アンドリュース・シスターズ  The Andrews Sisters

アンドリュース・シスターズは戦時中から活躍した4人姉妹のコーラス・グループで元気をくれる歌をたくさんヒットさせました。

サミー・デイヴィス・ジュニア Sammy Davis Jr.

タップダンスに歌に物真似と芸達者だったエンターテイナーでフランク・シナトラの一家に参加した後にも映画に出演しています。 素敵!といわれるタイプではありませんがその芸の素晴らしさには感嘆の声しきりです。 うおー!、ほぉー!へぇー!

ローズマリー・クルーニー Rosemary Clooney

戦後復興期に元気な歌声で景気をつけた歌手は、終戦直後にブギウギで浮かれた笠置シヅ子以外には「家へおいでよ、わたしのお家へ、あなたにあげましょ、キャンデェー!」と歌ったローズマリー・クルーニでしょう。軽いポップスで売り出されましたが本来ジャズ歌手として素晴らしいアーティストなのです。

デルタ・リズム・ボーイズ Delta Rhythm Boys

綺麗なハーモニーで愉快な骸骨の歌「ドライボーンズ」を歌ったドゥー・ワップ・グループです。 ネックボンコネクテッダ、ヘッドボーン!

サム・テイラー Sam The Man Taylor

テナーサックス奏者といってもロリンズやコルトレーンだけではありません。日本で広く親しまれて人気を博したテナーマンは何といってもムード歌謡の王様「サム・テイラー」です。 Play it, Sam!

ジョージア・ギブス Georgia Gibbs

激しく燃えゆる<火の接吻>のごとく小柄ながらも激しく歌った白人歌手です。特徴は黒人のR & B歌手のあけすけな歌詞を白人社会向けにやんわりと変えたカバー・バージョンが何度もヒットチャートのトップを飾ったことです。

エイプリル・スティーヴンス April Stevens

マリリン・モンローかと思うほどセクシーな歌声のエイプリル・スティーヴンスは兄のニノ・テンポとデュオでスタンダードの名曲を沢山リリースしています。耳元で囁くようなTeach Me Tigerをぜひ聴いて下さい。

ボビー・ダーリン Bobby Darin

30代にして心臓病で亡くなった伝説のエンターテイナーであるボビー・ダーリンは短い生涯を波乱万丈に生きました。フランク・シナトラ流に指パッチンでラスヴェガスの観客を魅了したマルチタレント歌手です。

歌う大捜査線 The Singing Detective (2003)

ロバート・ダウニー・ジュニアが演じる「ダン」はどういうわけか顔が皮膚病になった小説家なのです。 その小説のように、探偵を地でいってしまいます。 しかし歌いながら捜査をしたり、病院のベッドにいたりと、どれが現実か虚構か分からなくなってきます。

ジーン・ピットニー Gene Pitney

ジーン・ピットニーは60年代の大ヒット曲である「非情の町」、「リバティ・バランスを射った男」そして「ルイジアナ・ママ」で知られているアイドル歌手でした。

リッキー・マーティン Livin’ La Vida Loca by Ricky Martin

ラテン系ポップス歌手のリッキー・マーティンがシングルデビューして、1999年のアメリカのヒットチャートでトップに踊り出ました。

アーサー・キット Eartha Kitt

子猫とあだ名がついたアーサー・キットが歌った”セ・シ・ボン”は発表当時の1958年には放送禁止になったほどセクシーな曲です。

イーディ・ゴーメ Eydie Gorme

イーディ・ゴーメはスティーヴ・ローレンスとのオシドリ夫婦歌手として有名ですがラテン部門でも活躍しました。63年の大ヒット曲「恋はボサノヴァ」や「ギフト」は日本でも良く知られています。

ドリス・デイ Doris Day

ドリス・デイは1944年のミリオン・セラー「センチメンタルジャーニー」に続いて1949年の「アゲイン」、そして1956年の「ケセラセラ」など数多くのヒット曲があります。

ライチャス・ブラザーズ Unchained Melody by The Righteous Brothers

50年代に人気があったライチャス・ブラザースのアンチェインド・メロディーはデミ・ムーア主演の映画「ゴースト ニューヨークの幻」で使用されて再ヒットしました.

ジュリー・ロンドン Cry Me A River by Julie London

ハスキー・ボイスの美人歌手で知られるジュリー・ロンドンの「クライ・ミー・ア・リバー」は1955年の大ヒット曲です。