ナタリー・ウッド Natalie Wood

40年代に子役で映画デビューしてから1981年の突然の事故死まで多くのロマンス映画に出演したナタリー・ウッドはハリウッド最後の銀幕のスターと云われます。

ジェーン・マンスフィールド Jayne Mansfield

50年代を代表するマリリン・モンローよりグラマーだとされるジェーン・マンスフィールドはIQが高かったそうです。その魅力的な巨乳でグラビアから映画や歌までと世の男性の目を楽しませてくれましたが不幸な事故で他界しています。

ヴァレリー・カプリスキー 私生活のない女 Valerie Kaprisky (1984)

ヴァレリー・カプリスキーの健康美の裸体が躍動するアンジェイ・ズラウスキー監督による難解なドラマですが、ストーリーが少々入り組んでいるので、「どうして?」がいっぱい残る難解な映画です。

ジーン・セバーグ Jean Seberg

60年代の女優のシンボルともいえるジーン・セバーグの私生活はヌーヴェル・ヴァーグそのもの、パリとニューヨークの狭間に生きた恋多き女の最期は余りにも突然で異様でした。

グレタ・ガルボ Greta Garbo Mata Hari (1931)

謎のハリウッド女優として名高いグレタ・ガルボが主演して話題を呼んだ、第一次大戦時に魅惑の女スパイとして活躍したマタハリの活躍を描いた作品です。

マリー・ラフォレ 赤と青のブルース Marie Laforet (1960)

1960年のフランス映画「赤と青のブルース」は日本では太陽がいっぱいで知られるマリー・ラフォレの代表作の一つです。

チャン・ツィイー 2046  (2004)

「欲望の翼」と「花様年華」に続くウォン・カーウァイ監督の3部作の完結編ともいわれる2004年の映画2046で香港女優のチャン・ツィイーは輝いています。

ニコール・キッドマン 奥さまは魔女 Bewitched (2005)

60年代TVシリーズ「奥様は魔女」をテーマにしたラブ・コメ映画です。サマンサ役にニコール・キッドマンをスカウトしたら、なんと本物の魔女だったのです。

ドリス・デイ Doris Day

ドリス・デイは1944年のミリオン・セラー「センチメンタルジャーニー」に続いて1949年の「アゲイン」、そして1956年の「ケセラセラ」など数多くのヒット曲があります。

リタ・ヘイワース ギルダ Rita Hayworth in Gilda (1946)

黒い長手袋のストリップ・シーンで有名な 「ギルダ」はチャールズ・ヴィダー監督のフィルム・ノワールで妖艶なリタ・ヘイワースがファム・ファタルを演じます。