ヒッチ・ハイカー The Hitch-Hiker (1953)

フィルム・ノワールのファム・ファタールを演じた美人女優のアイダ・ルピノが監督として手掛けたノワール映画の第一作目の作品として有名です。

ロベール・オッセン Robert Hossein

1950年代や1960年代のフランス映画でギャング役で有名な俳優ですが、父である音楽家のアンドレ・オッセンと組んで何本もの映画を監督しました。

エドゥアール・モリナロ Edouard Molinaro

1950年代後期にフィルム・ノワールの「絶体絶命」や「殺られる」や「彼奴(を殺せ」などを監督したのにヌーベルバーグの巨匠と呼ばれそこなったフランス映画の巨匠のエドゥアール・モリナロは後にロマンス映画やびコメディなどのお洒落なハリウッド映画にも挑戦しました。

ジョーン・クロフォード Joan Crawford in Mildred Pierce (1945)

「何がジェーンに起ったか?」で車椅子生活の姉を演じたジョーン・クロフォードはハリウッドでは超大物女優で、数え切れないほどの映画に出演しました。そのクロフォードがオスカーを受賞したのが「ミルドレッド・ピアース」です。

ロマン・ポランスキー チャイナタウン Chinatown (1974)

ロマン・ポランスキー監督が自ら最高の作品と称するフィルムノワール調のミステリー映画です。「ボニーとクライド」のフェイ・ダナウエイがレトロなファム・ファタルらしき謎の未亡人を演じてジャック・ニコルソンの私立探偵と絡みます。

フランソワ・トリュフォー Francois Truffaut

ヌーヴェルバーグのフランソワ・トリュフォーはクラシックでミステリアスでロマンティックなフランス映画の監督及び脚本家です。多くの作品は自身の自伝のようです。

青いドレスの女 Devil In A Blue Dress (1995)

デンゼル・ワシントンがハードボイルドな私立探偵を演じるサスペンス映画にフラッシュダンスのジェニファー・ビールスが謎の青いドレスの女として華を添えます。

脱出 To Have and Have Not (1945)

ボギーのあの口笛の吹き方を知っていますか? ローレン・バコールがそれを教えてくれる映画、「脱出」はハンフリー・ ボガートとローレン・バコールの恋が芽生えて結婚に至った映画です。

陽のあたる場所 A Place In The Sun (1951)

「青年よ、大志を抱け」とはクラーク博士の言葉ですが、あまり野心を抱き過ぎると身の破滅を招きます。 上流階級の令嬢に恋をしたばかりに身を滅ぼした若者の哀れな結末と当時の病んだアメリカ社会の問題を描いたジョージ・スティーヴンス監督のアカデミー受賞映画です。

歌う大捜査線 The Singing Detective (2003)

ロバート・ダウニー・ジュニアが演じる「ダン」はどういうわけか顔が皮膚病になった小説家なのです。 その小説のように、探偵を地でいってしまいます。 しかし歌いながら捜査をしたり、病院のベッドにいたりと、どれが現実か虚構か分からなくなってきます。

私立探偵マイク・ハマー Mickey Spillane’s Mike Hammer

50年代〜60年代にかけてテレビではピーターガンなどの私立探偵ものが大流行りしましたが、「私立探偵マイク・ハマー」もご同様にハードボイルドなミステリです。

死刑台のエレベーター Ascenseur pour l’echafaud (1957)

巨匠ルイ・マル監督の長編劇映画デビュー作品であり、又最高傑作でもあります。 特にモダンジャズの取り入れた方がマサにヌーヴェル・ヴァーグです。

ロベール・ブレッソン スリ Pickpocket (1960)

ロベール・ブレッソン監督のスリの手口を披露するサスペンス映画ですが、孤独な一人の男の人間ドラマでもあります。

ピーター・ガン Peter Gunn (1958)

Peter Gunn ”ピーターガン”は50年代後期にアメリカのテレビで放映された探偵シリーズのさきがけで、日本でも昭和36年に放映されました。

シン・シティ Sin City (2005)

Sin City アメコミ作家フランク・ミラー原作の同名劇画をミラー自身がロバート・ロドリゲスと共同監督で、映画化しました。

アルフレッド・ヒッチコック めまい Vertigo (1958)

アルフレッド・ヒッチコック監督の名作中の名作、高所恐怖症をテーマにした心理サスペンスでは謎の女が二度死にます。

リタ・ヘイワース ギルダ Rita Hayworth in Gilda (1946)

黒い長手袋のストリップ・シーンで有名な 「ギルダ」はチャールズ・ヴィダー監督のフィルム・ノワールで妖艶なリタ・ヘイワースがファム・ファタルを演じます。

私は死にたくない! I Want to Live! (1958)

処刑されるまで無罪を主張したある女性死刑囚の実話を元にした映画です。スーザン・ヘイワードが主演してアカデミー主演女優賞受賞などを受賞しました。ジェリー・マリガンのバリトンサックスが素晴らしいテーマ音楽です。