ビッグ・ママ・ソーントン Big Mama Thornton

エルヴィス・プレスリーのハウンドドッグの元歌歌手として知られていますが、日本では殆どメジャーなヒットがない女性のR & Bシンガーです。これほど声量たっぷりのシャウターはビッグ・ママ・ソーントンの他には何人もいませんから大変残念です。

ビリー・エクスタイン Billy Eckstine

ビブラートのきいたバリトンでロマンティックな歌を聴かせたジャズ歌手ですが、なんとビバップ好きなのです。スイング時代からソウル時代まで変幻自在とはいかないまでも70歳まで歌い続けたダンディなマルチタレント・ミュージシャンでしたがバップ人間ではなかったようです。

デイヴ・ホール Dave Hole

初めてオンライン・ラジオでデイヴ・ホールを聴いた時にはそのエキサイティングなスライドギターに魅せられましたが、それが今時のオーストリアのブルースマンだったと知って2度びっくりです。

ジョージア・ギブス Georgia Gibbs

激しく燃えゆる<火の接吻>のごとく小柄ながらも激しく歌った白人歌手です。特徴は黒人のR & B歌手のあけすけな歌詞を白人社会向けにやんわりと変えたカバー・バージョンが何度もヒットチャートのトップを飾ったことです。

ドクター・デューク・ トゥマトー Dr. Duke Tumatoe

サンタクロースじゃありません! 愉快なブルースロック歌手のDuke Tumatoeおじさんです。

ジョニー・ギター・ワトソン Johnny Guitar Watson

「ギャングスタ・オブ・ラブ」や「スーパーマン・ラヴァー」で一世を風靡したド派手なギャングスタ・ブルースマンのジョニー”ギター”ワトソンの亡くなる寸前の言葉は「アイム・ア・スーパーマン!」でした。

エディ・コクラン Eddie Cochran

たった3年の音楽活動なのに永遠のロックンローラーとして人気の高かったシンガーソングライターは本国より人気のあったイギリスでその短い生涯を閉じました。

エイプリル・スティーヴンス April Stevens

マリリン・モンローかと思うほどセクシーな歌声のエイプリル・スティーヴンスは兄のニノ・テンポとデュオでスタンダードの名曲を沢山リリースしています。耳元で囁くようなTeach Me Tigerをぜひ聴いて下さい。

ミルドレッド・ベイリー Mildred Bailey

スイング時代に初めてビッグバンドで歌った女性ヴォーカリストとしてパイオニア的かつ重要なミュージシャンです。ホーギー・カーマイケルがミルドレッド・ベイリーのために作曲した「Rockin’ Chair」は大ヒット曲であり代表曲でもあります。

デジ・アーナズ Desi Arnaz

人気テレビ番組のアイ・ラブ・ルーシーでヒロインのルーシーの旦那様を演じていたデジ・アーネズはキューバ出身のラテン・ミュージシャンなのです。 ルンバ!マンボ!チャチャチャ!

ラリー・クリントンとビー・ウェイン Larry Clinton and Bea Wain

スイングが全盛の1930年代から1940年代に編曲と作曲を手掛け、人気のビッグバンドのリーダーでもあったラリー・クリントンは、クラシックの曲をジャズに編曲したミュージシャンです。 そしてそのバンドの専属歌手のビー・ウェインはスイングといえども優しいエレガントな歌声でした。

スペード・クーリー Spade Cooley

ジョニー・キャッシュなどのカントリー・ミュージシャンは良く知られていますが、その前の時代のカントリー・スイングはどうでしょう。 19世紀頃のアメリカ西部開拓時代から鉄道が敷かれるまで存在したカウボーイだそうですが、その後にノスタルジックに取り上げられたウエスタンで活躍して一世を風靡したスペード・クーリーは蛮行によりその栄華を棒にふってしまいました。

ヘレン・メリル Helen Merrill

代表的なヒット曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」を歌った都会的なハスキーヴォイスのジャズ歌手「ヘレン・メリル」が共演したのが伝説のトランペッターと呼ばれる「クリフォード・ブラウン」です。

ヘレン・ケイン Helen Kane

日本のテレビでも放映されていたことがある漫画の「ベティちゃん」は1920年代の歌手であるヘレン・ケインがモデルです。プップッビドゥ~!

ボビー・ダーリン Bobby Darin

30代にして心臓病で亡くなった伝説のエンターテイナーであるボビー・ダーリンは短い生涯を波乱万丈に生きました。フランク・シナトラ流に指パッチンでラスヴェガスの観客を魅了したマルチタレント歌手です。