ジャン・ポール・ベルモンド Jean Paul Belmondo

ヌーベルバーグの申し子ともいえる大胆不敵な役を演じたジャン・ポール・ベルモンドは実はコンセルバトワールを卒業した正統派俳優でした。

ジーン・セバーグ Jean Seberg

60年代の女優のシンボルともいえるジーン・セバーグの私生活はヌーヴェル・ヴァーグそのもの、パリとニューヨークの狭間に生きた恋多き女の最期は余りにも突然で異様でした。

勝手にしやがれ A bout de souffle (1959)

アズナヴールに蹴られたジャン・リュック・ゴダール監督がジャン・ポール・ベルモンドを起用したらヒョウタンから駒の大当たり、ヌーヴェル・ヴァーグ映画の代表作品となりました。