オーティス・ラッシュ  She's a Good 'Un by Otis Rush

投稿日:


The Otis Rush Collection (Hardcover)
Otis Rush Book
Otis Rush - She's a Good 'Un (Classic Recordings (Original Sound)) - Amazon.co.jp (MP3 Download)
Otis Rush - She's a Good 'Un ( The Classic Cobra Recordings 1956-1958) - YouTube

Otis Rush: Real Chicago Sound (1934 - 2018)
オーティス・ラッシュは生けるブルース・レジェンド! モダン・ブルースの巨人! スローブルースの帝王!
これらの賛辞が贈られる50年代のシカゴ・ブルースのギタリストで、1956年に"I Can't Quit You Baby"でデビューして以来、持ち前の才能と運とで、Right Place Wrong Time、Crosscut Saw、Keep On Lovin' Me Babyなども含めて数多くのヒットを次々と生み出したオーティス・ラッシュです。
ですが私はちょっと前まで「オーティス」といえば1968年のヒット曲の"Sittin' On The Dock of the Bay"のOtis Redding(オーティス・レディング)、"Feel So Bad"といえばElvis Presley(エルビス・プレスリー)のI Feel So Bad(1961年)だとばかり思っていた私です。

米国南部のミシシッピでの子供時代に自己流でギターを弾き始めたオーティス・ラッシュは1948年にシカゴにやって来て、南部のラジオで聞き知ったMuddy Waters(マディ・ウォーターズ)が出ているにクラブを訊ねたのです。 オーティス・ラッシュの活動を知ったブルース・ミュージシャンでプロデューサーのWillie Dixon(ウィリー・ディクソン)が1956年にEli ToscanoのCobra Records(コブラ・レコード)と契約させ、最初に吹き込んだのが"I Can't Quit You Baby"でBillboardのR & Bチャートで6位に輝きました。 マディ・ウォーターズの歌うHoochie Coochie Man(フーチー・クーチー・マン)などの曲を書いたことでも知られ、ベースギタリストでもあるウィリー・ディクソンのプロデュースは素晴らしく、当時は珍しかったマイナーキーでDouble Trouble、My Love Will Never Die、the 、Three Times a Fool、Keep on Loving Me Babyなどを演奏、又Ike Turner(アイク・ターナー)のコンボバンドともレコーディングしたのです。 ちなみにウィリー・ディクソンが1984年に設立してブルース大使を務めた「Blues Heaven Foundation」はブルース(ブルーズ)の伝統的な遺産や著作権を保護するものでしたがウィリー・ディクソンの妻であるMarie Dixon(マリ-・ディクソン)等の努力により1997年復旧したChess Records Studiosに移転したそうです。

オーティス・ラッシュはソウルとアーバンがミックスした時折裏声も使った歌と左手ギター奏法とが大変ユニークなブルースマンです。 Magic Sam(マジック・サム)やBuddy Guy(バディ・ガイ)などと共にシカゴのWest Side(ウェスト・サイド)スタイルの開拓者であり、エレキベースギターをバンドで使用した最初のミュージシャンともいわれます。 オーティス・ラッシュはジャズ・ギタリストのWes Montgomery(ウエス・モンゴメリー)とKenny Burrell(ケニー・バレル)のファンなので二人のリフも取り入れているそうです。

videoThe American Folk Blues Festival Volume 1からI Can't Quit You Babyの1966年のビデオ・クリップが観られるReelin in the years(otisで検索してRealMedia excerpt fromをクリック) I Can't Quit You Babyの出だしのオタケビが観られます。
Otis Rush - YouTube

B.L.U.E.S. etc
ピアニストでもあるアイク・ターナーは、アイク & ティナ・ターナー全盛期以前にはメフィスのセッションバンドとして活動していました。 オーティス・ラッシュのコブラ録音でのDouble TroubleやAll Your Loveのギターを弾いていたそうです。 そのアイク・ターナーがなんと、セントルイス(ミズーリ州)時代には(アイクのムショ帰りの頃の90年代半ばのことか?)、オーティス・ラッシュのバンドのアンプ運びをやっていただとか、セカンド・ギターがニューロックで70年代に活躍したSteve Miller(スティーブ・ミラー)だっとか数々の逸話があるようです。 演奏後にスタッフにご祝儀を配る気前の良いオーティス・ラッシュはテンガロン・ハットがお似合いです! 爪楊枝を噛みながら、スロー・ブルースをかったるそうに演奏している姿はビッグ・ビル・ブルーンジーみたいねえ。
オーティス・ラッシュのアルバムが初めて日本で発売されたのが1969年の「Mourning In The Morning」で、初来日したのは1975年の3回目のブルース・ フェスティバルだそうです。 90年代の終わりまでシカゴのリンカーン・パーク辺りにある「B.L.U.E.S. etc」でよく演奏していたとか。 このブルースクラブのB.L.U.E.S. etcはその辺の観光客向けとは違ってシカゴブルースでも南部オリジナルをキープしていたそうですが、残念ながら現在は閉鎖されています。
オーティス・ラッシュが1996年にB.L.U.E.S. etcで演奏している写真が見られるLE BLUES SUR RADIO PRIMITIVE REIMS FRANCE(左上)
☆素敵なオーティス・ラッシュの写真が10秒見られるjpjphoto.com


参考までに1969年の日本お目見えアルバム(Gambler's Bluesが評判)
Mourning in the Morning
Mourning in the Morning by Otis Rush
Otis Rush - All Your Love (I Miss Loving) (Classic Cobra Recordings) - YouTube

このところ体調を崩していましたがやっと回復し始めたオーティス・ラッシュは2006年4月で71歳になるそうです。この後、惜しくもオーティス83歳の2018年に脳卒中起こして10月に亡くなりました。
バンドで歌とギターを担当し、プロデュースも手掛けているオーティス・ラッシュの現在の奥さまである「Masaki Rush」(綺麗!)が2004年にご自宅で撮影したオーティス・ラッシュの写真とマサキ夫人と一緒の2005年の写真に加えてオーティスの挨拶文が見られるWe Love Otis Rushphoto by Masaki Rush(2000年)


She's a good un, un-huh, and you can't quit your baby! by Otis Rush

ブルースギタリスト「オーティス・ラッシュ」はパープル・ギターとA Good 'Unがお好き!
私の好きなオーティス・ラッシュの曲にはA Good 'Unがありますが、1968年にリリースされた「This One's a Good Un」というビンテージLP盤があります。
※「A Good 'Un」ってどんな意味かって? Good 'Un(goodun)とは、UNがヤツという意味だから、気が利く人とか役に立つ人などのことでしょうか。 "good 'un"は物憂げに"GOOD"と言うことらしいですが、イギリス北部のヨークシャ地方独特の言い回しという説もあります。 オーティス・ラッシュもきっと「お〜い、お茶!」と言う前にサットお茶を出すような女性がいいんでしょうね。
アルゼンチンのBotafogo Blues Band(ミゲル・ボタフォゴ・ブルースバンド)もカバーしています。
Miguel Botafogo - She's a good un (2002 Japan LIVE) - YouTube
♪ Otis Rush - She's a Good 'Un (The Blues Collection Vol 19)

Listenオーティス・ラッシュのコブラ時代の最高のモダンブルースといわれるアルバム「The Essential (the Classic Cobra Recordings)コンプリート・コブラ・セッションズ」からShe's a Good 'Unを試聴。
Essential Collection: The Classic Cobra Recordings 1956-1958 - AllMusic.com

I Can't Quit You Baby(Classic Cobra Recordings 1956-1958 (Fuel 2000))とアイク・タナーをフィーチャーしたオーティス・ラッシュとウィリー・ディクソン・バンドのDown And Out(1956年-1959年 Paula)が聴けるWFMUラジオのプレイリストMonica's WFMU Playlist August 17, 2001(Hear the show!をクリックしてクリップ・ポジション(再生バー)を2:32:37と2:40:50に移動)


オーティス・ラッシュのアルバム
必聴!必携! オーティス・ラッシュの一枚!
ラッシュ自身が作ったDouble Trouble、It Takes Time、Three Times a Fool、Keep on Loving Me Baby、Percy Mayfield 作曲のShe's a Good 'Unの他、Sonny Boy Williamson IIのChecking on My Baby、Willie DixonのAll Your Love、I Can't Quit You Baby、My Love Will Never Dieなどが収録されて Wooow!
Otis Rush Essential CollectionEssential Collection: The Classic Cobra Recordings 1956-1958
試聴の5番のGroaning The Blues(Willie Dixon作曲)もいいかも。
冒頭で書いたFeel So Badは1969年のお目見えアルバム「Mourning in the Morning」に収録されていますが、1976年の輸入盤ライヴ・アルバム「All Your Love I Miss Loving: Live at the Wise Fools Pub Chicago」にも収録されています。(国産盤は「オール・ユア・ラヴ~激情ライヴ!1976」)

最近聴いたオーティス・ラッシュの人気アルバムにはタイトル曲のRight Place, Wrong Time他、インストのI Wonder WhyやEasy Goも収録
Right Place, Wrong Time by Otis RushRight Place, Wrong Time


☆オーティス・ラッシュのブルースのいくつかの歌詞はBluesLyrics.tripod.comですが「 My baby... She's a Good 'Un 」と歌われる She's a Good 'Un の歌詞は門外不出みたい。


Cognac Blues Passions
沢山の音声クリップ付きブルースマンのページがあるCognac-Online.comCognac Blues Passions (若手テキサス・ザディコの Lil Brian & Zydeco Travelers(又はL'il Brian)の顔もみえますね)の参加者のなかで1997年のオーティス・ラッシュ
このサイトではのコニャック(ブランディ)製造に適した、コニャック地方(フランス)のシャラント川の川岸にある蒸留所辺りの美しい風景のスライドショーが見られます。 ブルースとどんな関係って? こんな関係・・・毎年夏(7月末)に開催されるCognac Blues Festival


Slow Blues
スローブルースとは12/8 (6/8 ブルース 4 beats per measure with 3 subdivisions per beat)で演奏されるブルースだそうですが私には分かりません。 曲名としてならジャズのOscar Peterson(オスカー・ピーターソン)とCount Basie(カウント・ベイシー)やブルースのJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)とBB Kingや、James Cotton(ジェームス・コットン)が演奏する"Slow Blues"は聴いたことがありますが。 シカゴブルースのオーティス・ラッシュなら、Gambler's Bluesを始めとし、1956年にR & Bヒットチャートに放ったI Can't Quit You Babyがスローブルースの代表なのだとか・・・アール・フッカーもスライドギターで演奏しているスローブルースとは何?
アール・フッカーのリフのwavは聴いたのですが。 クラッキングの無いスライドギターソロのこと? シカゴshufflesの後に続いた奏法?
シカゴ・ブルースのT・ボーン・ウォーカー←「ブルース」→カントリーブルースやトラディショナルからシカゴブルースのパイオニアとなったBig Bill Broonzy(ビッグ・ビル・ブルーンジー)→アーバンブルースのオーティス・ラッシュ


1962年~1966年にドイツで行われたブルース・フェスティバルのモノクロ映像でリージョン・フ!リーの2003年版DVDです。
American Folk Blues FestivalAmerican Folk Blues Festival 1962-1966 Vol.1
オーティス・ラッシュがI Can't Quit You Babyを演奏、マディ・ウォーターズのGot My Mojo Workingではサニー・ボーイ・ウィリアムソンがハープを演奏、ボーナストラックには珍しいアール・フッカーの1969年のライヴ映像「Walking the Floor Over You/Off the Hook」が収録されている他、ブルースマンやBig Mama Thornton(ビッグ・ママ・ソーントン)などの女性ブルース歌手も多数出演しています。
Vol.2とVol.3もあります。

Devil's Rejects
ついでといってはなんですが、2005年、Rob Zombie(ロブ・ゾンビ)監督の2作目のホラー映画となるDevil's Rejects(デヴィルズ・レジェクツ)にオーティス・ラッシュが出演しました! なんてね、映画のシーンでで登場人物達が見ているテレビの中にです。 そのシーンは1962年のAmerican Folk Blues Festivalでオーティス・ラッシュがI Can't Quit You Babyを歌っているビデオだそうです。 ロブ・ゾンビ監督は大のオーティス・ラッシュのファンなので、オーティスのビデオの映像はモチロン、登場人物に「オーティス」という名を付けてしまいました。 当然サウンドトラックにはオリジナルのコブラの音源が使用されていますよ。 Devil's Rejectsのオフシャルサイト(注!すぐ音)
ロブ・ゾンビ監督の前身はヘヴィ・サイケデリック・ロックのホワイト・ゾンビでして、1999年に解散するまでのロッカー時代にはホラー映画趣味満載のライヴを行っていたそうです。 2007年のGrindhouse(グラインドハウス)でWerewolf Women of the S.S.を担当したロブ・ゾンビ監督は同年に「Halloween(ハロウィン)」がアメリカでは8月に公開されます。
台詞入りのサウンドトラックはHalloween Soundtrack
試聴はHalloween Soundtrack - Amazon.com

♪ Otis Rush - Looking Back