ラット・パック The Rat Pack

ラット・パックは1950年代にアメリカを代表する歌手といわれるフランク・シナトラがハンフリー・ボガートの死後に引き継いでエンターテイナー・グループとしてラスベガスのショーをはじめTVや映画などで活躍しました。

河は呼んでる L’Eau Vive (1957)

半世紀経った今でも人気の名作「河は呼んでる」は、そのテーマ曲とパスカル・オードレが演じた可愛いオルタンスと共に永遠に不滅です。

ブルー・ベルベット Blue Velvet (1986)

映画の公開から20年経った今でさえセンセーショナルなデイヴィッド・リンチ監督の狂気と倒錯のミステリーです。

ヴァレリー・カプリスキー 私生活のない女 Valerie Kaprisky (1984)

ヴァレリー・カプリスキーの健康美の裸体が躍動するアンジェイ・ズラウスキー監督による難解なドラマですが、ストーリーが少々入り組んでいるので、「どうして?」がいっぱい残る難解な映画です。

非情の町 Town Without Pity (1961)

いったい誰にとって非情の町なのか? レイプ事件をめぐる法廷劇を通して法は正義か否やを問う社会派の問題作品です。

グレタ・ガルボ Greta Garbo Mata Hari (1931)

謎のハリウッド女優として名高いグレタ・ガルボが主演して話題を呼んだ、第一次大戦時に魅惑の女スパイとして活躍したマタハリの活躍を描いた作品です。

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 Walk the Line (2005)

無法者の異名を持つカントリー歌手のジョニー・キャッシュ伝説をジョニー・キャッシュのファンであるジェ–ムス・マンゴールド監督が映画化しました。 ホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンがキャッシュ夫妻を演じます。

アンフィニッシュ・ライフ An Unfinished Life (2005)

An Unfinished Life ロバート・レッドフォード、モーガン・フリーマン、ジェニファー・ロペス、グリズリーと豪華な顔ぶれでラッセ・ハルストロームが監督する大草原で繰り広げられるヒューマンドラマです。

サタデー・ナイト・フィーバー Saturday Night Fever (1977)

ジョン・トラボルタはサタデー・ナイト・フィーバーで大スターになりました。下町に住む若者がキングになれるのはディスコしかない!とダンス大会での優勝目指してハッスルするストーリーです。

ふたりの5つの分かれ路 5X2 (2004)

フランソワ・オゾンの新作「ふたりの5つの分かれ路」はカップルの離婚を通した描いた男と女のサイコドラマです。

オーレリアン・ルコワン タイム・アウト L’emploi du temps (2001)

この映画はフランスで1993年に実際に起きた偽医者のロマンが引き起こした事件を題材にした小説の映画化です。愛する家族があるのに突然職を失ったら、それを隠すために嘘をつきだしたら、後はどんどん落ちていくばかり。

愛をつづる詩 ’Yes’ by Sally Potter (2004)

英国女流監督のサリー・ポッターの新作’Yes’ではSheとHeという代名詞の主人公が登場します。人種と国境を越えた大人の恋の物語です。

ラヴェンダーの咲く庭で Ladies in Lavender (2004)

上品で美しいバイオリンのしらべと共にクラシックの世界に誘ってくれるロマンティックな初老の恋の物語です。

オール・ザ・キングスメン All The King’s Men (1949)

All The King’s Men ”オール・ザ・キングスメン”はロバート・ロッセン監督が製作・脚本を自ら手がけた政治腐敗のからくりを暴露する政治映画です

情欲の悪魔 Love Me or Leave Me by Doris Day (1955)

ケセラセラの大ヒットで知られるドリス・デイ主演の映画「情欲の悪魔」は戦前のアメリカの歌手「ルース・エッティング」の伝記ミュージカル映画です。

ロベール・ブレッソン スリ Pickpocket (1960)

ロベール・ブレッソン監督のスリの手口を披露するサスペンス映画ですが、孤独な一人の男の人間ドラマでもあります。