オルセン姉妹 ひとりっ娘2 It Takes Two (1995)

It Takes Two (1995) VHS Warner Studios (ASIN: 6303998046)
Olsens' It Takes Two VHS
Mary-Kate Olsen and Ashley Olsen
ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう)
Mary-Kate and Ashley Olsen – Identical Twins – YouTube

1995年の「ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう)」に出演するのは幼少時代からテレビに出演してきた双子の女優のMary Kate Olsen(メアリー・ケイト・オルセン)と金髪のAshley Olsen(アシュレイ・オルセン又はアシュリー・オルセン)です。 生後6か月でデビューして以来、TV海外ドラマシリーズ「Full House(フルハウス)」で交互にMichelle(ミシェル)役を演じていましたが、「ひとりっ娘2」の中でも離れ離れになった双子を演じます。

The Olsen Twins’ It Takes Two
It Takes Two Trailer – VideoDetective
オルセン姉妹の「ひとりっ娘2」のメイキング・ビデオ
It takes two – behind the scenes – YouTube

It Takes Two VHS
ページトップの画像はオルセン姉妹の「ひとりっ娘2」の英語版のVHSビデオですが、輸入版以外には吹き替え版のVHSだけで、残念ながらDVDは今のところ発売されていません。
まなかな姉妹(茉奈・佳奈の三倉姉妹)がオルセン姉妹の声を担当する吹き替えのVHSビデオとしては「ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう」(吹替版VHS ASIN: B00005GBYB)や「ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう)」(字幕版VHS ASIN: B00005GBQ5)があります。 アメリカのAmazon.comには”Region 1”ですが2009年販売のDVD(ASIN: B002JUFPUY)があります。

1995年の日本未公開映画「ひとりっ娘2」は、ドイツの作家であるErich Kastner(エーリヒ・ケストナー)のCharlie & Louise -Das doppelte Lottchen(ふたりのロッテ(二重のロッテという意味)をAndy Tennant(アンディ・テナント)監督が映画化したコメディです。
※作家「エーリヒ・ケストナー」についてはミステリー・推理小説データベースのAga-Search.com内のナチスに抵抗し続けた不撓不屈の作家 エーリヒ・ケストナー
「ふたりのロッテ」については児童文学書評(左の索引で”ふ1”)
Charlie & Louiseのドイツ語タイトル「Das doppelte Lottchen」のdoppelt(ダブル)については語学エッセイ(31):「ダブル」と doppelt

It Takes Two Soundtrack
「ひとりっ娘2」のDVDがないようにサウンドトラックもありません。
映画の音楽を担当したのはRay FooteとSherman Footeだそうですが、映画で使用された曲には、Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)とKim Weston(キム・ウェストン)のデュエット・バージョンで”It Takes Two”をはじめ、ロックンロールのLittle Richard(リトル・リチャード)の”Tutti Frutti”やファンキーなJames Brown(ジェームス・ブラウン)の”I Feel Good”などが使用されています。
♪ Marvin Gaye & Kim Weston – It Takes Two

エーリヒ・ケストナーの「ふたりのロッテ」の映画化は、1961年にDavid Swift(デイヴィッド・スウィフト)が監督しHayley Mills(ヘイリー・ミルズ)が一人で双子役を演じた「The Parent Trap(罠にかかったパパとママ)」があります。 映画で双子のヘイリー・ミルズがデュエットで歌った”Let’s Get Together”がビルボードにチャートンして日本でも大ヒットしました。 この5年後に十代アイドルは成人して「The Family Way(ふたりだけの窓)」ではタオルを前に当てていますがバックヌードも見せました。
Hayley Mills – Let’s Get Together in The Parent Trap – YouTube
この他にも1993年にはドイツのJoseph Vilsmaier(ヨゼフ・フィルスマイヤー)監督の「Charlie & Louise- Das doppelte Lottchen」(シャーリーとルイーズ 二人のロッテ)があります。 又ハリウッドでは「What Women Want(ハート・オブ・ウーマン)」のNancy Meyers(ナンシー・マイヤーズ)が1998年に監督しLindsay Lohan(リンジー又はリンゼイ・ローハン)が双子役でデビューしたDennis Quaid(デニス・クエイド)主演のディズニー映画「The Parent Trap( ファミリー・ゲーム/双子の天使)」というのもありました。 「ファミリー・ゲーム」では英国の令嬢アニーとLeonardo DiCaprio(レオナルド・ディカプリオ)が好きな田舎のハリーが登場する楽しい映画ですが、パパがママと結婚式で飲んだワインを全部買い占めたという辺りからウルウルします。 アニーの母親としてNatasha Richardson(ナターシャ・リチャードソン)が出演しています。 実生活ではナターシャ・リチャードソンはVanessa Redgrave(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)と監督のTony Richardson(トニー・リチャードソン)の娘でLiam Neeson(リーアム・ニーソン)の妻でもありますが、スキー事故で2009年に亡くなりました。
※「ロジャー・ラビット」や「ポーラー・エクスプレス」や「愛さずにはいられない」などの映画のサントラも手掛けているAlan Silvestri(アラン・シルヴェストリ)がいつもとはちょっと”変わった”ジャズ調の曲も作曲した「ファミリー・ゲーム」のサウンドトラックは「The Parent Trap (1998 Film Score)」ですが、映画の冒頭で流れたNat “King” Cole(ナット・キング・コール)のL-O-V-E(ラヴ)の他、エルマー・バーンスタインのGreat Escape、レイ・チャールスのMarchEv’ry Time We Say Goodbye、Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット)のI Love You For Sentimental Reasonsなどはサントラに収録されていません。
そしてなんと!日本でも「二人のロッテ」が映画化されていたのです。 当時14歳の美空ひばりがヒバリとスミレの二役を演じた1951年の大映映画「ひばりの子守唄」です。
* 日本でも劇団四季のファミリーミュージカルで浅利慶太演出「ふたりのロッテ」が1971年から何度も上演されています。

The Olsens sing Mom’s Song
You’re funny and you’re smart.
If we could we’d elect you president of the mothers.
オルセン姉妹のお勧めはこれ!
ママは可愛くてウルウル、お子ちゃまには英語の練習!
I Am the Cute One - CD by The OlsensI Am the Cute One
Olsens’ Mom’s Song – YouTube

2004年現在、17歳になったOlsen Sisters(オルセン姉妹)はファッションリーダーとしてハリウッドで最も影響力のある女性100人のなかに入っているそうです。 オルセン姉妹ブランドは日本でもWallmartと提携している西友から発売されるそうです。(追記 残念ながら短期間で撤退して現在は存在しません)

New York Minute
昨今人気の”あひる口(アヒルグチ)”の代表的なオルセン姉妹もお年頃になりました。 そのオルセン姉妹はNHK教育でも放映された2001年からのテレビシリーズの「So Little Time(ふたりはお年ごろ)」に出演し、その後のコメディ映画は「New York Minute(ニューヨーク・ミニット)」でした。
「ニューヨーク・ミニット」の予告編はNew York Minute Trailer – YouTube

2005年の「ニューヨーク・ミニット」日本語字幕版です。
New York Minute - Olsensニューヨーク・ミニット 特別版
※ オルセン姉妹のカバー画像が可愛いビデオには1998年版の「You’re Invited to Ballet Party」(ASIN: 6303568106)や「You’re Invited to Mary-Kate & Ashley’s Birthday」(ASIN: 1568327625)などの輸入VHSがあるそうです。

2005年発売の「フルハウス」4枚組みDVD
Full House with Mary-Kate Olsen and Ashley Olsenフルハウス -ファースト・シーズン- コレクターズ・ボックス

日本語吹き替え字幕版や「フルハウス〈セカンド・シーズン〉コレクターズ・ボックス」あるいは2006年12月に新発売の「フルハウス〈フォース・シーズン〉コレクターズ・ボックス」などがあります。
Cute Michelle Full House – YouTube

☆余談ですが英語の諺の「It takes two to tango」の意味は「責任は両者にある」だそうです。 「It takes two」だけなら?・・・う~ん、「一人じゃだめ」、又は「二人必要」でしょうか?
“Two To Tango”ならぬ「Three to Tango(スリー・トゥ・タンゴ)」という映画が1999年にありました。 クライアントの仕事を得るためゲイのふりをする建築家をMatthew Perry(マシュー・ペリー)が演じた三角関係コメディです。

現在はそろそろお年頃を通り越しそうなオルセン姉妹ですが、姉のメアリー・ケイト・オルセン(金髪)は2007年に生まれて初めて単独でTVドラマシリーズ「「Weeds(ママの秘密)」の8 episodesに出演したそうです。(Foxlifeで視聴可) それにしてもメアリー・ケイト・オルセンが2008年に急死したHeath Ledger(ヒース・レジャー)の薬物に関係しているかどうかが取り沙汰されたなんて驚きです。 交際の広いメアリー・ケイト・オルセンがなんと今度はヒップホップのKanye West(カニエ・ウェスト)と交際中とか。 それにそれに、3歳年下のオルセン姉妹の妹のElizabeth Olsen(エリザベス・オルセン)が2011年から映画デビューし、2015年には「Avengers: Age of Ultron(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)」でWanda Maximoff / Scarlet Witch(ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ)を演じています。

Audio-Visual Trivia内でアンディ・テナント監督で1997年にマシュー・ペリーが主演した映画は「愛さずにはいられない