ジュリー・ロンドン Cry Me A River by Julie London

ハスキー・ボイスの美人歌手で知られるジュリー・ロンドンの「クライ・ミー・ア・リバー」は1955年の大ヒット曲です。

サラ・ヴォーン Sarah Vaughan

テンダリーやミスティなど良く知られた曲だけでなく、1940年代からずっと活躍してきたサラ・ヴォーンは低音とビブラートが素晴らしい偉大な女性ジャズ・ボーカリストの一人です。

アール・フッカー Earl Hooker

50年代~60年代の戦後のシカゴ・ブルース・シーンではロバート・ナイトホーク譲りのアール・フッカーのスライド・ギターのテクニックが多くのブルースマン達に絶賛されました。

ディジー・ガレスピー Dizzy Gillespie

折れ曲がったトランペットで独特の吹き方をするディジー・ガレスピーはBe-Bopの誕生に参加しています。 ガレスピー作曲のバークス・ワークスはジャズのスタンダードになっています。

デューク・エリントン Duke Ellington

ジャズの巨匠の一人であるピアニストのデューク・エリントンが演奏する”Blue, Too – The Shepherd”という曲は情報が少ないうえに、なぜかこの曲が入っているアルバムも数枚しか見つかりません。

私は死にたくない! I Want to Live! (1958)

処刑されるまで無罪を主張したある女性死刑囚の実話を元にした映画です。スーザン・ヘイワードが主演してアカデミー主演女優賞受賞などを受賞しました。ジェリー・マリガンのバリトンサックスが素晴らしいテーマ音楽です。

エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

1956年はロックンローラー「エルビス・プレスリー」にとって特別な年です。ローカルヒットから全国ネットに代わったのです。そしてグローバルヒットへ。

チャールズ・ブロンソン レッド・サン Soleil Rouge (1971)

テレンス・ヤングが監督した日米仏の大スターを配した超異色西部劇で、世界の三船がガンマンと対決します。 Hummmmm…Mandam!

黄金の腕 The Man with the Golden Arm (1955)

オットー・プレミンジャー監督の麻薬犯罪を扱った問題作品です。フランク・シナトラが演じるヤク中のフランキーの麻薬禁断症状の演技が見ごたえあります。

ワイノニー・ハリス Wynonie Harris

日本ではあまり知られていませんが、リズム&ブルースのパイオニアと云われるワイノニー・ハリスはエルヴィス・プレスリーが青春時代に聴いたジャンプブルース・シンガーの一人です。

ブッカー・T Booker T. & the MG’s

グリーン・オニオンズはBOOKER T. & THE M.G.’sの1962年の大ヒット曲で映画のサントラにもよく使用されます。

ロイ・エルドリッジ Roy Eldridge

ロイ・エルドリッジはジャズがスウィングからバップへ移行する時代の重要なトランペッット奏者で、ルイ・アームストロングとディジー・ガレスピーの中間といえます。