ミケランジェロ・アントニオーニ Michelangelo Antonioni

日本では「太陽はひとりぼっち」が大ヒットしたミケランジェロ・アントニオーニが監督する映画のテーマは愛の不毛と疎外感と欲望がテーマだそうです。予備知識なしでも深い感銘を受ける名画の数々はヴィットリオ・デ・シーカ、ルキノ・ヴィスコンティ、フェデリコ・フェリーニなどと並びイタリア映画の巨匠と呼ばれています。

イヴェット・ミミュー Yvette Mimieux

1960年代には可憐でセクシーだったのに1970年代には逞しくセクシーに変貌したハリウッド女優です。可愛いだけじゃ駄目、純情可憐なイメージを押し付けないでと自ら脱皮を図った類をみない多才な女性です。

ボーン・アイデンティティー The Bourne Identity (2002)

スリラー作家のロバート・ラドラムが発表したベストセラー小説三部作から第一弾が映画化されました。記憶を失ったCIA工作員のジェイソン・ボーンがなぜか分らぬまま襲撃され続けながらも、必死にアイデンティティーを捜し求めるアクション映画です。

ロマン・ポランスキー チャイナタウン Chinatown (1974)

ロマン・ポランスキー監督が自ら最高の作品と称するフィルムノワール調のミステリー映画です。「ボニーとクライド」のフェイ・ダナウエイがレトロなファム・ファタルらしき謎の未亡人を演じてジャック・ニコルソンの私立探偵と絡みます。

火の玉ロック! Great Balls of Fire! (1989)

中年サラリーマンやアメリカ大統領まで演じるデニス・クエイドがロッカーだってご存知ですか? 伝説のロッカーで突飛なパーフォーマンスで知られるジェリー・リー・ルイスの伝記映画ではデニス・クエイドの火の玉ロックが観られます。

トロイ・ドナヒュー Troy Donahue

1950年代後期から1960年代にかけてアメリカの青春映画の人気スターだったトロイ・ドナヒューはその後落ち目になったとはいえ最後の最後まで銀幕を去らなかった不屈の俳優魂の持ち主です。

青いドレスの女 Devil In A Blue Dress (1995)

デンゼル・ワシントンがハードボイルドな私立探偵を演じるサスペンス映画にフラッシュダンスのジェニファー・ビールスが謎の青いドレスの女として華を添えます。

ブルー・ベルベット Blue Velvet (1986)

映画の公開から20年経った今でさえセンセーショナルなデイヴィッド・リンチ監督の狂気と倒錯のミステリーです。

秘密のかけら Where the Truth Lies (2005)

日本ではピニャコラーダ・ソングの歌で既にお馴染みのルパート・ホームズが書いた犯罪小説「秘密のかけら」をアトム・エゴヤン監督が映画化しました。 アメリカのショービジネス界の怪しい謎に迫りますから、よっく観ていないと秘密のカケラを見逃してしまいますよ。

アメリカン・グラフィティ American Graffiti (1973)

50年代と60年代のアメリカでの若者文化が盛り沢山で、クラシックカーのホットロッドやロックンロールの数々が古き良きアメリカへタイムスリップさせてくれる映画です。

サタデー・ナイト・フィーバー Saturday Night Fever (1977)

ジョン・トラボルタはサタデー・ナイト・フィーバーで大スターになりました。下町に住む若者がキングになれるのはディスコしかない!とダンス大会での優勝目指してハッスルするストーリーです。

オール・ザ・キングスメン All The King’s Men (1949)

All The King’s Men ”オール・ザ・キングスメン”はロバート・ロッセン監督が製作・脚本を自ら手がけた政治腐敗のからくりを暴露する政治映画です

ゲット・ショーティ Get Shorty (1995)

ジョン・トラボルタが演じるシャークローンの”チリ・パーマー”が映画産業に殴り込みをかけるコメディです。

百万長者と結婚する方法 How To Marry A Millionaire (1953)

お金持ちと結婚したいファッション・モデルの美女3人が本当の幸せを掴むまでのラブコメです。ただの美人ではありませんよ、驚くことなかれ、ローレン・バコールとベティ・グレイブルとマリリン・モンロー!

巴里のアメリカ人 An American In Paris (1951)

パリに留学中の画家志望のアメリカ人とパリジェンヌの恋の物語がガーシュウィンの名曲にのって繰り広げられるミュージカルです。

アルフレッド・ヒッチコック めまい Vertigo (1958)

アルフレッド・ヒッチコック監督の名作中の名作、高所恐怖症をテーマにした心理サスペンスでは謎の女が二度死にます。

お熱いのがお好き Some Like It Hot (1959)

マリリン・モンローのプップッビドゥ~!が忘れられない、ビリー・ワイルダー監督の白黒コメディ映画はアメリカでは今なお一番面白い映画として人気があります。

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (2004)

アンドリュー・ロイド・ウェバーの傑作ミュージカルが映画化されて怪奇映画から豪華なミュージカルへと華麗なる変貌を遂げました。

シルヴィア Sylvia (2003)

ピュリッツァー賞を受賞した女流詩人「シルヴィア・プラス」の伝記映画ではグウィネス・パルトロウが主演してシルヴィアの謎とされる死の真相に迫ります。