ダリオ・モレノ Dario Moreno

1950年代から1960年代までしか活動していませんが今現在も人気を保っているトルコ出身の歌手です。日本でもダリオ・モレノが歌った「悲しき60歳」とか「イスタンブール」という曲が流行りましたがオペレッタも手掛け、ラテン曲のスタンダードなどでは正統派です。

ブリジット・バルドー写真集 (白黒) Brigitte Bardot Photos 2

1950年代から1960年代に絶大なる人気を保っていたフランス女優のブリジット・バルドーはセクシーの見本となりましたが、自由奔放ながらとても可愛い女優でした。

ダニエル・ダリュー Danielle Darrieux

1950年代のフランス映画で最も輝いていた気品溢れる美人女優です。綺麗なだけではありません。歌手としても素晴らしく、それこそ玉を転がすような美しい歌声なのです。観てうっとり、聴いてうっとり、悪女役でも可愛いダニエル・ダリュー!

メケ・メケ Me Que Me Que

“Me-que, me-que, mais qu’est-ce que c’est?” ”メケメケ”っていったい何? カリブ海のマルティニーク島の港街での男女の別れを歌ったシャンソンです。

ブリジット・バルドー Brigitte Bardot

肉体派女優というよりは小悪魔という形容がピッタリのフランス女優のベベです。映画だけではなく、60年代のフレンチポップス又はイエイエの人気歌手でもあります。 Shebam! Pow! Blop! Wizz… Prout!

セルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourg

ジャズを取り入れた曲をたくさん書いたフランスの鬼才です。曲作りだけでなく自ら歌い、そして俳優としても活躍しました。ブリジッド・バルドー、アンナ・カリーナ、ジェーン・バーキンなど美女を相手に素晴らしい作品を作り出しています。

ジョセフィン・ベイカー 二つの愛 Josephine Baker sings J’ai Deux Amours

パリのミュージック・ホールで人気を博した黒人レビューの花形はアメリカからやってきたジョセフィン・ベーカーという歌手で、代表曲の「二つの愛」は祖国とフランスへの想いを表現しています。

死刑台のエレベーター Ascenseur pour l’echafaud (1957)

巨匠ルイ・マル監督の長編劇映画デビュー作品であり、又最高傑作でもあります。 特にモダンジャズの取り入れた方がマサにヌーヴェル・ヴァーグです。

シャルル・アズナブール Charles Aznavour

フランスを代表するシャンソン歌手の一人「シャルル・アズナブール」は数多くのヒット曲と共に映画にも沢山出演しています。 ジャン・ポール・ベルモンドの当たり役となった「勝手にしやがれ」の主演オファーをけったほど人気の俳優でした。

マリー・ラフォレ 赤と青のブルース Marie Laforet (1960)

1960年のフランス映画「赤と青のブルース」は日本では太陽がいっぱいで知られるマリー・ラフォレの代表作の一つです。

ビヨンド the シー 夢見るように歌えば Beyond the sea (2004)

ボビー・ダーリン伝記映画の製作が念願だったケビン・スペイシーは監督及び主演でボビーになりきってワンマンショーを見せてくれます。

悲しみよこんにちは Bonjour tristesse (1958)

フランスの作家フランソワーズ・サガンが十代の時書いた小説をオットー・プレミンジャー監督映画化しました。