シドニー・ベシェ Sidney Bechet

日本ではピーナッツ・ハッコーのクラリネットで有名になった「小さな花」はソプラノ・サックス奏者であるシドニー・ベシェの作曲です。

黄金の腕 The Man with the Golden Arm (1955)

オットー・プレミンジャー監督の麻薬犯罪を扱った問題作品です。フランク・シナトラが演じるヤク中のフランキーの麻薬禁断症状の演技が見ごたえあります。

ロイ・エルドリッジ Roy Eldridge

ロイ・エルドリッジはジャズがスウィングからバップへ移行する時代の重要なトランペッット奏者で、ルイ・アームストロングとディジー・ガレスピーの中間といえます。