ロール・バウンス Roll Bounce (2005)

投稿日:


Roll Bounce - Full Screen
Roll Bounce - LIL BOW WOW
Lil' Bow Wow as Xavier 'X' in Roll Bounce

If You Love SOUL, You Have to ROLL!
「Roll Bounce(ロール・バウンス)」は2005年にMalcolm D. Lee(マルコム・D・リー)が監督した70年代のローラースケート・ディスコをテーマにしたコメディ映画です。 70年代のR&Bやソウルのヒット曲などのディスコ音楽がふんだんにサウンドトラックに使用されているからローラースケート好きとソウル好きにはたまりません。 ディスコ・ダンスで勝負したトラボルタのサタデー・ナイト・フィーバーのちょっとローラースケート版みたいなところもあり。 そういえば日本では80年代に登場した光GENJIというアイドル・グループがローラースケートで踊ったことから全国の少年たちにローラースケートが流行ったとか。
2002年に「Like Mike(ロスト・キッズ)」に出演した人気ティーンズ・ラッパーのLil' Bow Wow(リル・バウ・ワウ)が主役のローラー・スケーター"Xavier 'X'"を演じます。(Xavierとは宣教師のフランシスコ・ザビエルでも知られるバスク地方がオリジンの言葉で"新居を得た"という意味だとか、素晴らしい、小さい、ギャングなどという意味もあるそうです。 Xavier Cugat!)

70年代の後期のこと、ローラースケートで踊るディスコダンスの熱狂時代にシカゴ南部で地元のローラースケート場(Palisades Gardens)に君臨していたバウ・ワウが演じるXavier 'X'(ザヴィエル又はザヴィアー・エクス)君と仲間はそのローラースケート場が閉鎖されてしまいローラースケートのキングはステイタスを失ってガックリしたものの、涙を振り切って大胆にも都会のSweetwater Roller Rink(スィートウォーター)に繰り出します。 当然そこにはスーパースターのダンサーや可愛い子ちゃんたちの存在があるわけで、ダサイ田舎流スケートを克服し、彼らに勝って取り巻きの可愛い子ちゃんもゲット!と男を賭けたローラーダンスのディスコ・コンテスト(Roller Jam Skate-Off)に勝負に挑みます。 自身たっぷりなザビエルだけど問題は女の子、幼なじみのトーリーちゃんか、都会のナオミちゃんか。 胸から下げた十字架にキッス!

videoトレーラーが観られる「Roll Bounce」のオフィシャルサイトはRoll Bounce Official Site - Fox Searchlight(注!すぐ音)で右のGET DOWN(プルダウン)からMULTI MEDIAをクリックすると予告編やビデオが観られサントラなども視聴出来ます。
「ロール・バウンス」のトレーラーはRoll Bounce Trailer - VideoDetective
アメリカでは2005年、ヨーロッパでは2006年に公開されましたが日本では未公開です。

Lil' Bow Wow(リル・バウ・ワウ)
2000年にチビッコ・ラッパーとしてデビューしたバウワウの名前はハードコアなラッパーのSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が犬の鳴き声からLil Bow Wow(リル・バウ・ワウ)と名付けたそうです。 Bow Wow Wow!
リル・バウ・ワウはなんと5歳からラップをやっているそうで6歳にはスヌープ・ドッグの「Chronic Tour」に出演したとか。

☆バウ・ワウのプロフィールが見られるバウ・ワウのオフィシャルサイトはSonny Music Online Japan : Lil' Bow Wow(試聴やディスコグラフィやビデオも見られます)


Roll Bounce DVD
ページトップのリル・バウ・ワウの画像はアメリカのAmaozn.comで販売されている「Roll Bounce」のRegion 1(英語)DVDです。
こちらは2007年発売のバウ・ワウの「ロール・バウンス」DVDですが現在は入手困難になっています。
Lil Bow wow's Roll Bounceロール・バウンス


Roll Bounce: The Album(2005)
ヒップホップとR&Bファンには必聴!2006年発売のサウンドトラックは音楽がフュージョン界の名ベーシストのStanley Clarke(スタンリー・クラーク)です。 1978年にリリ-スされたセカンド・アルバム「Elegant Chic」に収録されて全米Pop、R & B、Discoの3部門でNo.1を獲得したという超大ヒット曲であるChickのLe Freak、Johnny Guitar Watson(ジョニー・ワトソン)のSuperman Lover(スーパーマン・ラヴァー)やソウル歌手のBill Wither(ビル・ウィザース)のLovely Dayをはじめ、70年代の懐かしいディスコ・ミュージックやオリジナルのカバー・バージョンが沢山収録されています。 話題のBeyonce(ビヨンセ)がカバーしたWishin' On a Starもあります。
Roll BounceRoll Bounce
試聴はRoll Bounce - Amazon.com
※スタンリー・クラークはファンクミュージックの有名なベース奏者で、70年代にはジャズに傾倒しエレクトリック・ベースの名手として名をはせ、90年代からはサントラの作曲も手掛けています。
Stanley Clarke acoustic bass solo - School Days - YouTube

Johnny "Guitar" Watson sings Superman Lover
サントラで「スーパーマン・ラバー」を歌っているJohnny "Guitar" Watson(ジョニー・ギター・ワトソン)は70年代のファンキー・ソウルのミュージシャンです。


The Fast and the Furious: Tokyo Drift
「ロール・バウンス」の後のバウ・ワウは日本では2006年9月16日に公開される"ワイルド・スピード"シリーズの3作目「The Fast and the Furious: Tokyo Drift(ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT)」にその名もマサにTwinkie(ガキ)!の役で出演しています。 日本人キャストとしては今若者に人気のセーラームーンのKeiko Kitagawa(北川景子)や、2003年に「ジョゼと虎と魚たち」や同年に三島由紀夫シリーズの「春の雪」に出演したSatoshi Tsumabuki(妻夫木聡)も出演して東京で撮影されたスピード狂青春映画だそうです。 バウ・ワウはどこ?
video2006年9月16日公開のアクション映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の予告編はThe Fast and the Furious: Tokyo Drift Trailer - VideoDetective
2006年6月にアメリカで公開後Box Office Top 5に入ったほど人気です。 ちなみに2001年のThe Fast and the Furious(ワイルドスピード)にも出演したVin Diesel(ヴィン・ディーゼル)が主演するもっと過激な2009年のFast & Furious(ワイルドスピード4)は公開時にボックスオフィスでナンバーワンになっています。
☆ワイルドスピードX3のオリジナル・サウンドトラックは「The Fast and the Furious: Tokyo Drift」(キルビルにも出演したの60'sサーフ・サウンドであるTHE 5.6.7.8'sのThe BarracudaやTeriyaki BoyzのTokyo DriftやCho Largeや、Lambada風Tabooで知られるレゲトンのDon Omar(ドン・オマール)のConteoなど。 Salte!... サイテー!ではありません!)
Don Omar - Conteo - youTube

☆今世界でも人気、トウキョウドリフト! "I see many many diamonds danglin...と歌われるTeriyaki Boyz(テリヤキボーイズ)のTokyo Drift(東京ドリフト)の歌詞はThe Fast and the Furious: Tokyo Drift by TeriyakiBoyz - Lyrics("Japanese verse"の部分に日本語のラップが入ります。
「ヘイ! らっしゃい、おまちどうさま・・・JAPAN ICHIBAN!」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
(hey!, rasshai, omachido -sama, kenso mamire no kono machi no enso,
Damatta mamade ichdo tsuite oide, Sekai-jyu miryo suru-hodo ni gokana Japan ichiban...)
Tokyo Drift Music Video - YouTube


The Fast and the Furious 6 (2013)
ジャスティン・リンが監督する大人気の「ワイルド・スピード」シリーズの最新作は2011年の「Fast Five(ワイルド・スピード MEGA MAX)」に続き第6作目となる2013年の「The Fast and the Furious 6(ワイルド・スピード6)」でドミニク役でヴィン・ディーゼルが今回も出演します。


Listen70年代のダンス・ミュージックについてはHot'n Coolの記事 Seventies Dance Music


最新ニュース!
ブログ「Casa de NOVA」のlanovaさんから速報が入り、勤務先の高校にバウワウが一日校長として来校したとのこと。 詳細はlanovaさんのブログに写真もたくさん添えて記述されています。 リアルタイムのニュースですから読んで下さい。Dec. 7/Principal Bow Wow - Casa de NOVA in Deep South

Audio-Visual Trivia内の「ロールバウンス」関連の記事
「ロール・バウンス」のサントラでスーパーマン・ラヴァーを歌っているのはJohnny "Guitar" Watson(ジョニー・ギター・ワトソン)
ビヨンセが出演している映画ピンクパンサー