アンドリュース・シスターズ  The Andrews Sisters

アンドリュース・シスターズは戦時中から活躍した4人姉妹のコーラス・グループで元気をくれる歌をたくさんヒットさせました。

ハッシャバイ Hush A Bye – The Jazz Singer (1952)

“Hush A Bye, Hush-A-Bye, Hushabye”と類似したタイトルがあったりスペリングがちょっと違ったりで見つけにくいですが、美しいメロディにのせて歌われた” る、る、ら、るるー、はっしゃばい、おやすみ よいこよ”というジャズ曲が今から半世紀も前に流行りました。

虹の都へ Temptation from Going Hollywood (1933)

多くのミュージシャンが歌い演奏してジャズのスタンダードともなっている”Temptation”は1933年のミュージカル映画のために書かれた1曲でビング・クロスビーが歌いました。

ホワイト・クリスマス White Christmas (1954)

ビング・クロスビーとローズマリー・クルーニーがデュエットで歌うホワイト・クリスマスがクリスマス・ソングの定番になった40年代のミュージカル映画です。