Brown(ジャッキー・ブラウン)」でのポニーテイルの麻薬の運び屋(イカサマ武器密売人)と変わるファッションが面白いですが、1996年の「A Time to Kill(評決のとき)」と今作の「交渉人」では緊迫感溢れるストーリーでシリアスな人物を演じて注目されました。 「交渉人」では名交渉人を演じたサミュエル・L・ジャクソンがサンフランシスコ市警の殺人課本部長(実は...)を演じた「Twistedd(ツイステッド)」がありますが、その後も数多くの映画で活躍しており、FBIのフリン捜査官を演じた2006年の「Snakes on a Plane(スネーク・フライト)」は大量の毒蛇が主役のお気楽映画でしたが、死んだパイロットに代わって飛行機を操縦することになった乗客のラッパー君、飛行歴2000時間っていってもプレステのことだったから着陸経験なしなんて! たしかデニス・クエイドが主演した2004年の「フライト・オブ・フェニックス」のオリジナルでRobert Aldrich(ロバート・アルドリッチ)が監督した1965年の「Flight of the Phoenix(飛べ!フェニックス)」では不時着した飛行機を作り替えて飛ばしたのは乗客の飛行機設計士(ただし模型)だった。 ちなみに映画ではサミュエル・L・ジャクソンが蛇に対抗するために手にしたのはスタンガンなのにポスターではライトセーバーだよ。 ライトセーバーといえば、「Star Wars(スター・ウォーズ)」3部作では坊主頭のMace Windu(メイス・ウィドゥ)を演じています。 何でも引き受けるサミュエル・L・ジャクソンが裁かれる立場の海兵隊大尉役で出演し戦争犯罪を扱ったた2000年の法廷劇「Rules of Engagement(英雄の条件)」では検察側のGuy Pearce(ガイ・ピアース)と弁護側のTommy Lee Jones(トミー・リー・ジョーンズ)の激しい攻防戦が交わされて肩が凝った映画でした。(一見に値する) イギリス俳優のガイ・ピアースが2000年のMemento(メメント)に続いて「英雄の条件」に出演していますが、ケヴィン・スペイシーが主演した1997年の「L.A.コンフィデンシャル」での新米刑事にも似たキャラクターを演じています。 シカゴ警察SWAT隊を率いる重要人物のCmdr. Grant Frost(グラント・フロスト本部長補佐)を演じるのが1997年に「L.A.コンフィデンシャル」でユダヤ人のエリス・ロウ地方検事や2001年の「The Majestic(マジェスティック)」では顧問弁護士のケビン・バナマン役とたくさんの映画に出演したRon Rifkin(ロン・リフキン)ですが「交渉人」が最も印象的です。
ところで、2003年に「S.W.A.T.」に出演したサミュエル・L・ジャクソンが2004年にはアニメの「Mr.インクレディブル」でLucius Best/Frozone(ルシアス・ベスト/フロゾン)の声を担当しますが「キル・ビル2」ではオルガン奏者役でカメオ出演してたってご存知? 2006年には「アフロサムライ」、2008年には「Iron Man(アイアンマン)」にも出演します。

「交渉人」を監督したF・ゲイリー・グレイは2005年にJohn Travolta(ジョン・トラヴォルタ)主演の「Be Cool(ビー・クール)」を総指揮及び監督します。


The Negotiator DVD
2010年に発売された「交渉人」の日本語字幕版DVD
The Negotiator DVD交渉人 特別版
2010年発売のブルーレイ「交渉人」Blu-rayは現在入手困難となりましたが2009年発売なら第三者から入手可能。(ASIN: B002PHBICU)


The Negotiator Soundtrack
シン・シティ」の音楽を手がけるインダストリアル・ミュージックのパイオニアといわれるGraeme Revell(グレアム・レヴェル)が手掛けた「交渉人」のサウンドトラックは1998年に発売されましたが現在入手困難になっています。 "人質の危機"から"警官隊の到着"とストーリーを追って"最後の決裂"や"エンドタイトル"までの全15曲を収録しています。
The Negotiator交渉人 オリジナル・モーション・ピクチャー・スコア
輸入盤「The Negotiator」(ASIN: B000009HRA)もあります。
ユニークな厳粛な交響曲風と宗教的合唱風のシンセの融合で映画のストーリーを追った全15曲を収録しているサントラの試聴はNegotiator [Soundtrack] - Amazon.co.jp (MP3 Download)