マリー・ラフォレ 赤と青のブルース Marie Laforet (1960)

1960年のフランス映画「赤と青のブルース」は日本では太陽がいっぱいで知られるマリー・ラフォレの代表作の一つです。

太陽はひとりぼっち L’Eclisse (1962)

ミケランジェロ・アントニオーニの「太陽はひとりぼっち」は「情事」と「夜」に続く「疎外感」と「欲望」そして「愛の不毛」を描く三部作の完結編で、モニカ・ヴィッティが出演しています。

唇によだれ L’Eau a la bouche (1959)

ジャック・ドニオル・ヴァルクローズが監督した1959年のフランスのラブコメで、ベルナデット・ラフォンやフランソワーズ・ブリオンなどが出演しています。映画のテーマ曲を歌ったセルジュゲンズヴールの映画音楽デビュー作品となりました。

男と女 Un homme et une femme (1966)

ワバダバダ~♪のテーマ曲で知られたフランス映画「男と女」はフランシス・レイの甘美なメロディが流れる洒落た大人の恋愛映画です。

ルシアンの青春 Lacombe Lucien (1973)

ナチスに入党した貧しい若者とユダヤ娘の青春物語で、死刑台のエレベータのルイ・マルが監督しました。

勝手にしやがれ A bout de souffle (1959)

アズナヴールに蹴られたジャン・リュック・ゴダール監督がジャン・ポール・ベルモンドを起用したらヒョウタンから駒の大当たり、ヌーヴェル・ヴァーグ映画の代表作品となりました。