エイプリル・スティーヴンス April Stevens

投稿日:


Sweet & Lovely: The Best of Nino Tempo & April Stevens
Sweet and Lovely: The Best of Nino Tempo & April Stevens
Nino Tempo & April Stevens - Deep Purple (Deep Purple) - Amazon.co.jp (MP3 Download)

The Tempos from Niagara Falls
「ニノ&エイプリル」はニューヨーク州ナイアガラに住むシシリー出身の家庭に生まれた姉弟デュオであるNino Tempo & April Stevensは、50年代から70年代にかけて何曲もチャート入りを果たしているのですが日本では余り知られていません。 後期にはテナーサックスの奏者としても知られる兄のNino Tempo(ニノ・テンポ)と妹のApril Stevens(エイプリル・スティーヴンス)はデュオとして、そして個人としても才能豊かなミュージシャンでスイング(スウィング・ジャズ)やポップスのスタンダード曲をセンチメンタルにカバーしたり、カントリーやR & Bまで幅広いジャンルで活躍してきました。 特に1963年のAtcoレコードからリリースして全米1位に輝いた"Deep Purple(夢のディープ・パープル)"や"Whispering"のヒットで一躍脚光を浴びました。 Deep Purple(ディープ・パープル)は1930年代に活躍したニューヨークの音楽家のPeter de Rose(ピーター・デロース)が1933年にピアノ・ソロとして作曲したのですが、Paul Whiteman(ポール・ホワイトマン)が初めてオーケストラで演奏した曲ですが1939年にMitchell Parish(ミッチェル・パリッシュ)が歌詞を付けてから広く知られるようになり、専属歌手だったBing Crosby(ビング・クロスビー)やSarah Vaughan(サラ・ヴォーン)といったヴォーカリストの他、Dean Martin(ディーン・マーティン)が歌いました。 ビッグバンド演奏ではDuke Ellington(デューク・エリントン)やGlenn Miller(グレン・ミラー)やArtie Shaw(アーティ・ショー)楽団の演奏から、ジャズピアノではArt Tatum(アート・テイタム)、そしてArt Pepper(アート・ペッパー)やChet Baker(チェット・ベイカー)などのジャズ・ミュージシャンの他にも、Cascading Strings(カスケイディング・ストリングス)で有名なイージーリスニング(軽音楽)のMantovani Orchestra(マントヴァーニ楽団)などが取り上げている人気のスタンダード曲です。
ニノ・テンポ & エイプリル・スティーヴンスが1974年にA & M からリリースした"Wake Up And Love Me"も人気がありました。
Nino Tempo & April Stevensの"Deep Purple"が聴けるイギリスのサイトはDeep Purple - Brian's Oldies Fixxx

Nino Tempo
4歳でタレントスカウト番組で優勝したニノ・テンポは7歳にしてテレビでBenny Goodman(ベニー・グッドマン又はベニイ・グッドマン)楽団で歌ったそうです。 ニノ・テンポはグッドマンの影響で楽器は最初クラリネットを学びましたが13歳の時にテナー・サックスに替えたそうです。 歌手活動の他には、子役として映画に出演しており1956年のロックンロール映画「The Girl Can't Help It(女はそれを我慢できない)」に自身の役で出演して自作の"Tempo's tempo"を歌っている他、1958年にテレビシリーズのPeter Gunn(ピーターガン)にも出演したことがあるそうです。 ニノ・テンポのテナーサックス演奏で1990年代のアルバムにはエモーショナルな"This Masquerade"や"Always"などスタンダード・ジャズ全10曲を収録した「Nino Tempo: Tenor Saxophone」や、トランペッターのConte Candoli(コンテ・カンドリ)等とのカルテットで"Deep Purple"も収録したカルフォルニアでのジャム・セッションアルバム「Live at Cicada」があります。

April Stevens
一方、ニノ・テンポ(本名Antonino LoTempio)の妹のCarol LoTempio(カロル・ロテンピオ)は高校生の時にインディーズ(独立レーベル)のLaurel Recordsにスカウトされて、誕生月が四月だったことから本名のイタリア名からApril Stevens(エイプリル・スティーヴンス)というアメリカ風な芸名で"No No No Not That"をリリースしてヒットとなり、兄のニノ・テンポより一足お先に有名になりました。 その後メジャーなRCA Victor Recordsと契約し、1951年にコ-ル・ポーターのリバイバル曲"I'm in Love Again"がトップテン入りを果たしました。 同じくリバイバルソングの"Gimme a Little Kiss, Will Ya Huh?"とその後の"And So to Sleep Again"でチャート入りは終りました。
50年代のセクシー路線曲"Gimme A Little KIss Will Ya,Huh?"と"And So To Sleep Again"を収録した収録したというアルバム「Gimme a Little Kiss」は見つかりませんが"Gimme a Little Kiss, Will Ya Huh?"は「Music of My Life, Vol. 6: Golden Decade, 1951」又は「Golden Decade - Music Of My Life (Vol. 06)」に収録されています。
"Gimme A Little KIss Will Ya,Huh?"の試聴はApril Stevens - "Gimme A Little KIss Will Ya,Huh?" - Amazon.co.uk(試聴なし)

Oh Do It Again I May Cry No No No No No But Do It Again... とMarilyn Monroe(マリリン・モンロー)が朝鮮戦争時代の1954年に歌ったGeorge Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン又はジョージ・ガーシュイン)作曲の思わせぶりな歌"Do It Again(一時Kiss Me Againに変更)"というのがありますが、それに類似した曲で、エイプリル・スティーヴンスが50年代にSocietyレコードからリリースした最初のシングルの"Don't Do It"は放送禁止を喰らったそうです。 ところがこのセクシーな歌はドイツ出身の編曲指揮者であり、1959年までRCA-VictorのディレクターだったHenri Rene(アンリ・レネ)の耳に止まり彼の楽団「Henri Rene & his Orchestra」で歌うことになりました。 エイプリル・スティーヴンスの歌は朝鮮戦争時代(1950 - 1953)に兵士達の間で大いに流行ったそうです。
アンリ・レネ楽団は50年代にアルバム「Miss Kitt, To You by Eartha Kitt」などのプロデュースも兼ねて、C'est Si BonやSanta Babyなどのセクシーな歌でお馴染みのEartha Kitt(アーサー・キット)のバックをShorty Rogers(ショーティー・ロジャース)楽団などと共に勤めていましたが、一番有名なのは1956年のHarry Belafonte(ハリー・ベラフォンテ)のCalypso(カリプソ)のLPリリースです。
April Stevens - Do It Again - Amazon.com (MP3 Download)
April Stevens- -Don't Do It - YouTube

ニノ・テンポとエイプリル・スティーヴンスのオフィシャルサイトはThe Official Nino Tempo and April Stevens Web Site(サイトでピアノ鍵盤のメニューからPHPTOSを選ぶと二人の写真が見られます)


Deep Purple / Sing the Great Songs
ニノ・テンポとエイプリル・スティーヴンスの大ヒット曲の"Deep Purple"が収録されているアルバム
Deep Purple/Sing the Great Songs by Nino Tempo and April StevensDeep Purple/Sing the Great Songs

Carousel Dreams
人気のエイプリル・スティーヴンス単独名義のアルバム
Carousel Dreams by April StevensCarousel Dreams
試聴はCarousel Dreams - CD Universe

All Strung Out
☆White Whaleレーベルからリリースされたニノ・テンポとの1967年のヒットシングルの"All Strung Out"や"I Can't Go On Living"が収録された"Varese Sarabande"の再リリース・アルバムは「All Strung Out」(CD Universe.com)でアルバムタイトル曲の"All Strung Out"が試聴できます。


April Stevens Sings Teach Me Tiger!
私がエイプリル・スティーヴンスを知ったのはあるミスのためです。
ドイツのサイトで見つけた日本製のモンローのアルバムだとされている「Kiss Me Tiger - Marilyn Monroe 1926-1962」にもあるような間違いです。 何人かのモンロー・ファンはモンローの歌う"Teach Me Tiger"が見つからない!と探しているようですが見つかるわけはありません。 そんなものは存在しないのであります。 ついでにお知らせするとマリリン・モンローの歌うSanta Baby(サンタ・ベビー)も存在しません。 それはMadonna(マドンナ)あるいはCynthia Basinet(シンシア・バシネット)の間違いらしいです。(このミスについてはAudio-Visual Trivia内の「クリスマスソング集」)

Teach me tiger how to kiss you.. wah wah wah wah wah...
エイプリル・スティーヴンスが歌ったセクシー路線の1959年のソロ・ヒットで"Teach Me Tiger!"という歌があります。 これはニノ・テンポとエイプリル・スティーヴンスが初期のセクシーなヒット曲"Don't Do It"のノリで兄妹が共作したものでBillboardの100位以内に入りましたが、又しても禁止された曰くつきの歌です。(この兄妹はかなり茶目っ気があるようです)
※Tiger(タイガー)とは動物の虎のことですがマッチョマンや強靭な男を意味するらしくて、彼氏にタイガー!と呼びかけると喉をゴロゴロいわせて喜ぶようです。 Hugh Grant(ヒュー・グラント)が主演したRoman Polanski(ロマン・ポランスキー)が監督した1992年の「Bitter Moon(赤い航路)」でそんなシーンがありました。 女性ならCat(キャット)なんでしょうか。 ちなみに「赤い航路」で音楽を担当したのはギリシャのシンセな即興演奏が知られる音楽家のVangelis(ヴァンゲリス)が作曲した"Bitter Moon Suite(赤い航路のテーマ)が使用された以外にPeggy Lee(ペギー・リー)の"Fever"やCharles Trenet(シャルル・トレネ)の"La Mer"などでした。
☆マリリン・モンローの歌と間違えられるエイプリル・スティーヴンスの"Teach Me Tiger!"の歌詞はApril Stevens - Teach Me Tiger Lyrics - Lyricsmania.com

This is not that Marilyn Monroe, but it's April Stevens!
Listenエイプリル・スティーヴンスのTeach Me Tiger!は1983年にChallenger(チャレンジャー)の宇宙飛行士が目覚まし代わりにこの曲を所望したところNASAが許可したそうです。  ☆下記にに宇宙関連のwfmuラジオのプレイリストがあります。
Playlist for The Eternal Now with Andy Ortmann - April 10, 2006のRealaudioでアルバムUltra-LoungeからTeach Me Tiger!が聴けます。(クリップ・ポジション(再生バー)を1:27:05まで移動)
こちらのプレイリストはワンクリックで聴けるPlaylist for 18 September 2002 | Don't Turn Me In (右端の1:24:34(Real)をクリック)

 

Marilyn Monroe - Do It Again ♪ ♪ ♪
マリリン・モンローの"Do It Again"は歌というより睦言のような曲ですが、歌の最後の可愛いクスクス笑いが聴きたいために購入してしまった私です。 そしてエイプリル・スティーヴンスの"Teach Me Tiger"もこんな笑い声が入っています。 そんなことから、私は"Teach Me Tiger!"を聴いてマリリン・モンローの歌だと思っていたのです。 海外でもそんなには知られていないこの曲についての間違いが指摘されているのを見つけました。 例えば"Marilyn Monroe's 'Teach me tiger'"といったようにソーシャル・ミュージック・プラットフォームのLast.fmでもこの歌をモンローだと思っているようです。
※ちなみに、この"Teach Me Tiger"は1996年にイギリスのキャットフード会社のWhiskasのTVコマーシャルで使用されたそうです。

Teach Me Tiger
エイプリル・スティーヴンスのアルバム
Teach Me Tiger by April StevensTeach Me Tiger
Do It Againも収録されているオリジナルのImperial LP 9118 盤は中古(ヴィンテージのダックスープ)で1万円位の価格ですが滅多に流出しません。
April Stevens: Teach Me Tiger - YouTube
Nino Tempo & April Stevens - Stasera No No No- YouTube

ページトップの画像はNino Tempo and April Stevens(ニノ・テンポとエイプリル・スティーヴンス)のアルバム「Sweet And Lovely」ですがこれにはアルバムのタイトル曲である"Sweet And Lovely"の他にエイプリル・スティーヴンスの"Teach Me Tiger!"も収録されています。 大ヒット曲の"Deep Purple"を始め、The Coldest Night Of The Year、Begin The Beguine、Stardust、Tea For Two、I Love How You Love Me、Why Don't You Do Right?など主に60年代初期の曲が収録されています。
キャンディボックスのようなアルバム「50's Golden Jukebox: Lover's Lane」では、エイプリル・スティーヴンスの"Teach Me Tiger"の他、Les Baxter(レス・バクスター)楽団のTaboo(タブー)、ペギー・リーのフィーヴァー、Julie London(ジュリー・ロンドン)のGo Slowなどが収録されたムードのある選曲です。
試聴は50's Golden Jukebox: Lover's Lane - CD Universe

☆ついでというにはもったいないのですが、CDの「Ultra Lounge」シリーズの異色ともいえるほどお洒落なHenri Rene(アンリ・レネ)が演奏するアルバム「Ultra-Lounge, Vol. 10: A Bachelor in Paris」は素晴らしく素敵です! "I Love Paris"、"April In Paris"、"C'est Si Bon"とパリにちなんだ選曲でスウィングしているアルバムですが、Sidney Bechet(シドニー・ベシェ)が作曲した"Petite Fleur(プティット・フルール)"はレネ風アレンジの素晴らしい小粋な曲で聴き逃せません。
Henri René - Petite Fleur (A Bachelor in Paris) - YouTube


Audio-Visual Trivia内の関連記事
私がエイプリル・スティーヴンスの歌を取り違えたマリリン・モンローの"Do It Again"が試聴出来るMarilyn Monroe
ニノ・テンポが子供時代にテレビ・ショーで一緒に出演したベニー・グッドマンについてはテディ・ウィルソン
エイプリル・スティーヴンスやマリリン・モンローの"Do It Again"を作曲したジョージ・ガーシュインについては巴里のアメリカ人