パスカル・プティ Pascale Petit

投稿日:


Pascale Petit
une actrice mignonne et aussi sexy

Pascale Petit
1957年に映画デビューしたフランスの映画女優のパスカル・プティは1958年のMarcel Carne(マルセル・カルネ)監督の「Les Tricheurs(危険な曲り角)」でブレイクしました。 主だった出演作品が10本余と少ないながらも、60年代にはBrigitte Bardot(ブリジッド・バルドー)に次いで人気だったとされる生粋のパリジェンヌ女優です。
☆「危険な曲り角」の写真が見られるPeccatori in blue jeans Photos - FILM.TV.IT
60年代以降はイタリアのエロティック・コメディ、ドイツ映画、ヨーロッパ各国のテレビなどに出演していましたが、1989年に「Sans défense」で映画にカムバックしました。
パリを舞台に青少年を取り巻く麻薬と売春を描いた犯罪映画の「Sans défense」の情報は殆どなくて辛うじて映画ポスターなどはSans défense - Pathé International
キャストについてはSans défense - IMDb.fr

その名もちっちゃくて可愛いという意味のある「Petit(プティ)」ですが、この「プティ」というのはバレー界の大御所であるRoland Petit(ローラン・プチ)のようにフランスではよくある苗字だそうです。 現在はプティですが以前はパスカル・プチと表記されていました。

可愛いパスカル・プティの写真がちょっと見られる!
Pascale Petit Photos- Cyranos.ch
Pascale Petit Photos - Bergsjo.nu(Pascale Petitで検索)
パスカル・プティの写真集はイタリアのPascale Petit Photos - FILM.TV.IT


Pascale Petit
パスカル・プティの出演映画

1956年 Les sorcieres de salem(サレムの魔女)
1692年にアメリカのマサチューセッツ州にある古い町Salem(セーラム)であった魔女狩り裁判では19人が処刑されたという史実に基づき、アメリカの劇作家であるArthur Asher Miller(アーサー・ミラー)が書いた戯曲「The Crucible(るつぼ)」が映画化され、パスカル・プティは女中のメアリ役で映画デビューしました。 ヨーロッパで16世紀末から17世紀後半にかけて起きた魔女狩りがイギリスの植民地であったセーラムはにも影響を与えたようです。
「サレムの魔女」は女中役にMylene Demongeot(ミレーヌ・ドモンジョ)、農家の夫婦にYves Montand(イヴ・モンタン)とSimone Signoret(シモーヌ・シニョレ)夫妻が出演した魔女狩り物語です。 若い女中の誘惑に負けて妻を裏切っってしまったものの最後はまるでイエス・キリストのように見える農夫です。 欲望のゆえの狂態、集団ヒステリーの恐ろしさ、そして敬虔なる清教徒の信仰心が描かれた感動的な「サレムの魔女」は一観に値します。
アーサー・ミラーの「クルーシブル」について書かれた淀川長治の新シネマトーク
ついでにフランス語ですが魔女狩りの挿絵が見られるLes Sorcières de Salem
1996年にNicholas Hytner(ニコラス・ハイトナー)監督によるアメリカ映画「The Crucible(クルーシブル)が公開されています。 ミレーヌ・ドモンジョが演じたアビゲイル役はWinona Ryder(ウィノナ・ライダー)が演じました。

Les Tricheurs☆1958年 Les Tricheurs(危険な曲り角)
又のタイトルを"The Cheaters"という無軌道な若者達を描いたMarcel Carné(マルセル・カルネ)監督の「危険な曲り角」でMic(ミック)役を演じたパスカル・プティは一躍有名になりました。 「A Bout de Souffle(勝手にしやがれ)」でも触れましたが、当時ブリジッド・バルドーの恋人で後に結婚したJacques Charrier(ジャック・シャリエ)やJean Paul Belmondo(ジャン・ポール・ベルモンド)と共演しています。(いや、ベルモンドはまだちょい役でした)
「危険な曲り角」の写真が見られるFilm de France
「危険な曲り角」のワンシーンが見られるseances.org(右)
パスカル・プティのキスシーンも見られるパリのいかれた若者たちの「危険な曲り角」のトレーラーはLes Tricheurs - Comme Au Cinéma

「危険な曲り角」の音楽は米国の名だたるジャズメンを集めたJATP(Jazz at the Philharmonic ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)の豪華メンバーです。
ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニックについて書かれたJATPの誕生と、Norman Granz
1958年、パリで録音したサウンドトラックの曲目は「危険な曲り角のテーマ」などをオスカー・ピーターソン(p)、ロイ・エルドリッジ(tp)、コールマン・ホーキンス(ts)、ディジー・ガレスピー(tp)、ハーブ・エリス(g)、レイ・ブラウン(b)、ガス・ジョンソン(ds)、 スタン・ゲッツが演奏しています。
♪ 試聴ができる日本で2001年発売のCDJazz Et Cinema Vol. 2 - Les Tricheurs / Des Femmes Disparaissent / La Bri
Les Tricheurs / Des Femmes Disparaissent「危険な曲がり角」に加え、Art Blakey(アート・ブレイキー)の「殺られる」とBB(バルドー)の1961年の「Le Bride sur le cou(何がなんでも首ったけ)」まで抱き合わせた素晴らしい(?)編集ですが廃盤だそうです。(1番が危険な曲がり角、アート・ブレイキーが5番のGenerique(ジェネリーク) と21番の殺られるのテーマ
☆JATP/アート・ブレイキー/ジョルジュ・アルバニタス(Art Blakey and George Arvanitas-organ) については「ジャズ&シネマ Vol.2」(リンク先ページの最後)
Les Tricheurs DVDマルセル・カルネ監督、パスカル・プティ主演の「危険な曲り角」DVD(Région 2)情報はカバー画像も見られるフランスのLes Tricheurs - Amazon.fr


Maria Schell and Pascale Petit in "Une vie"
Une vie☆1958年 Une vie(女の一生)
19世紀のフランスの作家「Henri René Albert Guy de Maupassant(ギイ・ド・モーパッサン)」の有名な小説を映画化した文芸作品です。
フランスの名女優のMaria Schell(マリア・シェル)が、夫が浮気相手の女と事故死した後、自分の夫の子供を宿した女中と一緒に暮らす健気な女を演じました。 女中役をパスカル・プティが演じ、男臭プンプンのChristian Marquand(クリスチャン・マルカン)とセクシーなAntonella Lualdi(アントネラ・ルアルディ)が出演しています。 パスカル・プティの出番は少ないですが旦那のお手付きとなり奥様がどんな処分をするかと案じている住み込み女中の役です。 ヒロインの妻の質素な人柄が魅力がないのか夫は浮気三昧でこともあろうに女中にも手を出したのですが、夫亡き後、子供のなかったヒロインは夫の忘れ形見と共に生きていくことが定めと思ったのでしょう。 崖から馬車ごと落下して目を開けたまま死んだ夫と愛人のシーンが衝撃的です。
☆映画「女の一生」の写真が見られるUna vita - Il dramma di una sposa - FILM.TV.IT
「女の一生」の映画ポスターと写真が見られるUne vie Poster and Photos - Cinema Francais.fr
作家のモーパッサンについて書かれた自然主義の代表的な小説家


1958年 Faibles Femmes(お嬢さん、お手やわらかに!)
当時人気のイタリア女優「Jacqueline Sassard(ジャクリーヌ・ササール)」、ミレーヌ・ドモンジョと共演した毒入りチョコ事件をめぐる他愛の無い青春コメディで、アラン・ドロンが演じるプレイボーイにふられて中年と結婚しそうになる女の子の役です。 当時売り出し中の新人の アラン・ドロンが美味しい役どころで登場します。
「お嬢さん、お手やわらかに!」の音楽はPaul Misraki(ポール・ミスラキ)ですが、1959年に英語歌詞のテーマ曲"It's Really Love"を歌ったのはアメリカのポップス歌手のPaul Anka(ポール・アンカ)でした。
Paul Anka - It's Really Love (Faibles Femmes) - YouTube
「お嬢さん、お手やわらかに!」の写真が見られるLe donne sono deboli - FILM.TV.IT
Faibles Femmes PHOTOS I - YouTube

☆1959年 Une Fille Pour L'ete(ひと夏の情事)
詳しくはAudio-Visual Trivia内の ひと夏の情事を参照して下さい。

☆1960年 L'affaire D'une Nuit(艶(つや)ほくろ)
1955年のDes Gens Sans Importance(ヘッドライト)を監督したフランスの名匠「Henri Verneuil(アンリ・ヴェルヌイユ)」が監督しました。 幼馴染みと小鳥屋で出会ってしまったがために浮気に発展してしまうというロマンチック・コメディです。
「艶ほくろ」の音楽は「勝手にしやがれ」でもお馴染み、フランスのジャズ・ピアニストMartial Solal の「Martial Solal et son Orchestre(マーシャル・ソラル又はマルシャル・ソラール楽団)」で、主題曲は"Verneuillade(行進)"で「勝手にしやがれ」内でも記述のある1961年(ASIN: B000069LE7)のアルバム「Martial Solal - A Bout De Souffle」に収録されています。(試聴は11番)
Martial Solal - Verneuillade (A Bout De Souffle) - YouTube


Verneuillade by Martial Solal et son Orchestre
COLUMBIA LL-270
Verneuillade Soundtrack
クリックで画像拡大可

なんと!私の手持ちの「艶(つや)ほくろ」のサントラEP COLUMBIA LL-270はA面が1960年のハリウッドのホームドラマ映画「The Dark At The Top Of The Stairs(階段の上の暗闇)」のテーマ曲なのです。

☆1961年 Una Regina per Cesare(妖姫クレオパトラ)
有名な「全裸でカーペットに巻かれ貢物」としてシーザーにお目通りを目論んだラストシーンが呼び物だったパスカル・プティのCleopatra(クレオパトラ)の英語タイトルは"A Queen for Caesar"です。
パスカルプチのクレオパトラの写真集が見られるThe Ancient Egypt film site - Una Regina Per Cesare(サムネイルをクリックで拡大)
Pascale Petit dans Una regina per Cesare (1962) - YouTube

☆1962年 Les Démons de minuit
Charles Boyer(シャルル・ボワイエ又はチャールズ・ボイヤー)がPierre(ピエール)役で出演したMarc Allégret(マーク・アレグレ)監督のロマンチック・コメディで、音楽は「現金に手を出すな」のJean Wiener(ジャン・ウィエネル)です。
シャルル・ボワイエの息子のせいで自殺すると女から電話を受けた父親のピエールは惨事を避けようと息子を探す道中で、パスカル・プティが演ずる裕福な若い娘のDaniele(ダニエル)と出会い二人で探すことになります。 パリの如何わしい裏町を探していくうちに若い娘ともどもお熱になるという恋愛映画で、イタリア出身でこの後にボンドガールとして有名になったDaniela Bianchi(ダニエラ・ビアンキ)も出演しました。
「Les Démons de minuit」の写真はLa notte e il desiderio Photos - FILM.TV.IT
シャルル・ボワイエの全て、古い年代別の映画情報も分かる素敵なAll About Charles Boyer - TheMave.com

☆1967年(1969年) I Dolci Vizi... della Casta Susanna
「Sexy Susan」は劇場未公開のFranz Antel(フランツ・アンテル)が監督したドイツ製エロティク・コメディで、ドイツ語のタイトルが「Frau Wirtin hat auch einen Grafen」で英語では「Sexy Susan Sins Again」というそうです。 「Key Witness(四人の恐迫者)」で主演したJeffrey Hunter(ジェフリー・ハンター)がイタリア人のドンファン伯爵を演じたこの歴史パロディでパスカル・プティが演じた事情を知る公爵夫人はドイツ人の召使に扮してお色気でナポレオンの暗殺を阻止しようとします。 同じく未公開でしたがプティはハンターと翌年の1968年にもハンターがジョー・コリンズを演じた金鉱を巡るマカロニ・ウエスタン風の「Find a Place to Die」でも共演しています。
「Sexy Susan」のドイツ版ビデオカバー画像はFrau Wirtin hat auch einen Grafen VHS - clubdesmonstres.com
「Sexy Susan」で主演したジェフリー・ハンターの画像はSexy Susan Sins Again (1968) - A Tribute to Jeffrey Hunter
「Sexy Susan」と「Find a Place to Die」の音楽がエンニオ・モリコーネと並ぶマカロニ・ウェスタン音楽の巨匠で「Un dollaro bucato(荒野の1ドル銀貨)」の音楽を担当したGianni Ferrio(ジャンニ・フェリオ)なので、22曲収録の「Sexy Susan」のサウンドトラックが取り上げられることがあります。 ジャンニ・フェロの「Find a Place to Die(Joe... cercati un posto per morire! )」のサントラに収録されているテーマ曲"Find A Place To Die"をギターの弾き語りで歌っているのはヒロインのリサを演じたパスカル・プティではなく「Sexy Susan」にも出演してコラリー役を演じ「Find A Place To Die」ではファニタを演じた1966年のミス・イタリアのDaniela Giordano(ダニエラ・ジョルダーノ)です。
Screen Music Masterpieces: The Westerns(西部劇サウンドトラック集の試聴はScreen Music Masterpieces: The Western Soundtrack - CD Universe(17番がOne Silver Dollar)
パスカル・プティのレコード・ジャケット画像はItalianSoundtracks.com
※1965年の「Un Dollaro Buccato(荒野の1ドル銀貨)」の監督及び脚本を担当したGiorgio Ferroni(ジョルジオ・フェローニ)はCalvin Jackson Padge(カルヴィン・ジャクソン・パジェット)名義で、主演のGiuliano Gemma(ジュリアーノ・ジェンマ)もGiorgio Ferroni( モンゴメリー・ウッド)名義で出演しています。

☆1972年 Boccaccio(ボッカチオ)
1962年のオムニバス文芸映画「Boccaccio '70(ボッカチオ'70)」とは別もので、イタリアのセクシー女優「Sylva Koscina(シルヴァ・コシナ又はシルバ・コシナ)」も出演しているイタリアのエロティック・コメディです。
パスカル・プティの「ボッカチオ」の写真はBoccaccio - FILM.TV.IT

その他のパスカル・プティの出演作品についてはPascale Petit - DvdToile.com(画像あり)、パスカル・プティ出演作ビデオやパスカル・プティ・グッズなどの検索はPascale Petit Photos and Cards- search.ebay.com

※ソノラマとはフランスで開発された紙のように薄いビニール・レコードのことで日本ではソノシートとも呼ばれて50年代~60年代には良く宣伝や雑誌のおまけについていたものです。 そのご本家フランスのソノラマにパスカル・プティのジャケット画像"Pascale Petit/Un Poem en Hommage À Paul Fort(1958 et 1962)"があったのですが現在はサイトがなくなったようです。


Jean-Paul Belmondo and Pascale Petit
Jean-Paul Belmondo et Pascale Petit dans LA NOVICE (1960) "Peut-être"

パスカル・プティはジャン・ポール・ベルモンドと「危険な曲がり角」の他にも、1957年のGuendalina(芽ばえ)や1960年にCatherine Spaak(カトリーヌ・スパーク)がデビューした「十七歳よさようなら」のAlberto Lattuada(アルベルト・ラトゥアーダ)が監督した日本未公開映画「Lettere di una novizia(La Novice)」で共演しています。