ロベール・オッセン Robert Hossein

1950年代や1960年代のフランス映画でギャング役で有名な俳優ですが、父である音楽家のアンドレ・オッセンと組んで何本もの映画を監督しました。

ダリオ・モレノ Dario Moreno

1950年代から1960年代までしか活動していませんが今現在も人気を保っているトルコ出身の歌手です。日本でもダリオ・モレノが歌った「悲しき60歳」とか「イスタンブール」という曲が流行りましたがオペレッタも手掛け、ラテン曲のスタンダードなどでは正統派です。

ダニー・サヴァル Dany Saval

ツイスト旋風とともに現れて歌って踊る風変わりな新人類女優のダニー・サヴァルは1950年代と1960年代のフランス青春映画スターで、短い映画活動でも後々まで忘れられないほどインパクトが強かったパリジェンヌでした。

エドゥアール・モリナロ Edouard Molinaro

1950年代後期にフィルム・ノワールの「絶体絶命」や「殺られる」や「彼奴(を殺せ」などを監督したのにヌーベルバーグの巨匠と呼ばれそこなったフランス映画の巨匠のエドゥアール・モリナロは後にロマンス映画やびコメディなどのお洒落なハリウッド映画にも挑戦しました。

ミレーヌ・ドモンジョ写真集 Mylene Demongeot Photos

1950年代後期のミレーヌ・ドモンジョの写真集です。数は少ないですが約半世紀前のその当時に映画雑誌から切り抜いてスクラップブックに貼ってあったものです。

ブリジット・バルドー写真集 (白黒) Brigitte Bardot Photos 2

1950年代から1960年代に絶大なる人気を保っていたフランス女優のブリジット・バルドーはセクシーの見本となりましたが、自由奔放ながらとても可愛い女優でした。

カトリーヌ・スパーク Catherine Spaak

1960年代から1970年代までイタリア青春映画の看板娘の一人だったカトリーヌ・スパークはファッションからヘアスタイルまで当時の少女たちの憧れでした。

ブリジット・バルドー写真集 (カラー) Brigitte Bardot Photos 1

1950年代から1960年代に私が切り抜きしたブリジット・バルドーの画像集です。現在は動物愛護運動家の闘士として知れ渡っていますが、半世紀昔の懐かしいベベをご覧下さい。

フランソワ・トリュフォー Francois Truffaut

ヌーヴェルバーグのフランソワ・トリュフォーはクラシックでミステリアスでロマンティックなフランス映画の監督及び脚本家です。多くの作品は自身の自伝のようです。

ダニエル・ダリュー Danielle Darrieux

1950年代のフランス映画で最も輝いていた気品溢れる美人女優です。綺麗なだけではありません。歌手としても素晴らしく、それこそ玉を転がすような美しい歌声なのです。観てうっとり、聴いてうっとり、悪女役でも可愛いダニエル・ダリュー!

ジュリエット・ビノシュ Juliette Binoche

初期の作品にはしばしば激しいラヴシーンがあり脱ぎっぷりも半端ではありませんが、上品で柔らかい物腰がなにやら芸術的でさえあるフランス女優です。

ミレーヌ・ドモンジョ Mylene Demongeot

溌剌とした肢体で目を楽しませてくれる金髪美人のドモンジョ様は50年代から60年代までフランス映画界の売れっ子女優だったのです。

ブリジット・バルドー Brigitte Bardot

肉体派女優というよりは小悪魔という形容がピッタリのフランス女優のベベです。映画だけではなく、60年代のフレンチポップス又はイエイエの人気歌手でもあります。 Shebam! Pow! Blop! Wizz… Prout!

危険な関係 Les Liaisons Dangereuses (1959)

ため息の出るような素敵なカップル、ジェラール・フィリップとジャンヌ・モローが演じる愛し合っている夫婦の公認アヴァンチュールの結末は如何に。 18世紀のロマン小説をエロスの監督「ロジェ・ヴァディム」が映画化しました。

パスカル・プティ Pascale Petit

可愛い「パスカル・プティ」は1950年代から1960年代にかけて大変人気のあったコケティッシュなフランス女優ですがその後はエロティック路線にいってしまいました。

セルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg

ジャズを取り入れた曲をたくさん書いたフランスの鬼才です。曲作りだけでなく自ら歌い、そして俳優としても活躍しました。ブリジッド・バルドー、アンナ・カリーナ、ジェーン・バーキンなど美女を相手に素晴らしい作品を作り出しています。

河は呼んでる L’Eau Vive (1957)

半世紀経った今でも人気の名作「河は呼んでる」は、そのテーマ曲とパスカル・オードレが演じた可愛いオルタンスと共に永遠に不滅です。

ヴァレリー・カプリスキー 私生活のない女 Valerie Kaprisky (1984)

ヴァレリー・カプリスキーの健康美の裸体が躍動するアンジェイ・ズラウスキー監督による難解なドラマですが、ストーリーが少々入り組んでいるので、「どうして?」がいっぱい残る難解な映画です。

ジャン・ポール・ベルモンド Jean Paul Belmondo

ヌーベルバーグの申し子ともいえる大胆不敵な役を演じたジャン・ポール・ベルモンドは実はコンセルバトワールを卒業した正統派俳優でした。

ひと夏の情事 Une Fille pour L’ete (1959)

サスペンスの巨匠エドゥアール・モリナロが監督するパスカル・プティ出演のロマンス映画です。確かに不可解な乙女心のサスペンスで、若い娘はなぜ死んでしまったのか分かりません。