ジョニー・ホッジス  Johnny Hodges

投稿日:

Play the Blues Back to Back
Duke Ellington & Johnny Hodges
Basin Street (Duke Ellington & Johnny Hodges - Back to Back (Side By Side)) - Amazon.co.jp (MP3 Download)

Johnny Hodges (1906 - 1970)
ジョニー・ホッジスはDuke Ellington(デューク・エリントン)楽団のリード・アルト・サックス奏者、つまりスター・プレーヤーで、あのビバップの天才と謳われたCharlie Parker(チャーリー・パーカー)も崇めたといわれます。  小柄な身体でブルース(ブルーズ)を奏でるジョニー・ホッジスのビブラートの効いた美しいアルトの響きは他に類が無いと称えられスイング・バンド(スウィングジャズ)時代のサックスのカリスマ的存在でした。 10代でSidney Bechet(シドニー・ベシェ)にサックスの手ほどきを受け、1925年にスウィングジャズのデューク・エリントン楽団に参加しました。 ホッジスはその後、なんと!亡くなるまで40年間に渡って在籍したというのですから驚きです。 ホッジスの代表曲はHodge Podge(ホッジポッジ)、Castle Rock(キャッスル・ロック)、Ellingtonia '56(エリントニア56)、Side by Side(サイドバイサイド)、Back to Back(バックトゥバック)などなど、数え切れません。 スウィングジャズ及びビッグバンド時代の三大アルトサックス奏者というとホッジスの他、Benny Carter(ベニー・カーター)とWillie Smith(ウィリー・スミス)でしょうか。 この後1940年代に短命のチャーリー・パーカーが登場しました。


ジョニー・ホッジスのアルバム
Play the Blues Back to Back
ページトップの画像は1959年のジョニー・ホッジスとデューク・エリントンの珍しい小編成のアルバム「Play the Blues Back to Back」(Original Recording Remastered)でアルバムのカバー・アートはBurt Goldblatt(バート・ゴールドブラット)のデザインだそうです。
人気の輸入盤「Play the Blues Back to Back」の試聴はPlay the Blues Back to Back - Amazon.com
"ブルースの父"を自称するW.C. Handy(ウォルター・クリストファー・ハンディ)作曲のSt Louis Blues、Beale Street BluesとLoveless Loveを収録している他、Spencer Williams(スペンサー・ウイリアムス)の曲ですが私の好きなBasin Street Bluesもあります。 St Louis BluesとBasin Street Bluesの2曲のBluesは"Blues in the night"と並んで世界三大ブルースといわれています。


Side by Side
名曲の「サイドバイサイド」は収録されていないDuke Ellington With Johnny Hodgesのアルバム「Side by Side」はページトップのアルバム「Back To Back」と同じセクステットのセッションです。
Duke Ellington( piano)、Johnny Hodges( sax)、Harry Edison (trampet)、Les Spann (guitar/flute), Al Hall (bass)、Jo Jones(drums)
Duke Ellington With Johnny Hodges - Side by SideSide by Side


I Got It Bad (And That Ain't Good) by Johnny Hodges - Ellington At Newport 1956
ジョニー・ホッジスが演奏する私の好きな曲のひとつはI Got It Bad (And That Ain't Good)です。 アルトとテナーのZoot Sims(ズート・シムズ)が演奏する"I Got It Bad"もムードたっぷりですが2枚組みアルバム「Ellington At Newport 1956 - Complete」にも収録されているBlack and Tan Fantasyも収録したCDでジョニー・ホッジスのまるでむせび泣いているような"I Got It Bad"を聴いて下さい! ちなみにこのアルバムには1950年頃にメンバーとなり、歩きながら演奏したりするのでエリントンから"The Strolling Violins"というあだ名を頂戴したテナーサックス奏者のPaul Gonsalves(ポール・ゴンザルヴェス)も参加しています。
Ellington At Newport 1956Ellington At Newport 1956(Disc2-2盤)
Johnny Hodges - I Got It Bad (And That Ain't Good) - Amazon.com (MP3 Download)

Johnny Hodges and Lionel Hampton
ジョニー・ホッジスといえばデューク・エリントンですが、1938年にカーネギーホールでも共演したLionel Hampton(ライオネル・ハンプトン)のLionel Hampton Just Jazz All Starsに参加して演奏した1940年代の"Star Dust(スターダスト)"や"Don't Be That Way"は逸品です。 ジョニー・ホッジスが演奏するとどんな曲も素敵になりますが、ディスク:2ではホッジスのテーマ曲ともなっていた"On The Sunny Side Of The Street"はライオネル・ハンプトンのヴォーカル入りです。
1961年のパブロ時代のLP2枚をCD化したアルバムは「At Sportpalast, Berlin
試聴はAt Sportpalast, Berlin - CD Universe

Jeep's Blues
同じくジョニー・ホッジスが演奏するBlue Reverie、I Got It Bad, Jeep's Bluesなどを収録したアルバムはホッジスがエリントン楽団に参加した1928年から1941に録音された78回転レコードからリマスターされたCDの「Jeep's Blues」(ASIN: B000001HJ2)です。 試聴はJeep's Blues CD - CD Universe
Johnny Hodges & His Orchestra - Jeep's Blues (The Duke's Men) - Amazon.com (MP3 Download)

ジョニー・ホッジスの"Castle Rock"はアルバム「Verve Jazz Masters 35 : Johnny Hodges」でも試聴できます。


Passion Flower with Ivie Anderson
エリントン楽団の歌姫と呼ばれたIvie Anderson(Ivy Anderson/アイヴィー・アンダーソン)がエリントン楽団をバックに歌う" I Got It Bad and That Ain't Good"入り名盤「Passion Flower(情熱の花)」!
Passion FlowerPassion Flower 1940-46 (ASIN: B000002WTV) - Amazon.co.jp
試聴はJohnny Hodges - Passion Flower - CD Universe
このアルバム「Passion Flower」はジャングル・トランペッターのCootie Williams(クーティ・ウィリアムス)をフィーチャーした1940年-1941年の二枚のBluebirdセッションからと1940年-1946年のエリントン楽団のジョニー・ホッジスの名演奏を組み込んでいます。 アイヴィー・アンダーソンの"I Got It Bad and That Ain't Good"はPhil Moore's Orchestraの演奏でBlack & Whiteレーベルのアルバム「I Got It Bad and That Ain't Good」に収録されています。
Johnny Hodges (soprano & alto saxophones); Ivie Anderson (vocals); Otto Hardwick (alto saxophone); Barney Bigard, Jimmy Hamilton (tenor saxophone, clarinet); Ben Webster, Chauncey Haughton, Al Sears (tenor saxophone); Harry Carney (baritone saxophone); Ray Nance (trumpet, violin); Cootie Williams, Wallace Jones, Cat Anderson (trumpet); Rex Stewart (cornet); Lawrence Brown, Wilbur De Paris (trombone); Duke Ellington (piano, celeste); Billy Strayhorn (piano); Fred Guy (guitar); Oscar Pettiford, Jimmie Blanton, Junior Raglin (bass); Sonny Greer (drums)
Ivie Anderson - I Got It Bad and That Ain't Good (Jazz Foundations) - Amazon.com (MP3 Download)Johnny Hodges ft. Ivie Anderson - I Got It Bad and That Ain't Good (The Best of Big Band)

Listenデューク・エリントンの初期の曲が沢山聴けるDukeEllington - A Jazz Anthology(曲名をクリック)
Johnny Hodges - A Jazz Anthology(Johnny Hodgesで検索)
(Black And Tan Fantasy、The Mooche、Mood Indigo、It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)、St Louis Blues、Sophisticated Lady、Stormy Weather、Solitude、In A Sentimental Mood、Caravan、Prelude To A Kiss、Ko Ko、Cotton Tail、Flamingo、Take The A Train、 C Jam Blues、Perdido, etc.)
Ivie Anderson with Duke Ellington and Johnny Hodges et al. - I Got It Bad and That Ain't Good (Live in 1940s) - YouTube
Ivie Anderson with Duke Ellington and his Orchestra - I Got It Bad and That Ain't Good (1941) 78 rpm - Johnny Hodges - YouTube