デニス・クエイド Dennis Quaid

Waiting for Dennis Quaid’s Shame on You (2006年 → 2013年)

Shame on You
デニス・クエイドが監督及び主演する映画「Shame on You」は2006年のAmerican Dreamz(アメリカン・ドリームズ)に続いて制作される筈がハリケーン・カトリーナのニューオリンズ被災とトム・クルーズと出来ちゃった結婚したケイティ・ホームズの降板により延び延びとなり、もうぽしゃったか?と思われましたが、どうやら2008年、さらにさらに伸びて2010年には撮影に取り掛かるようだったのに2012年にはデータベースから消え去りました。 デニス・クエイドがどうしても作りたい「スペード・クーリー伝記」映画だったのですが。 残念! しかしその映画製作が私の勘違いでないことは現存する About.comの2004年の記事「Dennis Quaid Prepares for “Shame on You” – Hollywood Movies」で知りました。 ちなみにデニス・クエイドの映画に出演するはずだったがトム・クルーズと電撃結婚したケイティ・ホームズのカップルは7年で愛が覚めたようで2012年には離婚の噂だそうです。
Spade Cooley – Shame On You – YouTube

カントリー・ミュージックの名曲「Shame on You(シェイム・オン・ユー)」といえばスウィングのレジェンドと呼ばれるカントリー音楽のフィドラーであるSpade Cooley(スペード・クーリー)」です。 その大ヒット曲と同名のスペード・クーリーの伝記映画「Shame on You(シェイム・オン・ユー)」は2006年初頭に発表されたところによると、カントリー音楽大好き人間のDennis Quaid (デニス・クエイド)の監督デビュー作品になる予定の映画であり、デニス・クエイドは脚本も手掛け、スペード・クーリー役で主演もしてしまうという気合の入った映画になるハズでした。 が、その後進展がありませんでしたので立ち消えになったのかと思いましたが、その後調べてみるとなんと2008年の予定に変更後、さらに2010年に延期されていました。 つまり制作はされるということですが、巷ではポシャったという噂です。
デニス・クエイドはスペード・クーリー伝記の「Shame on You」の前には、2007年にJonas Åkerlund(ヨナス・アカーランド)が監督する「The Horsemen(ホースメン)」や2009年には「GI Joe: The Rise of Cobra(G.I.ジョー)」に出演します。 「ホースメン」は妻の死により男やもめになった探偵が事件を捜査するうちに「Four Horsemen of the Apocalypse(黙示録の四騎士)」と関連する自分と連続殺人事件の犯人との繋がりを見つけるという怖いスリラー映画だそうです。 2004年にウォン・カーウァイ監督の2046で娼婦を演じた香港女優のZhang Ziyi(チャン・ツィイー)がKristen役で出演するとか。

デニス・クエイドはこれまで50本以上のテレビ番組や映画に出演していて、80年代にはThe Right Stuff(ライトスタッフ)、Innerspace(インナースペース)そしてSuspect(容疑者)のビッグヒットがあります。 1990年に日系女性とのお涙頂戴ロマンスを描いたAlan Parker(アラン・パーカー)監督の「Come See the Paradise(愛と哀しみの旅路)」では「Four Rooms(フォー・ルームス) 」でAntonio Banderas(アントニオ・バンデラス)の妻を演じた日系女優のTamlyn Tomita(タムリン・トミタ)と共演しています。 この後は2002年の「Far from Heaven(エデンより彼方に)」ではホモに悩む夫を演じ、地球温暖化による異常気象を扱った啓蒙映画で2004年の「The Day After Tomorrow(デイ・アフター・トゥモロー)」では地球温暖化の危機を訴えた古代気象学者ジャック・ホール教授を熱演して話題となったデニス・クエイドが、この度のミュージシャンの伝記に取り組むのは不思議なことではありません。 デニス・クエイドは、10年以上も前の1989年にフィフティーズの奇人ロックンローラー「Jerry Lee Lewis(ジェリー・リー・ルイス)」の伝記映画「Great Balls of Fire!(グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー)」に出演しています。
映画「火の玉ロック」が実在のジェリー・リー・ルイスのスキャンダラスな人生を追った映画でしたが、予定されていた「Shame on You」も実在したスイング・カントリー歌手「Spade Cooley(スペード・クーリー)」の盛衰と壮絶な家庭内の悲劇を描くはずでした。
「Shame on You」の撮影予定地であるルイジアナ州ニューオリンズの街は2005年秋のハリケーン・カトリーナの襲来により大被災地となってしまいましたが、過去にも医療関連のチャリティーに力を注いできたデニス・クエイドは「Shame on You」をルイジアナで制作することによりハリケーン・カトリーナ.の被災援助(経済復興)も目的としているそうです。 過去に出演した映画4作で合計1年余をルイジアナで過ごした経験のあるデニス・クエイドにとって人ごとではなく、「Shame on You」をニューオリンズで撮ることで経済復興の一端を担う心意気です。 が、スペード・クーリーの妻役に予定されていて後にトム・クルーズと結婚した「歌う大捜査線」のKatie Holmes(ケイティ・ホームズ又はホルムズ)は妊娠のため降板してしまい、カトリーナとケイティのダブルパンチを食らっています。(トム・クルーズとケイティ・ホームズのカップルはカトリックの人々から「Shame on You!」と言われたかどうかは不明) 撮影の予定は延びていましたが、2006年1月には再開する予定と聞きましたが、その後どうなったのでしょう。 ぽしゃった?
2006年のAmerican Dreamz(アメリカン・ドリームズ)でアメリカ大統領を演じた後、2008年には大統領暗殺を描いた「Vantage Point(バンテージ・ポイント)」の撮影が終了するそうです。

伝記は伝記でもミュージシャンではなくて、実在の史上最年長ルーキーだったJimmy Morris(ジム・モリス)の半生を描いた2002年の「Disney’s The Rookie(オールド・ルーキー)」でもデニス・クエイドは主演しています。(映画では妻と子供との生活はハッピーエンドですが実際は離婚) 「オールド・ルーキー」は1997年に「真夜中のサバナ」の脚本を書いたJohn Lee Hancock(ジョン・リー・ハンコック)が監督しています。

ゴルフの腕前はハリウッドのトップ100に入るデニス・クエイドですが、女性操縦の腕前はそれほどではないらしく、1987年の「Innerspace(インナースペース)」と1988年の「D.O.A.(死へのカウントダウン)」で共演したメグ・ライアンと結婚そして10年後に離婚、現在は4度目の奥様らしいです。 ゴルフ・ウイドーじゃ寂しいですよね。 メグ・ライアンは2000年に「Proof of Life(プルーフ・オブ・ライフ)」で共演したニュージーランド出身のラッセル・クロウ(Russell Crowe)と不倫関係になったらしいです。 この度メグの浮気が原因で離婚したはずのメグ・ライアンの方が離婚の真相暴露本を出すそうです。(当然のこと悪かったのはデニスの方だとか)
まるで無関係な話ですが、年齢と共に変化するデニス・クエイドの胸毛とヘソ毛(ギャランドゥ)はちょっと変った形なのです!
※ 1987年の「Inner Space(インナースペース)」のサントラ「Innerspace」では33歳にしてミステリアスな死を遂げたソウルシンガーのSam Cooke(サム・クック)の曲が使用されサム・クック自身が歌う”Twistin’ The Night Away”や”Cupid”が聴けます。
試聴はInnerspace Soundtrack – Soundtrack.Net

Shame on you!
英語で「シェイム・オン・ユー」は非理性や理不尽にたいしてよく使われる言葉で「恥じを知れ!」という意味です。
☆ Hot’n Cool内のShame on you!に関する記事はブッシュ大統領のパロディ

Audio-Visual Trivia内のデニス・クエイドの出演映画
2006年のアメリカン・ドリームズ
2004年のイン・グッド・カンパニー
1989年のグレート・ボールズ・オブ・ファイヤー
1998年のファミリー・ゲーム(ひとりっ娘)
1987年のビッグ・イージー