テディ・ウィルソン Teddy Wilson

♪ Don’t Worry ‘Bout Me – Teddy Wison with Sarah Vaughan

Teddy Wilson(1912年~1986年)
黒人ピアニスト「テディ・ウィルソン」はスイングジャズ(スウィングジャズ)時代の1935年に、白人(ユダヤ人)のジャズクラリネット奏者「Benny Goodman(ベニー・グッドマン又はベニイ・グッドマン)」が結成した史上初の人種混成バンドのBenny Goodman Trio(ベニー・グッドマン・トリオ)にドラマーのGene Krupa(ジーン・クルーパ)と共に参加しました。 人種差別の壁を越えたとして当時の話題となったというよりショックを与え、戦時中にはこのユダヤ黒人混成バンドをナチスが禁じたそうです。 この後、トリオはLionel Hampton(ライオネル・ハンプトン)を加えてカルテットとなりました。 ベニ―・グッドマンに取りたてられたテディ・ウィルソンは大成功、当時の有名歌手とのセッションでは数々の名盤を残しています。 1930年代と1940年代で50ものヒット曲をレコーディングしているなかでも Billie Holiday(ビリー・ホリデー)とのセッションが一番有名です。  スウィングのミュージシャンとではLester Young(レスター・ヤング)、Roy Eldridge(ロイ・エルドリッジ)、Red Norvo(レッド・ノーヴォ)、Buck Clayton(バック・クレイトン)、Ben Webster(ベン・ウェブスター)などとレコーディングしています。 音楽院で勉強したテディー・ウィルソンのピアノは当時としては大変エレガントで洗練されており、晩年までピアノのソリストとして活動していました。 初回にはなんとベニー・グッドマンも出演したというAurex Jazz Festival (オーレックス・ジャズ・フェスティバル)は80年代に入って催されたのだそうです。 Freddie Hubbard、Stan Getz、Gerry Mulligan、Milt Jackson、Ray Brown、Art Blakeyなどが勢揃いした第2回目の1981年のライブ・アルバム「All Star Jam Session at Aurex Jazz Festival」(ASIN: B00000880R)が人気のオーレックス・ジャズ・フェスティバルです。
Johnny Hodges(ジョニー・ホッジス)が演奏している私の好きな曲”Blue Reverie”が収録されているのは録音が1938年の録音初リリースが1955年というベニー・グッドマンの歴史的なスウィング・エラのアルバム「Live at Carnegie Hall: 1938 Complete」で、演奏メンバーにはCount BasieJohnny HodgesHarry James、Lester Young(レスター・ヤング)やGene Krupa(ジーン・クルーパ)などをフィチャーしています。 コンボ演奏はクラリネットのベニー・グッドマン、ドラムがジーン・クルーパそしてピアノにテディ・ウィルソンです。
アルバム「ライヴ・アット・カーネギーホール1938 (完全版)」での”Blue Reverie”の試聴はLive at Carnegie Hall: 1938 Complete – Amazon.co.jp
Blue Reverieが収録されているベニー・グッドマン楽団の他のアルバムには「Carnegie Hall Jazz Concert 1938, Vol. 1」(ASIN: B0183LXXCE)があります。

クラリネットのベニー・グッドマンらしくタイトルがClarinet á La King, Vol. 2にはアルバム・タイトル曲の”クラリネット・ア・ラ・キング”の他、スタンダードなBewitched、I Found A Million Dollar Baby、How Deep Is The Ocean?などを収録しています。

Listen1934年のSomebody Loves Meや1936年のThese Foolish ThingsなどのTeddy Wilsonの初期の曲が聴けるTeddy Wilson – Jazz On Line.com(Teddy Wilsonで検索、曲名をクリック)

Blues In C Sharp Minor – Teddy Wilson & His Orchestra
トランペットのRoy Eldridge(ロイ・エルドリッジ)をフィーチャーしたピアニストのテディ・ウィルソンが演奏する”Blues In C Sharp Minor(Blues In C # Minor)”という曲はテディ・ウィルソンの作曲です。 かって昭和60年代のFMラジオのジャズ番組のテーマ曲だったらしいですが、なぜか私には懐かしいのです。(サーカスのジンタかチンドン屋さんか、海外ではストリップのBGM説あり)
「ブルース・イン・C♯マイナー」は1937年の音源で日本でリリースしたLPレコード「The Teddy Wilson(CBS SONY, SOPW 9-10)」に収録されていたそうですが、これまではCD化されていなかったようです。(The Teddy Wilson CBS 1935年~1938年)
Teddy Wilson – Blues In C Sharp Minor

Blues In C Sharp Minor CD
ページトップの画像はテディ・ウィルソンの初期のエレガントなピアノ演奏とトランペッター・ロイ・エルドリッジをフィーチャーした「Blues In C Sharp Minor」が収録されている国内盤のCDで、2003年盤の試聴はBlues in C Sharp Minor: Original Recordings 1935-1937 – AllMusic.com
The Elegant Mr. Wilson
“Blues In C Sharp Minor”が収録されている他のアルバムには「Quadromania (Don’t Blame Me))」(ASIN: B0007UPSO6)やこちらの「The Elegant Mr. Wilson」や10枚組みの「Portrait」(ASIN: B000092R5L)などがあります。
The Elegant Mr. WilsonThe Elegant Mr. Wilson 1933/1945
アルバム「The Elegant Mr. Wilson」の試聴はThe Elegant Mr. Wilson 1933/1945 – AllMusic.com

Teddy Wilson and His All-Stars, Vol. 1
日本語のタイトルで”ブルース・イン・C#マイナー”が試聴できる 1935年から1937年のモノラル録音の「テディ・ウィルソン・アンド・ヒズ・オールスターズ Vol.1」はCBS/SONY(ブランズウィック・レーベル)2枚組LPの「The Teddy Wilson」をCD化したものだそうでモノラル録音です。 演奏メンバーにはRoy EldridgeをはじめCootie Williams、Buck Clayton、Jonah Jones、Benny Morton、Johnny Hodges、Ben Webster、Chu Berry、Benny Goodman、Milt Hinton、Gene Krupaなどなどですが、”Things are looking up”ではBillie Holidayの声も聞けます。

ページトップで聴ける”Don’t Worry Bout Me”のボーカルはSarah Vaughan(サラ・ヴォーン)で、サラ・ヴォーンのアルバム「Everything I Have Is Yours」(ASIN: B001PPLKHQ)や「Interlude: 1944-1947(インタールード・ウィズ・パーカー&ガレスピー)」(ASIN: B00005KK56)などに収録されています。

Blues In C Sharp Minor“はロイ・エルドリッジの1935年から1940年の録音を集めたアルバム「Little Jazz」(Roy Eldridge – Teddy Wilson & His Orchestra」にも収録されています。 演奏はTeddy Wilson(テディ・ウィルソン)がピアノ、Roy Eldridge(ロイ・エルドリッジ)がトランペットです。
テディ・ウィルソンのこの4枚組CDは、灼熱のトランペッター「ロイ・エルドリッジ」の初期(1935年1937年あたり)の演奏やFletcher Henderson(フレッチャー・ヘンダーソン)のピアノ、Mildred Bailey(ミルドレッド・ベイリー)やビリー・ホリデイやPutney Dandridge(プットニー・ダンドゥリッジ)の初期のヴォーカルを含み大変貴重なアルバムといえます。
「Blues In C Sharp Minor」が収録されている4枚組みCD
Little JazzLittle Jazz: Trumpet Giant – Roy Eldridge / Proper Box
試聴はLittle Jazz Trumpet Giant [Box Set] – Amazon.com(Disc 1の12番)
☆フレッチャー・ヘンダーソンについて書かれた Fletcher Henderson – The Red Hot Archive(聴けます)

Lester Young (tenor sax) and Teddy Wilson (piano)
Pres and Teddy
Pres and Teddyオリジナルは1959年にテナーサックス奏者のLester Young(レスター・ヤング)が亡くなる前の1956年の録音なので私の好きな”Slow Motion Blues”(1951年)は収録されていませんがプレズ(レスター・ヤング)とテディ・ウィルソン・カルテットのセッションアルバムの1990年盤です。
後期は酒と麻薬に溺れたとはいえ40年代までは天才的テナーサックス奏者とうたわれたレスター・ヤングがスタンダードの数々をじっくりと聴かせます。
※親しい音楽仲間だったビリー・ホリディがレスターをプレズ(The President of the Saxaphone)と呼んだそうです。

The Benny Goodman Story
1944年に歌手のLena Horne(リナ・ホーン又はレナ・ホーン)をフィーチャーした短編ミュージカル映画「Boogie-Woogie Dream」にTeddy Wilson and His Band(テディ・ウィルソン楽団)として出演したテディ・ウィルソンは、1955年にはGene Krupa(ジーン・クルーパ)やLionel Hampton(ライオネル・ハンプトン)と共にBenny Goodman(ベニ―・グッドマン)のカルテットのメンバーとして「The Benny Goodman Story」に出演しています。 ベニ―・グッドマン役はSteve Allen(スティーヴ・アレン)が演じましたが、映画の中での演奏はベニ―・グッドマンがジーン・クルーパやライオネル・ハンプトンと共に本人役で出演しています。 他にもHarry James(ハリー・ジェームス)、”小さな花”で有名なPeanuts Hucko(ピーナッツ・ハッコー)、Kid Ory(キド・オーリー)、Stan Getz(スタン・ゲッツ)、歌手のSammy Davis Jr.(サミー・デイヴィス・ジュニア)やMartha Tilton(マーサ・ティルトン)など当時のジャズ界の豪華メンバーが出演しました。 映画の中ではベニ―・グッドマン作曲のDon’t Be That WayやStompin’ At the Savoyは勿論、Let’s Dance、Goody Goody、Sing, Sing, Sing、Moonglow、Memories of You・・・とスイングの名曲揃い!この中で1930年のTommy Dorsey Orchestra(トミー・ドーシー楽団)で有名なOn the Sunny Side of the Street(明るい表通りで)をテディ・ウィルソンが演奏しています。
The Benny Goodman Story DVDベニイ・グッドマン物語 (DVD)
VHSでは「Benny Goodman Story」(ASIN: 630018112X)があります。

「若草物語」のJune Allyson(ジューン・アリソン)が出演し、Valentine Davies(ヴァレンタイン・デイヴィス)が監督した「The Benny Goodman Story(ベニー・グッドマン物語)」はベニー・グッドマン伝記映画というよりは有名ジャズメンの出演が話題の映画です。 ヴァレンタイン・デイヴィスといえば、1947年の三十四丁目の奇蹟」の原作者として有名です。 主演は1989年の「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」(火の玉ロック)にも本人役で出演しているTV司会者のSteve Allen(スティーヴ・アレン)と、「素晴らしき哉、人生!」に出演したDonna Reed(ドナ・リード)で、他は多くのジャズミュージシャン達です。

センチメンタルなGoodbye(Good-Bye)やスウィンギーなChina Boyなどを収録した1930年代スタイルのスイングジャズを堪能出来る「ベニー・グッドマン物語」のサウンドトラック
bennyCd.jpgThe Benny Goodman Story
試聴はThe Benny Goodman Story – Amazon.com
※最初、このサントラは1955年の映画の公開に伴いデッカからリリースされたのですが、ベニイ・グッドマンはキャピトルの専属だったので1956年に新たにサントラがリリースされた経緯があったそうです。 キャピトル・レコードは昨今のCD化に伴い、5曲のボーナストラックを追加して、1995年に再びリリースしました。

Audio-Visual Trivia内の関連記事
シロフォン(マリンバより高音の立奏木琴)奏者のRed Norvo(レッド・ノーヴォ)についてはミルドレッド・ベイリー
ライオネル・ハンプトンについてはイリノイ・ジャケー
テディ・ウィルソンとレコーディングしたロイ・エルドリッジ
ヴァレンタイン・デイヴィスの三十四丁目の奇蹟

テディ・ウィルソン Teddy Wilson」への2件のフィードバック

  1. 今日「ベニイ・グッドマン物語」をアップしたんですよ!
    このトランペットの方は本人役だったですね。映画としての出来はともかく、音楽は素晴らしかったな~~

  2. anupamさん、記事アップのお知らせ有難うございます。
    祝500回!「アヌパムさん江」
    そして、「祝500回」おめでとうございます。私はこのペースだと後2年経たないと祝えません。
    本当に本来文章下手な私などは批評だの評論だのとは無縁な存在ですから、anupamさんのおっしゃる通り!「好き」か「嫌い」の境地ですよ。無責任”女”の戯言ですな。
    面倒でしょうがたまにはトラックバックもしてね。

コメントは受け付けていません。