ビリー・エクスタイン Billy Eckstine

ビブラートのきいたバリトンでロマンティックな歌を聴かせたジャズ歌手ですが、なんとビバップ好きなのです。スイング時代からソウル時代まで変幻自在とはいかないまでも70歳まで歌い続けたダンディなマルチタレント・ミュージシャンでしたがバップ人間ではなかったようです。

ハリー・ジェームス Harry James

スイングジャズ時代には最もロマンティックでメランコリックな演奏を聴かせたビッグバンドのトランペッターでバンドリーダーですが、哀愁を帯びた曲だけではなく時にはカウント・ベイシーかと聴き紛うこともあるほどノリノリのスイングもたくさん演奏したミュージシャンです。

ペレス・プラード Perez Prado

ペレス・プラードは1950年代に世界中でマンボ旋風を巻き起こしたキューバ出身の偉大なアーティストで精力的に音楽活動に関わった一生を送りました。 あ~、う~っ!

レイ・ブライアント Ray Bryant

一般には”ゴールデン・イアリング”のヒットで知られているジャズピアニストですが、ビバップやファンキーな演奏からエレクトリックまで息の長い音楽活動を続け、多くのピアノ・ブルースのファンが支持しています。

マイルス・デイヴィス Miles Davis

トランペットの巨人というよりは20世紀の音楽の巨人というべきジャズ界の重要なミュージシャンです。演奏スタイルを次々と変えて遂にはシンセサイザーをジャズに取り込むほど斬新な演奏を聴かせました。 エリート!金持ち!色男!お洒落!もちろんペットは最高! よって、もてもてのマイルス・デイヴィスです。

ジャズ・スタンダード The Most Relaxing Jazz Standards

今話題になっているヒーリングとかリラクゼーションなら、お勧めはスタンダードのジャズ! ムードのあるスローな曲で心身ともにリラックスして下さい。

アート・ブレイキー Art Blakey

ジャズもビバップからクールジャズ、そしてハードバップへと目まぐるしく返還しますがその中でファンキー・ジャズといえば代表格はドラマーでバンド・リーダーのアート・ブレイキーです。

ミルドレッド・ベイリー Mildred Bailey

スイング時代に初めてビッグバンドで歌った女性ヴォーカリストとしてパイオニア的かつ重要なミュージシャンです。ホーギー・カーマイケルがミルドレッド・ベイリーのために作曲した「Rockin’ Chair」は大ヒット曲であり代表曲でもあります。

ソニー・スティット Sonny Stitt

ビバップの旗手であるアルトサックス奏者のチャリー・パーカーに手ほどきを受けたためか、そっくりな奏法と評されたためにアルトをテナーに持ち替えたという後期ビバップの偉大なジャズマンです。

ラリー・クリントンとビー・ウェイン Larry Clinton and Bea Wain

スイングが全盛の1930年代から1940年代に編曲と作曲を手掛け、人気のビッグバンドのリーダーでもあったラリー・クリントンは、クラシックの曲をジャズに編曲したミュージシャンです。 そしてそのバンドの専属歌手のビー・ウェインはスイングといえども優しいエレガントな歌声でした。

ヘレン・メリル Helen Merrill

代表的なヒット曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」を歌った都会的なハスキーヴォイスのジャズ歌手「ヘレン・メリル」が共演したのが伝説のトランペッターと呼ばれる「クリフォード・ブラウン」です。

ボビー・ダーリン Bobby Darin

30代にして心臓病で亡くなった伝説のエンターテイナーであるボビー・ダーリンは短い生涯を波乱万丈に生きました。フランク・シナトラ流に指パッチンでラスヴェガスの観客を魅了したマルチタレント歌手です。

クリント・イーストウッドのジャズ関連作品集 Clint Eastwood – Filmography

TVシリーズの西部劇「ローハイド」で有名になったクリント・イーストウッドは大のジャズ好きで、監督になってからジャズを取り入れた作品を多数制作しています。

ジェリー・マリガン Gerry Mulligan

ジャズ界でバリトンサックス奏者といえばジェリーマリガンです。 クールジャズ誕生にも参加し、ピアノレス・コンボでも話題となったマリガンはチェット・ベイカーとのユニットが最高です。

テディ・ウィルソン Teddy Wilson

ベニ―・グッドマンに取りたてられた黒人ピアニストのテディ・ウィルソンはエレガントなピアノ奏法で人気があり、スイングジャズ時代には多くのアーテイストとのセッション録音を残しています。

ケティ・レスター Ketty Lester sings Love Letters

伝説の一発屋といわれるソウル歌手のケティ・レスターは日本では殆ど無名で本国のアメリカでさえ歌手としては忘れさられています。 しかし、ケティ・レスターの初ヒット曲であり唯一のヒット曲でもある「ラブレター」は永遠に忘れ去られることはありません。