ケティ・レスター Ketty Lester sings Love Letters

投稿日:


Love Letters
Ketty Lester Love Letters
Ketty's complete 1964 RCA album 'Soul of Me' plus 'Love Letters
Ketty Lester - Love Letters (Rarity Music Pop, Vol. 335 (Love letters)) - Amazon.co.jp (MP3 Download)
Ketty Leste - Love Letters (1964) - YouTube

Ketty Lester sings Love Letters
現在ではご当地のアメリカでさえ、『ケティ・レスターって誰?』と言われるほど、歌手としてのKetty Lester(ケティ・レスター)は忘れ去られた存在なのです。 どんな曲を歌ったかって? それがこのラブレターという名曲なのです。 幻の名曲「ラブレター」、そして伝説の"一発屋のソウル歌手のケティ・レスター"なんかで終わらせてしまえないその魅力をお伝えしましょう。

ケティ・レスターの1962年のヒット曲「Love Letters(ラブレター)」のオリジナルは、1945年にVictor Popular Young(ヴィクター・ヤング)作曲によりEdward Heyman(エドワード・へイマン)が作詞した映画のテーマ曲です。 ヴィクター・ヤングは1935年から1957年まで多くの映画音楽を手掛けていますがStella by Starlight(星影のステラ)やMy Foolish Heart(愚かなり我が心)などの名曲で知られます。 エドワード・へイマンはDoris Day(ドリス・デイ)のWhen I Fall in Love(恋に落ちた時)などのようにこのコンビによる名曲はいくつもあります

William Dieterle(ウィリアム・ディターレ)が監督した映画「Love Letters(ラヴレター)」ではJoseph Cotten(ジョセフ・コットン)と共演したJennifer Jones(ジェニファー・ジョーンズ)が1945年のアカデミー主演女優賞を受賞しました。
1945年にDick Haymes(ディック・ヘイムズ)が歌ったオリジナルのLove Letters(ラヴレター)は「Little White Lies」(ASIN: B00005ABNY)や「The Very Best of Dick Haymes, Vol. 1」(ASIN: B000003H7J)などに収録されています。
ディック・ヘイムズはHarry James(ハリー・ジェームス)楽団のケースと同じように1942年にラットパックのFrank Sinatra(フランク・シナトラ)の後釜としてトミー・ドーシー楽団の専属歌手となりました。

アメリカではディープ・ソウルのジャンルに入っているケティ・レスターのEPシングルレコードは1962年に2枚リリースされています。
1963年にA面がI'm a Fool for YouでB面がLove Letters
Love Letters / Tell It Like It Is(すごいことにB面がオリジナルは1967年とされているR&BのAaron Neville's A&M(エアロン・ネヴィル、ネヴィル・ブラザーズの大ヒット曲)
Love Letters/ I'm A Fool To Want You(Eraレコード)
鳥肌の立つほど素晴らしいLove LettersとBillie Holiday(ビリー・ホリデイ)でお馴染みの"I'm A Fool To Want You(恋は愚かというけれど)"が聴けた「COLOR RADIO AND R+B, DOO WOP, ROCK+ROLL」(1962年リリース版) (著作権の問題でしょうか現在は聴けるリンクが削除されてしまいました)
Ketty Lester - Love Letters / I'm A Fool To Want You (1956) - YouTube

Ketty Lester - Love Letters CD
ページトップの画像はオリジナルが1964年にRCAからリリースしたケティ・レスターのアルバム「Love Letters」で"Love Letters"や"But Not for Me"など12曲を収録しています。
試聴はKetty Lester - Love Letters - AllMusic.com
現在、"I'm a Fool to Want You"はシングルレコードかMP3アルバムのみに収録されておりCDでは見当たりません。

☆Ketty LesterのLove Lettersの歌詞はlLove Letters Lyrics - ynchnet.com

ListenKetty LesterのLove Lettersが試聴出来るOldies Museum(Kettyで検索)
当時私が購入したシングルEP盤のケティ・レスターのラブレターはピアノの間奏がとても印象的で素晴しいバージョンです。 私が当時購入したケティ・レスターの大きな目の顔写真を使用した濃いピンクと黒の二色刷りの祖末なジャケットのドーナツ盤レコードが見つからないので最近になってデジタルのラヴレターをiTunesで購入しました。 アルバムはNipper's Greatest Hits: The 60's, Vol. 1で、試聴はNipper's Greatest Hits: The 60's, Vol. 1 [1999] - AllMusic.com

All About Ketty Lester
アーカンソー州生まれのケティ・レスターは奨学金を受けてSan Francisco City Collegeに通い、その頃から学校や教会で歌うようになります。 その後は歌の道に進み、Cab Calloway(キャブ・キャロウェイ)楽団に同行したヨーロッパツアーで成功を収めました。 クラブ歌手としての評判はEra Records会社との契約にむすびつきました。 後に1998年にGee Baby Geeを発表したDel-Fiの曲を書いた当時のプロデューサーのEd Cobb(エド・コッブ)と名ピアニストのLincoln Mayorga(リンカーン・マヨルガ)との出会いがあり「ラヴレター」がプロデュースされました。 リンカーン・マヨルガはL.A.のクラシック畑のピアニストですが、アーヴィング・バーリンやガーシュインを特集するなどジャズやポップスの分野でも評価されています。
最初のシングル・レコードはI'm A Fool To Want YouとLove Letters(ラブレター)です。 2曲とも人気のあるスタンダード曲ですが、ケティ・レスターのクールでジャージーなバージョンのラブレターは1962年にR & Bチャートでは2位、アメリカとイギリスのポップスのヒットチャートでは5位にランクされ、ミリオンセラーとなりました。 続けて2枚目のシングルは George Gershwin(ガーシュイン)のミュージカルGirl CrazyからのBut Not for Meでしたが、これは同年のポップチャートで41位でした。 その後も何枚かのシングルとLPも出しています。 エド・コッブはレコードのプロデュ-スだけでなく曲も作りました。 ケティ・レスターにも1曲書いたのですがお気に召さなかったんだそうです。
Wigan Casino This Old Soul JUKEBOX - Hot'n Cool

MojoのMust-Haveシングル・トップ100
ケティ・レスターの歌で有名なのはラブレター1曲なのですが、アメリカの音楽マガジンMojoの調査によるMust-Haveシングルレコード・トップ100ではこの曲が65位です。
Mojo's Ultimate Jukebox - あなたが所有しなければならない100枚のシングル
この必須レコード100のリストで、私が持っているのは65位のKetty LesterのLove Letters(1962)以外では、9位のBooker T and the MG'sのGreen Onions(1962)、19位のSam the Sham and the PharaohsのWooly Bully(1965)、31位のGene Vincent(ジーン・ヴィンセント)のBe Bop a Lula(1956)、35位のRay CharlesのWhat'd I Say(Part 1)(1959)、66位のFlamingosのI Only Have Eyes for You(1959)、69位のErnie 'Tennessee' FordのSixteen Tons(1956) 、78位のSonny Boy WilliamsonのHelp Me(1963)、90位のBo DiddleyのWho Do You Love?(1957)、以上たった9曲でした。 貴方は何曲?

RCA Victor時代のケティ・レスター
ケティ・レスターは1964年にはRCA Victorと契約し「The Soul of Me」、1965年に2枚目「Where Is Love?」などをリリースしましたが、会社の思惑は外れヒットメーカーにはなりませんでした。 その後、ケティ・レスターは1960年代と1970年代にテレビなどのゲストとして「Little House On The Prairie(大草原の小さな家)」、Hill Street Blues(ヒルストリート・ブルース)の「Days Of Our Lives」などに出演しましたが、1980年代までゴスペルをレコーディングしていたそうです。
。 NBCテレビの「大草原の小さな家」は日本でも人気でした。


Where Is Love?
ケティ・レスターのRCA Victor時代の2枚目のアルバムでオリジナルが1965年リリースの「Where Is Love?」(1965年)が1999年に日本で再リリースされていたそうで、Lover Manやラブレターと同じくヴィクター・ヤングが作曲したMy Foolish Heartなどのスタンダード曲のカバー12曲を収録したこの盤は現在はヴィンテージ価格になっています。 現在このCDの試聴はみつかりません。 アルバムカバー画像がちょっとEartha Kitt(アーサー・キット)の1960年にイギリスのKappレコードからリリースしたレコード"Revisited"に似ています。("Revisited"の収録曲はThe Ultimate Collectionと類似)ちなみにKappレコードのDave Kappはフランスでクラブ歌手として成功を収めて帰国した女性ボーカリストのJane Morgan(ジェーン・モーガン)やシャンソンの"Les Feuilles mortes(枯れ葉)"をカバーした"Autumn Leaves"が1955年に大ヒットしたピアニストのRoger Williams(ロジャー・ウィリアムズ)等と吹き込みの契約をしています。
Where Is Love?

☆アナログは最近ではなかなか見つからないと言われますが、本当に「When A Woman Loves A Man」はありません。
※アルバムのタイトルとなっている"When A Woman Loves A Man"という曲はThe Andrews Sisters(ザ・アンドリュース・シスターズ)の"I Can Dream, Can't I"も書いたGordon Jenkins(ゴードン・ジェンキンズ)とBernard D. "Bernie" Hanighen(バーナード・ハニガン)が共同作曲し、Johnny Mercer(ジョニー・マーサー)が作詞した曲です。 "I'm A Fool To Want You"同様に1938年にBillie Holiday(ビリー・ホリデイ)が歌ったのですが、Percy Sledge(パーシー・スレッジ)の1966年の大ヒット曲の"When a Man Loves a Woman"へのアンサーソングだったそうです。

Ketty Lester's Love Letters in "Blue Velvet"
ハートに火をつけて」のDennis Hopper(デニス・ホッパー)が悪党役を怪演した1986年のDavid Lynch(デイヴィッド・リンチ)監督のサスペンス映画「Blue Velvet(ブルー・ベルベット)」ではなんと!ケティ・レスターのラヴレターが流れ、デニス・ホッパー演じる悪党がヒロインのイザベラ・ロッセリーニを脅すセリフというのがケティ・レスターの「ラブレター」の一節「Love letters straight from your heart!」なのです。

ケティ・レスターの"ラブレター"が収録されている「ブルー・ベルベット」のサウンドトラック
Blue VelvetBlue Velvet: Original Motion Picture Soundtrack
試聴の13番
☆ケティ・レスターのラブレター他にもサントラの歌詞が載っているThe City Of AbsurdityのBlue Velvet Soundtrack(Soundtrackをクリック)

Ketty Lester in Little House On The Prairie
ケティ・レスターのラブレターを知らない方でも、この1974年に始まったTV シリーズの「大草原の小さな家」はご存知でしょう? 「大草原の小さな家」では1978年から1983年までケティ・レスターがHester-Sue Terhune(へスタースー・タヒューヌ )の役で出演しました。 日本では1975年からNHKで放映されました。
日本でも人気だった1959年~1973年のTVシリーズ「ボナンザ」に出演していたMichael Landon(マイケル・ランドン)が「父さん」役でしたが、ケティ・レスターはジョーの別れた妻と盲学校の先生「Hester Sue Terhune(ヘスター・スー)」を演じました。
☆「大草原の小さな家」意外にもケティ・レスターは映画に出演していました。
Audio-Visual Trivia内にはケティ・レスターの映画デビューでありJules Dassin(ジュールス・ダッシン)が監督した1968年の黒人映画「Up Tight!」がありますが、その後テレビドラマのゲスト出演を経て、1972年に黒人ドラキュラの犠牲になるタクシーの運転手を演じた「Blacula(吸血鬼ブラキュラ)」や1997年に跳ね橋の番人を演じた「Runaway Car(ランナウェイ・カー)」の記事がHot'n Coolにあります。

エルヴィス・プレスリーのラブレター
ケティ・レスターのラヴレターの後、1966年にエルヴィス・プレスリーのラブレターがリリースされました。 当時ナッシュビル(カントリー)のスタジオ・ピアニストだったFloyd Cramer(フロイド・クレイマー)が収録に遅刻したことにより急遽穴埋めとして同じくスタジオ・プレーヤーの若手だったDavid Briggs(デヴィッド・ブリッグス)がピアノを演奏したそうです。(フロイド・クレイマーが到着しても遅れが気に障ったエルヴィスがそのまま続けてデヴィッド・ブリッグスに弾かせたとか) これが大ヒットしてケティ・レスターを凌ぐとも言われます。 私はエルヴィスのファンですが、やはりラブレターに関して言えばエルヴィスではなくこれはもうケティ・レスターが一番!だと思います。
ラブレターはエルヴィス以前にも、女性歌手ではPeggy Lee(ペギー・リー)、Julie London(ジュリー・ロンドン)、Ella Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド)、Etta James(エタ・ジェームス)など、男性歌手では1945年にDick Haymes(ディック・ヘイムズ)、1955年にTony Bennett(トニー・ベネット)、1957年にNat King Cole(ナット・キング・コール)、1958年にPerry Como(ペリー・コモ)、そしてイギリスのシンガーソングライターのElton John(エルトン・ジョン)とカントリーのスライド・ギタリストでブルース歌手のBonnie Raitt(ボニー・レイット)のデュエットなどもあり、その後も歌い継がれて総勢16人以上もの歌手がカバーした名曲なのです。


Ketty Lester sung "Love Letters" on TV show
「More Red White & Rock」という番組に1999年、65歳のケティ・レスターが出演して37歳の時の大ヒット曲である"Love Letters"を歌ったそうです。
☆参考までに、WFMUラジオのプレイリストのPlaylist for Downtown Soulville with Mr. Fine Wine - June 11, 2004でタワーレコード時代の1965年の"West Coast"が聴けます。(Listen to this show (RealAudio)をクリックしてクリップ・ポジション(再生バー)が移動出来れば21:00(3分の1の辺り)が9番目のケティ・レスターです)
ketty lester - West Coast (1965) - youTube