ウディ・ハーマン Woody Herman

スウィングジャズを演奏していたビッグバンド時代から時代の波に乗ってロックやフュージョンまで演奏した息の長い楽団です。バンドリーダーとしてのウッディ・ハーマンのボーカルが多に類を見ないほど愉快なのです。

ライオネル・ハンプトン スターダスト Lionel Hampton plays Stardust

腹に響き渡るような、胸をえぐられるような、そして心洗われるような、又時には脳天を突き抜けるような素晴らしい音色のヴァイブラフォンの演奏でスウィング時代には絶大なる人気を誇ったジャズ・ミュージシャンです。多芸多才なライオネル・ハンプトンはヴァイブの演奏だけでなく歌も歌えばパーカッションもアクロバット並みのバチさばきで喝采を浴びたエンターテイナーでした。

キャブ・キャロウェイ Cab Calloway

こんな面白いミュージシャンは見たことがない! キャブ・キャロウェイは1930年代から独特のパーフォーマンスで一世を風靡した歌手でバンドリーダーです。 ハイデハイデハイデホー!

ハリー・ジェームス Harry James

スイングジャズ時代には最もロマンティックでメランコリックな演奏を聴かせたビッグバンドのトランペッターでバンドリーダーですが、哀愁を帯びた曲だけではなく時にはカウント・ベイシーかと聴き紛うこともあるほどノリノリのスイングもたくさん演奏したミュージシャンです。

ジョニー・ホッジス  Johnny Hodges

デューク・エリントン楽団のスター・プレーヤーだったアルト・サックス奏者のジョニー・ホッジスの I Got It Bad (And That Ain’t Good)は私の好きな曲の一つです。

ジョー・スタッフォード Blues In The Night by Jo Stafford

アカデミー歌曲賞を受賞した映画のタイトル曲「Blues In The Night」は作詞者のジョニー・マーサーだけでなく多くの歌手に歌われています。 トミー・ドーシー楽団の専属歌手だったジョー・スタッフォードの歌うブルース・イン・ザ・ナイトを紹介します。

ハーレム・ノクターン Harlem Nocturne

テナー・サックスのクラシック名曲「ハーレム・ノクターン」はTVシリーズの「私立探偵マイク・ハマー」のテーマ曲でした。

デューク・エリントン Duke Ellington

ジャズの巨匠の一人であるピアニストのデューク・エリントンが演奏する”Blue, Too – The Shepherd”という曲は情報が少ないうえに、なぜかこの曲が入っているアルバムも数枚しか見つかりません。