アンドリュース・シスターズ  The Andrews Sisters

アンドリュース・シスターズは戦時中から活躍した3人姉妹のコーラス・グループで元気をくれる歌をたくさんヒットさせました。

カーメン・マクレエ Carmen McRae

アメリカの偉大なジャズボーカリストに数えれられているものの少々影が薄いのはなぜでしょう。
これぞカーメン・マクレエだという曲はやはり”Coffee Time”です。

ホレス・シルヴァー Horace Silver

ファンキーなバップピアニストといえばボサノヴァ調の演奏で有名なホレス・シルヴァーです。アートブレイキーとジャズ・メッセンジャーの前身はホレス・シルヴァーとジャズメッセンジャーだったのです。

ロイヤル・クラウン・レビュー Royal Crown Revue

懐かしいスウィングを現代に蘇らせたネオ・スウィングの第一人者的なグループです。熱気溢れるステージが観る者、聴く者を虜にします。

サミー・デイヴィス・ジュニア Sammy Davis Jr.

タップダンスに歌に物真似と芸達者だったエンターテイナーでフランク・シナトラの一家に参加した後にも映画に出演しています。 素敵!といわれるタイプではありませんがその芸の素晴らしさには感嘆の声しきりです。 うおー!、ほぉー!へぇー!

アイク・ケベック Ike Quebec

ジャズ界の重鎮とか先駆者とは云われていませんが、それでも忘れてはならないテナーサックス奏者はバラード演奏がセクシーなアイク・ケベックです。

ローズマリー・クルーニー Rosemary Clooney

戦後復興期に元気な歌声で景気をつけた歌手は、終戦直後にブギウギで浮かれた笠置シヅ子以外には「家へおいでよ、わたしのお家へ、あなたにあげましょ、キャンデェー!」と歌ったローズマリー・クルーニでしょう。軽いポップスで売り出されましたが本来ジャズ歌手として素晴らしいアーティストなのです。

ウディ・ハーマン Woody Herman

スウィングジャズを演奏していたビッグバンド時代から時代の波に乗ってロックやフュージョンまで演奏した息の長い楽団です。バンドリーダーとしてのウッディ・ハーマンのボーカルが他に類を見ないほど愉快なのです。

パリの旅愁 Paris Blues (1961)

ロマンスと音楽とのはざまに苦悩するパリのアメリカ人を描いている映画では、サウンドトラックをいくつも手掛けているデューク・エリントンがサッチモをフィーチャーしてジャズの名曲揃いの「パリの旅愁」サウンドトラックを完成させています。

ナット・アダレイ Work Song by Nat Adderley

アルトサックス奏者のキャノンボール・アダレイと組んで50年代から70年代に活躍したコルネット奏者です。なんといってもナット・アダレイが作曲した「ワークソング」が素晴らしい。

リー・モーガン Lee Morgan

急逝した伝説のトランペッターと呼ばれたクリフォード・ブラウンの生まれ変わりのようなリー・モーガンも若くして亡くなりました。18歳から吹き込んだ膨大な数のレコードを残して。空前の大ヒット曲「サイドワインダー」を今に伝えて。

クリス・コナー Chris Connor sings Lullaby of Birdland

ジャズピアニストのジョージ・シアリングが作曲した”バードランドの子守唄”といえば、日本では女性ボーカリストのクリス・コナーが歌ったバージョンが人気です。

ジーン・アモンズ Gene Ammons

ジャズテナーを語る上で忘れてはならないテナーサックス奏者の一人はジーン・アモンズです。ファンキーな演奏も人気がありますがバラードを演奏したらもっと凄いテナーの巨人です。ジーン・アモンズが演奏するジャズのスタンダードの数々、So, umm… こたえられません!

ビリー・ホリデイ Billie Holiday

独特のハスキーな声と心に染み入る歌い方でジャズヴォーカリストの中でも際立った存在で、その波乱万丈な自伝とともにブルース界の伝説的人物の一人となっています。

ライオネル・ハンプトン スターダスト Lionel Hampton plays Stardust

腹に響き渡るような、胸をえぐられるような、そして心洗われるような、又時には脳天を突き抜けるような素晴らしい音色のヴァイブラフォンの演奏でスウィング時代には絶大なる人気を誇ったジャズ・ミュージシャンです。多芸多才なライオネル・ハンプトンはヴァイブの演奏だけでなく歌も歌えばパーカッションもアクロバット並みのバチさばきで喝采を浴びたエンターテイナーでした。

キャブ・キャロウェイ Cab Calloway

こんな面白いミュージシャンは見たことがない! キャブ・キャロウェイは1930年代から独特のパーフォーマンスで一世を風靡した歌手でバンドリーダーです。 ハイデハイデハイデホー!

チェット・ベイカー Chet Baker

麻薬に溺れることはジャズメンには必須なのか?若くして命を落とした天才ミュージシャンたちが多いというのに止むところを知らない勢いで今も音楽界を蝕んでいる。バード、マリガン、ツワージク、そしてチェット。

オスカー・ピーターソン Oscar Peterson

アート・テイタムを崇め、ナット・キング・コールに憧れたというカナダ出身のジャズ・ピアニストのオスカー・ピーターソンといえば、オスカー・ピーターソン・トリオでの演奏が有名です。

ウィリス・ジャクソン  Willis Jackson

日本では余り知られていませんが、ハードなテナーサックス奏者のウィリス・ジャクソンはジャズ、R & B、ソウルと幅広く活躍しました。過激な演奏だけでなくエモーショナルなバラードも素晴らしいプレーヤーです。