シャーク・テイル Shark Tale (2004)

シャーク・テイルは声をロバート・デ・ニーロやウイル・スミスなどの大スターが担当する大人が楽しめるドリーム・ワークス製作のCGアニメ映画です。

オルセン姉妹 ひとりっ娘2 It Takes Two (1995)

テレビの「フルハウス」でミッシェルを演じたオルセン姉妹のドイツの作家であるエーリヒ・ケストナーが書いた「ふたりのロッテ」を映画化したコメディです。

ピーター・セラーズ ピンクの豹 The Pink Panther (1963)

1963年から始まったブレイク・エドワーズ監督のコメディシリーズ「ピンクの豹」はその後シリーズ化され、キャラクターのピンクパンサーがテレビ漫画にもなりました。

恋する人魚たち Mermaids (1990)

クリスティーナ・リッチのデビュー作品「恋する人魚たち」では、ウィノナ・ライダーが多感な少女、ポップス歌手のシェールが奔放な母親役を演じます。

ジョン・マルコビッチのレディース・ルーム Ladies Room (1999)

「レディース・ルーム」はジョン・マルコビッチが女性トイレを覗き見するコメディです。なぜそんなことになったかっていうと奥さんの妊娠をいいことに若い女と。 ま、よくあることですがお仕置きが痛!いたたっ!

ジム・キャリーのマスク The Mask (1994)

人気コミックをベースにしたジム・キャリー主演の特撮コメディで、キャメロン・ディアスがセクシーなクラブ歌手役でデビューです。ピーター・ボグダノヴィッチ監督の1984年の「マスク」の情報もあります。

ガーフィールド ザ・ムービー Garfield: The Movie (2004)

新聞連載コミックの「ガーフィールド」が実写とアニメの合成で映画化されました。ラザーニャ好きの意地悪デブネコなんていやだニャー!

ウディ・アレン 重罪と軽罪 Crimes And Misdemeanors (1989)

アレン哲学のブラックコメディであり不条理劇でもあり・・・哲学?ワカラナイ、宗教?ワカラナイ、スカトロ?ワカル!

真夏の出来事 Head Above Water (1996)

キャメロン・ディアスの初主演映画で、ハーヴェイ・カイテルと共演したブラック・コメディです。 ヒロインの元カレはなぜ突然死んだのか、誰かが殺したのか最後まで謎です。