無ケーカクの命中男 ノックトアップ Knocked Up (2007)

投稿日:


Don't Drink and Do-It!
Knocked Up (2006) by Judd Apatow
Katherine Heigl and Leslie Mann in Knocked Up (2007Knocked Up)
ジャド・アパトウの笑えないコメディ第二弾! 「ノックトアップ」

Judd Apatow
ジャド・アパトウ(ジャド・アパトー)はJim Carrey(ジム・キャリー)関連の映画としては1996年に「The Cable Guy(ケーブル・ガイ)」で制作側に名を連ね、2005年の「Fun with Dick and Jane(ディック&ジェーン 復讐は最高!)」の脚本に関わっています。 その後、日本未公開でしたが2004年に「Bewitched(奥さまは魔女)」のWill Ferrell(ウィル・フェレル)や「Get Smart(ゲット スマート)」のSteve Carell(スティーヴ・カレル)が出演した「Anchorman: The Legend of Ron Burgundy(俺たちニュースキャスター)」では制作、そしてスティーヴ・カレルが主演した2005年の「The 40-Year-Old Virgin(40歳の童貞男)」を監督しましがそれ以降はウィル・フェレルと組んで製作などに関わってきました。
そして今、再びジャド・アパトウが監督、脚本及びプロデュースする美人キャリアウーマンとプー太郎のありえないカップルを描いたR指定コメディ「Knocked Up(ノックトアップ)」が大ヒットしているそうです。 「できちゃった!」とはこれまたすごいタイトルですが、Gynecologic Jokes(産婦人科ネタ)を織り込んで現実的な問題を皮肉の基本姿勢で描いているそうです。 それにしてもいやらしい産婦人科の医師に「お姉さんと同じ。」なんて言われちゃったアリソンも気の毒。 それはさておき、なんたってジャド・アパトウが監督ですからこの映画はただのコメディではなさそうですよ。 「Ghost Rider(ゴーストライダー)」のEva Mendes(エヴァ・メンデス)が自身の役でカメオ出演していますが2012年の「The Place Beyond the Pines(プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)」が期待されます。 日本公開は大幅に遅れて2008年の12月です。
< 超一流コメディ!> 早く診たい!じゃなくて観たい!

Will It Turn From One Night Stand Tragedy To La Vie en rose?
酔っぱらった一夜の火遊びでデキチャッタ!新進ジャーナリストのAlison Scott(アリソン)役にはモデル出身でテレビシリーズの「Roswell(ロズウェル/星の恋人たち)」などに出演していたKatherine Heigl(キャサリン・ハイグル又はヘイグル)が演じます。
このカップルはまさに、美女と野獣! テレビ番組の司会者になれて目下ノリノリ人生を楽しんでいる若い美女が酔った勢いで、何でこんな奴と"Let's Do It!"、そして2ヶ月後に身体に異変が Oh My God!
惨劇転じてハッピーエンドなるかはあの無精髭男の手中にありやなしや!
ヒロインのアリソンが『ああはなりたくない!』と思っている倦怠夫婦の見本である姉のDebbie(デビー)にはジャド・アパトウ夫人のLeslie Mann(レスリー・マン)が演じますが、同じくジャド・アパトウ映画の常連であるIris ApatowとMaude Apatow(ジャド・アパトウの娘たち)がアリソンのおしゃまな姪っ子姉妹を演じています。 デビーの夫のピートにはPaul Rudd(ポール・ラッド)です。 ジャド・アパトウが監督する2012年の「This Is 40」ではアパトウ姉妹とジェイソン・シーゲル共にレスリー・マンとポール・ラッドは夫婦を演じますが、2015年にポール・ラッドは身長が1.5センチというマーベル・ヒーロー「Ant-Man(アントマン)」でスコット・ラングを演じます。(アリ男はアイアンマンを超えるか?アヴェンジャーズに参戦か?) 
まるで縫いぐるみのクマちゃんみたいな風貌の、大人になり切れないBen Stone(ベン)を演じるのが2004年の「俺たちニュースキャスター」や「40歳の童貞男」にも出演したヴァンクーバー出身のSeth Rogen(セス・ローゲン)で目下人気上昇中です。 セス・ローゲンの"セス"という名前は1998年に「City of Angels(シティ・オブ・エンジェル)」でNicolas Cage(ニコラス・ケイジ)が演じた天使の名前ですが、Meg Ryan(メグ・ライアン)が言った「セスって、変わった名前ね。」というセリフを思い出しました。 映画の中では冴えない無責任男の役を演じたセス・ローゲンは若手のコメディ俳優ですが、プロデューサーやエミー賞やMTV Movie Awardsにノミネートされた脚本も手掛けるマルチタレントの映画人でもあり、「ノックトアップ」では出演と製作総指揮も担当しています。 テレビの「Friends(フレンズ)」にも出演していたPaul Rudd(ポール・ラッド)が義兄のPete(ピート)役を演じるなどまさに「40歳の童貞男」の同窓会のようです。 セス・ローゲンの次回出演作品は日本未公開ですがジャド・アパトウがプロデュースするGreg Mottola(グレッグ・モットーラ)監督の2007年のコメディ映画の「Superbad(スーパーバッド 童貞ウォーズ)」で、セス・ローゲンは製作総指揮及び脚本も担当しています。(2007年8月にアメリカで公開) セス・ローゲンの次の作品は本人とジャド・アパトウが原案を書いてDavid Gordon Green(デヴィッド・ゴードン・グリーン)監督の犯罪コメディ映画「Pineapple Express(スモーキング・ハイ)」で脚本を手掛けマリファナ中毒のDale Denton(デイル)役で主演します。(2008年8月にアメリカで公開ですが日本は未公開) 麻薬を買うために売人と会い、いかれたオマワリと麻薬王がつるんだ殺人現場を目撃してパニックに陥ったデイルがレアな麻薬を投げ捨てたことからで足が付くというストーリーなんだそうです。 タイトルの"Pineapple Express"とは新種の大麻なんだとか。 マリファナの密売人をテーマにした映画というと前述のマリファナ用水ギセル(bong)も登場する2001年の「Blow(ブロウ)」があって、Johnny Depp(ジョニー・デップ)が1970年代に実在した麻薬売人のGeorge Jung(ジョージ・ユング)を演じました。 ちなみにマリファナは鎮痛作用があるので医療にも使用されますが、煙草よりタールが多いので肺癌の恐れ大につき使用には要注意だそうです。 アニメでは2007年の「Kung Fu Panda(カンフー・パンダ)」でカマキリの声を担当する他、2008年にはダレダーレの窮地を救う像のホートンの冒険を描いた「Horton Hears a Who!(ホートン ふしぎな世界のダレダーレ)」や妖精をテーマにした冒険ファンタジーの「The Spiderwick Chronicles(スパイダーウィックの謎)」でも声の出演をしています。 こんなセス・ローゲンは再び「寝取られ男のラブ♂バカンス」のNicholas Stoller(ニコラス・ストーラー)が監督して2014年に超話題作となる「Neighbors」で赤ちゃん(娘)と奥さんの平和な生活を脅かすZac Efron(ザック・エフロン)が演じる隣のハチャメチャ大学生たちと戦います。 2016年には食べ物残酷物語的超面白アニメ「Sausage Party」でスーパーで売られていたソーセージのフランク(Sergeant Pepper)の声を担当します。

Knocked Up Synopsis
「ノックトアップ」のあらすじ

以下のストーリーには結末も描かれているのでこれからビデオをご覧になる方は読まない方が楽しめます。
なぜこの曲なのかは全く分りませんがまさか"Hey, baby, I like it rawww..."じゃないでしょうが、Ol' Dirty Bastard(オール・ダーティ・バスタード)の"Shimmy Shimmy Ya"で始まる「ノックトアップ」の冒頭シーンはおバカな若者たちの戦いごっこからジェットコースターまで享楽の限りを尽くした日常を描き出します。 一方や、レスリー・マンが演じる姉一家の屋敷内でプールサイドの離れに住んでいるのはテレビ局に勤務するアリソンです。  コンピュータに携わって怪しいウエブサイトの制作が仕事のベンとルームメイトの総勢5人のばっちい青年どもの一人であるジェイソンはJason Segel(ジェイソン・シーゲル)が演じています。 ジェイソン・シーゲルはポール・ラッドやMila Kunis(ミラ・クニス)らと共に2008年の「Forgetting Sarah Marshall(寝取られ男のラブ♂バカンス」で脚本及びピーター役で主演しているばかりでなく自作の"Dracula's Lament"まで歌っています。
Kickin' Fuckin' Ass
アリソンはめでたくTV局のインタビューの仕事に抜擢され姉のデビーと喜びを分かち合おうと町へ繰り出します。 クラブに入るとそこにあのベンのご一行さまが来ていたのです。 立て混んだカウンターに飲み物を取りにいったアリソンとベンが偶然隣り合わせとなりビールを融通したことから知り合いになります。
Katherine and Seth Dancing at the bar - YouTube
仲間の男に促されたベンはアリソンとデビー姉妹のテーブルにてのこのことやってきます。 ジェイソンはデビーが気に入ったようで「綺麗だね」褒めたところ、アリソンが余計なお世話で「姉は結婚してるのよ。子供が二人もいるの。」と暴露。 そこにまさに子供が水ぼうそうだと電話が入るのです。 「まだここにいるわ。」と言うアリソンを残して姉は家に帰ります。 なにしろ今夜は嬉しいからアリソンは飲む、飲む、飲む。 踊る、踊る、踊る。 相手は誰でもいい! ベンのもしゃもしゃ頭に触って「貴方のカーリーヘアが好きよ。」とまで言ってしまう。 ラッキーなのはベン 「でへへ。」 酔っ払って意気投合しちゃった二人はクラブを出るやいなやアリソンがベンに飛びついてキッス! アリソンの家に戻って即ベッドへ直行! ベンはこんな場合に備えての用意があったが慣れていないから手間取って。。。早く!早く!と急がすアリソンの声でやむなく放棄! さて、翌朝、朝日に照らされた自分の部屋でアリソンはばばっちいケツを見た。 なんてこった! 起こされたベンは「む、俺たち、やっちまったのか。」 朝ご飯をご所望のベンを連れて食堂へ。 ベンはアリソンの名詞をゲット。 まずは大成功。

さて、あの一晩の情事から8週間が経ちました。 タマゴの細胞分裂の映像。 何のタマゴって、アリソンの。 テレビのお仕事中のアリソンに細胞分裂の結果生じる現象が。 おえっ、おえっ。 スタッフの質問は「何食ったの? 流感か?」
家に帰ったアリソンはデビーに相談。 覚えが無いけれど、まさか、あの、くまちゃんと。 慌てた二人は薬局に駆け込み手当たり次第に妊娠検査薬を買い込む。 トイレにこもって全部お試し。 どれもこれも陽性! その男の電話番号は?と聞くデビーにアリソンが答えられるのはベンのばかげたウエブサイトのことだけ。 Fressy of the Starsのサイトはなんと工事中! そこで姉はサイトに書かれたメンバーのメールアドレスからベンにメールを送信する。 "What is your number? I need to speak with you right away." これを受け取ったベンは仲間と大喜び! やったー!(本当にヤッタ) 電話番号にスマイルマークまで添えて即刻返信。 当然のこと、すぐにアリソンから電話で「明日の晩に食事をいかが?」とお誘い。 ベンも仲間も当然期待しているのはアレ。 レストランで会った二人、「なんで貴方に電話したかと言うとね、私が妊娠したからよ。 赤ちゃんの父親は貴方なの。」とアリソンからこう聞いたベンは言葉を失う。 結局二人は翌週に病院に行くことにする。 「9週です。おめでとう!」と医師からおめでたくないお言葉を頂きショックで泣き出すアリソン、戸惑うベン。 結局愛の結晶を受け入れることに決めたアリソン。 そう望むベンともっとお互いを知り合うことにする。 この時レストランで流れる曲はThe Little WilliesのNorah Jones(ノラ・ジョーンズ)が歌う"Love Me"です。 この曲は1956年にMike Stoller(マイク・ストーラー)とJerry Leiber(ジェリー・ライバー)のコンビがElvis Presley(エルヴィス・プレスリー)に書いた曲です。 お手々つないですっかり若夫婦のように歩くアリソンとベンは赤ちゃん用品を見に行ったり、ベビードレスや妊娠ガイドブックを買ったりと親になる準備に余念がありません。 妊娠中の注意事項。 寿司食うな。 麻薬やるな。 トランポリンするな。 エトセトラ、エトセトラ。
もう24週目、つまり6ヶ月が経過しました。 どんどんせり出してくるアリソンのお腹。 そんな折、Bob Marley & The Wailers(ボブ・マーリーとワイラーズ)の"Put It On"をBGMにベンがマリファナを吸ってハイになっていると突然すっごい地震! カルフォルニアだから地震も珍しくないようだが全員が家の外に飛び出す。 警戒中のパトカーが通り過ぎる時、ベンはまだ手にしていたマリファナ用水ギセル(bong)に気付き慌てて割って捨てた。 それからアリソンとベン、そして姉夫婦間にもすったもんだがあり、意気投合したベンとデビーの夫のポールの二人はラスヴェガスに繰り出し羽目を外すがそれも飽いて二人とも家に帰りたくなる。 娘のバースデイ・パーティにやって来たベンは「俺はもうそんな男じゃないんだ。」とアリソンに言う。 確かにベンの顔は映画の冒頭からみるとずっと大人っぽくなっている。 産み月まであと2ヶ月という大きなお腹をかかえてテレビのインタビューの仕事をこなすアリソン、そのスターたちの中にカメオ出演でスティーヴ・カレルやJessica Alba(ジェシカ・アルバ)の顔も見えます。 テレビ局でボスに呼ばれた妊娠8ヶ月のアリソンはクビかと思いきや計らずしてお腹の大きなインタビューアが人気があると判明した模様で、腹のでかさに比例して視聴率も上がったとか。 めでたし、めでたし。 アリソンはラマーズ法へ通ったり、赤ちゃん用品を揃えたり、ベンは部屋の模様替えをするなど着々と出産準備が整っていった。
そして、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!

車でベンが駆けつけるとアリソンはリラックスするために泡風呂の真っ最中。 やっと入院できて、さて分娩。 アリソン自身の大写しにはギョッと度肝を抜かれるがトリック映像だからご安心。(2006年のSF映画「Children of Men(トゥモロー・ワールド)」でクライヴ・オーウェンが産婆をつとめたシーンもたまげたが両方とも当然CG処理) 無事に生まれた赤ちゃんを抱くアリソン。 女児誕生、おめでとう!
アリソンとベンと女の子との幸せ家族生活が流れるエンディング・クレジットはハワード医師として出演もしている歌手のLoudon Wainwright III(ラウドン・ウェインライト)の歌で"Daughter"と"Grey in L.A"

Don't Drink & Do-It, or Possibly Knocked Up
「飲んだら乗るな! 飲んだらやるな!」
結婚する気もなかったのに"デキチャッタ!"なんて若い女性には深刻な問題を取り上げ、その若者カップルの困惑や正しい行動をとろうとする道徳観念や、男と女がそれぞれ相手に期待する生来の矛盾など恋愛について率直に描いているそうです。 それほど露骨でもなさそうですが産婦人科関連のお下品な下ネタは映倫にひっかかりそう。
ちなみにタイトルの"Knocked Up"は「妊娠させる」受け身では、つまり「腹まされた」だそうです。
それでは皆様、くれぐれも飲んだら  Don't Dooo IT!

video「Knocked Up(ノックトアップ)」のオフィシャルサイトではもう予告編が観られないのでKnocked Up Trailer - VideoDetective
Knocked Up Trailer - Moviefone.com
Judd Apatow Interview - YouTube

The dipstick presents high levels of HCG ... Woooow, Knocked Up!
「ノックトアップ」の公開当初アメリカのオフィシャルサイトが存在しましたが現在はフランスの En Cloque Mode d'Emploi le site officielだけになりました。 「En cloque, mode d'emploi」のサイトでentrez dans le siteをクリックすると別窓が立ち上がります。 その時すぐにプログレス・インジケーター(ローディング時の画像)として出てくるシロモノは、ページトップの画像で姉妹が見ているのと同じHome Pregnancy Test Kit(妊娠検査薬)のようです。 1回分が1000円ほどとちょっとお高い検査スティック(もしくはスリップ)は即結果を示してくれるので、基礎体温を計るGynecological Thermometer(婦人体温計)と合わせて良く使用されるそうです。 このリトマス試験紙のような尿検査スティックは赤い丸とかラインが出れば陽性(プラス)で妊娠の可能性大! 結果は人により嬉しかったり悲しかったり!
「ノックトアップ」公開当初のオフィシャルサイトのMUSICをクリックするとサウンドトラックが聴けました。
アメリカでは2007年の6月から公開されてBox Office(興行成績)でも上位(6月当初は第2位)にありました。 「ノックトアップ」の日本での公開は2008年12月だそうです。 2005年の「40歳の童貞男」が翌年2006年に公開されたより遅れて、2008年にジャド・アパトーが制作したミラ・キュニス(ミラ・クーニス)出演のコメディ映画「Forgetting Sarah Marshall(寝取られ男のラブ♂バカンス)」と同時です。
「ノックトアップ」の後は2008年にキャサリン・ハイグルが主演する「27 Dresses(幸せになるための27のドレス)」に期待しましょう! この映画でもキャサリン・ハイグルは飲んでできちゃった!はないですが、飲んでやっちゃっいます。
ちなみにイギリスの「Empire誌」恒例の2007年のSexiest Movie Starでは"Knocked Up"でのキャサリン・ヘイグルが第84位に選ばれているそうです。(いいんだか、悪いんだか)

Let's Do It, Let's Fall in Love
"Knocked Up"の予告編で流れている歌は さて何でしょう?
この曲はサウンドトラックには収録されていませんが、Eartha Kitt(アーサー・キット)が"When the little bluebird, Who has never said a word ...と歌う"Let's Do It (Let's Fall in Love)です。
1928年にCole Porter(コール・ポーター)が作った"Let's Do It"はLouis Armstrong(ルイ・アームストロング)のユーモラスなヴォーカルが知られていますが、セクシーバージョンのアーサー・キットの他にも、The L Word(Lの世界)のサントラではElla Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド)が歌っています。 この他にも"Let's Do It"はBillie Holiday(ビリー・ホリデー)、Dinah Washington(ダイナ・ワシントン)、Peggy Lee(ぺギー・リー)といった女性ジャズ歌手やFrank Sinatra(フランク・シナトラ)などの男性歌手も歌っています。 歌詞にはいくつかのバージョンがありますが、オリジナルの「Chinks do it, Japs do it,」といった差別的かつ不適切な歌詞はchimpanzeesやkangaroos に変えられたそうです。(チンクは中国人でジャップは日本人の蔑称)
思わせぶりな「Do It」とという言葉はMarilyn Monroe(マリリン・モンロー)が朝鮮戦争時代の1954年に歌ったGeorge Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン又はジョージ・ガーシュイン)作曲の「Do It Again」にも使用されています。
モンローの「Do It Again」についてはApril Stevens(エイプリル・スティーヴンス)参照。
予告編で流れるLet's Do It, Let's Fall in Loveはアーサー・キットのアルバム「Purr-Fect: Greatest Hits」に収録されています。

Knocked Up Soundtrack
「Knocked Up」の音楽はJoe Henry(ジョー・ヘンリー)ですが、映画で使用されている曲目にはボブ・マーリーの子供であるレゲエのDamian Marley(ダミアン・マーリィ)、「キルビル2」のサントラでは2004年に麻薬の過剰摂取で急死したOl' Dirty Bastard(オール・ダーティー・バスタード)もメンバーだったヒップホップ集団のWu-Tang Clan(ウータン・クラン)の"Black Mamba"を歌った、ニューウェーブのB-52's(ビー・フィフティートゥーズ)、そしてイギリスで注目のLily Allen(リリー・アレン)などのアーティストたちの音楽が使用されているそうです。
シンガーソングライターのジョー・ヘンリーは2002年に"King of Rock and Soul"と呼ばれたSolomon Burke(ソロモン・バーク)がグラミー賞を受賞したアルバム「Don't Give Up on Me」をプロデュースしたことでも知られています。(魅惑のテナーサックス奏者と呼ばれたサム・テイラーが吹き込みに参加したこともあるとか) 2006年の「The Devil Wears Prada(プラダを着た悪魔)」でMadonna(マドンナ)の曲作りにソロモン・バークも参加したそうですが"Jump"はサントラには収録されませんでした。
Damian Marley - All Night
Shimmy Shimmy Ya" By The Wu-Tang Clan
The B-52's Rock Lobster
Lily Allen - Smile

Loudon Wainwright III
2007年5月に発売された「Knocked Up」のサントラは普通とはちょっと違っています。 通常サウンドトラックCDは映画に関連した画像のCDカバーなのですが、エリートミュージシャンのLoudon Wainwright III(ラウドン・ウェインライト)の1998年のポップスとクラシックの融合音楽といわれるデビューアルバムがジャド・アパトウ監督ご指定の"Knocked Up"サントラなんだそうです。 これが通には意外と人気なのです。 へえ~! 映画で使用されたラウドン・ウェインライトの自作自演の"Daughter"、"Grey in LA"、"Feel So Good"、"So Much To Do"、"X or Y"や"Passion Play"などが収録されているアルバムです。
Strange Weirdos: Music from and Inspired by the Film Knocked Up
knockedCd.jpg
試聴はStrange Weirdos: Music from and Inspired by the Film Knocked Up - Amazon.com

Knocked Up DVD
2008年に邦題が「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」として2008年12月に映画か公開されるので、DVDが2009年2月6日に発売されますが日本のDVDカバーはSeth Rogen(セス・ローゲン)のようです。
無ケーカクの命中男/ノックトアップ
Knocked Up DVD
Seth Rogen as Ben Stone
日本では「Knocked Up」の輸入版のDVDがオークションなどで7000円から9000円で入手できることもありますが、無理に購入することはありません。 そのうちテレビの洋画劇場などで放映されるかもしれません。
そんなこんなのセス・ローゲンがTV番組のプロデューサー役で出演するのはEvan Goldberg(エヴァン・ゴールドバーグ)が監督する2014年12月公開の「The Interview(ザ・インタビュー)」がお笑いでは済まず映画会社(ソニーピクチャーズ)のウエブサイトや社員の身にまで北の支持者団体からのサイバー攻撃やらテロ通告まで、「無知なカウボーイを信じるな!宣戦布告!」 FBIも絡んで政治的に大問題となりソニーピクチャーはことの重大さを考慮して映画の劇場公開を中止するはもとより今後のDVDも販売しないと宣言したものの、大統領をはじめ映画界のセレブも批判的で一部の小規模な映画館での上映やネット配信が確定したもよう。 ところが内部情報がハッキングされたソニー・ピクチャーの事件は北とは無関係の内部犯行説が浮上、で、さらにアメリカは大騒ぎ! 最高指導者を演じたランドール・パークさんも監督に名を連ねているセス・ローゲンもまさかこんな騒ぎになるとは!と思ってるでしょう。