アンドリュース・シスターズ  The Andrews Sisters

アンドリュース・シスターズは戦時中から活躍した4人姉妹のコーラス・グループで元気をくれる歌をたくさんヒットさせました。

ジョニー・ホートン Johnny Horton

西部開拓史などにまつわる英雄を称えたバラード曲が1950年代中頃に流行しましたが、そのなかでも人気だったのがカントリー歌手のジョニー・ホートンが歌った”ニュー・オーリンズの戦い”や”アラスカ魂”で日本のヒットパレードでも上位に輝きました。

テキーラ Tequila by The Champs

テキーラ!といえばチャンプス。チャンプスのアルバムにはテキーラに加えて50年代と60年代のヒット曲が網羅されています。 フィフティーズよ、永遠なれ! テキーラよ、永遠なれ!

ローズマリー・クルーニー Rosemary Clooney

戦後復興期に元気な歌声で景気をつけた歌手は、終戦直後にブギウギで浮かれた笠置シヅ子以外には「家へおいでよ、わたしのお家へ、あなたにあげましょ、キャンデェー!」と歌ったローズマリー・クルーニでしょう。軽いポップスで売り出されましたが本来ジャズ歌手として素晴らしいアーティストなのです。

ワンダ・ジャクソン Wanda Jackson

1950年代、ロカビリー旋風が巻き起こった時代に唯一の女性ロカビリアンとして活躍したカントリー歌手です。美しい顔に似合わないほどのダミ声は男性ロカビリアンたちの中にあっても決して引けをとることはありませんでした。ワンダ・ジャクソン歌は日本でもフジヤマママが大流行しました。

ジーン・ヴィンセント Gene Vincent

ロカビリーに始まりロカビリーに終わった屈指のロカビリアン、ロカビリー魂の権化! ビ・バップ・ア・ルーラ!

サム・クック Sam Cooke

2度と現れないであろうと思われるほどの美貌の持ち主で、1960年代の短い音楽活動期間にソウルからポップスまで多くのヒット曲を放ったシンガー・ソングライターです。

リトル・リチャード Little Richard

立ち弾きピアノが特異な変り種のロカビリアンのリトル・リチャードは炎のロックン・ローラーか?神聖なる牧師さまか?諸刃の刃が脳天を突き抜けるシャウトとゴスペルをジャグリング。

ザ・クリスマス・ソング The Christmas Song

たくさんあるクリスマス音楽の中でも特に大人に人気がある曲はしっとりと聞かせるその名も”ザ・クリスマス・ソング”です。メル・トーメとボブ・ウェルズが共同で作ったクリスマスの名曲で、ナット・キング・コールを初め、ビング・クロスビーやフランク・シナトラだけでなく女性ヴォーカリスにも人気があります。

コースターズ The Coasters

1950年代と1960年代に大変人気があった黒人ヴォーカル・グループですが、普通のドゥ・ワップやR & Bの歌だけじゃありません。踊りやコントがやかましくも面白いコミック・グループなのです。ビービー!バーバー!ブーブーブー!

火の玉ロック! Great Balls of Fire! (1989)

中年サラリーマンやアメリカ大統領まで演じるデニス・クエイドがロッカーだってご存知ですか? 伝説のロッカーで突飛なパーフォーマンスで知られるジェリー・リー・ルイスの伝記映画ではデニス・クエイドの火の玉ロックが観られます。

エディ・コクラン Eddie Cochran

たった3年の音楽活動なのに永遠のロックンローラーとして人気の高かったシンガーソングライターは本国より人気のあったイギリスでその短い生涯を閉じました。

ボビー・ダーリン Bobby Darin

30代にして心臓病で亡くなった伝説のエンターテイナーであるボビー・ダーリンは短い生涯を波乱万丈に生きました。フランク・シナトラ流に指パッチンでラスヴェガスの観客を魅了したマルチタレント歌手です。

50年代と60年代のオールディーズとロックンロール Rock’n’Roll

ジョージ・ルーカス監督の映画「アメリカングラフィティ」は’50sのヒットパレードのようにオールディズがいっぱいです。 ビル・ヘイリー&コメッツのロック・アラウンド・ザ・クロックで始まる「アメリカングラフィティ」のサウンドトラックの紹介です。

ジーン・ピットニー Gene Pitney

ジーン・ピットニーは60年代の大ヒット曲である「非情の町」、「リバティ・バランスを射った男」そして「ルイジアナ・ママ」で知られているアイドル歌手でした。

ブルー・ベルベット Blue Velvet (1986)

映画の公開から20年経った今でさえセンセーショナルなデイヴィッド・リンチ監督の狂気と倒錯のミステリーです。

非情の町 Town Without Pity (1961)

いったい誰にとって非情の町なのか? レイプ事件をめぐる法廷劇を通して法は正義か否やを問う社会派の問題作品です。

アメリカン・グラフィティ American Graffiti (1973)

50年代と60年代のアメリカでの若者文化が盛り沢山で、クラシックカーのホットロッドやロックンロールの数々が古き良きアメリカへタイムスリップさせてくれる映画です。

アーサー・キット Eartha Kitt

子猫とあだ名がついたアーサー・キットが歌った”セ・シ・ボン”は発表当時の1958年には放送禁止になったほどセクシーな曲です。

ママス・アンド・パパス The Mamas and The Papas

アメリカのフォークロック・グループである「ママス&パパス」の夢のカリフォルニアは60年代を代表するヒット曲の一つです。