シドニー・ベシェ Sidney Bechet

日本ではピーナッツ・ハッコーのクラリネットで有名になった「小さな花」はソプラノ・サックス奏者であるシドニー・ベシェの作曲です。

悲しみよこんにちは Bonjour tristesse (1958)

フランスの作家フランソワーズ・サガンが十代の時書いた小説をオットー・プレミンジャー監督映画化しました。

大脱走 The Great Escape (1963)

第2次世界大戦時の実話を元にしたジョン・スタージェス監督のユーモアを交えた戦争映画で大物スターが勢揃いします。

恋する人魚たち Mermaids (1990)

クリスティーナ・リッチのデビュー作品「恋する人魚たち」では、ウィノナ・ライダーが多感な少女、ポップス歌手のシェールが奔放な母親役を演じます。

エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

1956年はロックンローラー「エルビス・プレスリー」にとって特別な年です。ローカルヒットから全国ネットに代わったのです。そしてグローバルヒットへ。

チャイナ・ムーン China Moon (1994)

ジョン・ベーリーが監督し、エド・ハリス、ベニシオ・デル・トロ、マデリーン・ストウが出演したとんだどんでん返しがあるセクシー・サスペンスです。

チャールズ・ブロンソン レッド・サン Soleil Rouge (1971)

テレンス・ヤングが監督した日米仏の大スターを配した超異色西部劇で、世界の三船がガンマンと対決します。 Hummmmm…Mandam!

黄金の腕 The Man with the Golden Arm (1955)

オットー・プレミンジャー監督の麻薬犯罪を扱った問題作品です。フランク・シナトラが演じるヤク中のフランキーの麻薬禁断症状の演技が見ごたえあります。

フェデリコ・フェリーニ カサノバ Il Casanova di Federico Fellini (1976)

フェデリコ・フェリーニ監督、ドナルド・サザーランド主演の中世に実在したジャコモ・カサノバの女性遍歴を描いたイタリア映画です。

コレクター Kiss the Girls (1997)

1965年のウイリアム・ワイラ監督のミステリー映画「コレクター」をゲイリー・フレダー監督がリメイクしたといわれますが、この「コレクター」はさらに複雑な犯罪映画となっておよそリメイクとは言えない内容となっています。

トゥームレイダー Lara Croft: Tomb Raider (2001)

アンジェリーナ・ジョリー主演のアクションアドベンチャー映画です。垂涎のハイテク新機種が色々と登場しますが探し物は中国古代のお宝です。

ブルース・ウィリス スリー・リバーズ Striking Distance (1993)

ブルース・ウィリスとサラ・ジェシカ・パーカーが出演したミステリー映画です。主人公の過去の女達が次々と惨殺され、殺人予告には”赤頭巾ちゃん気をつけて”の音楽を流す犯人はなんと以外や以外!

ライジング・サン Rising Sun (1993)

日本通のショーン・コネリーが監修した日本バッシング映画ですが叩かれているというより、なんだかくすぐられているような日本描写が満載のミステリ映画です。 ね、先輩!

T・ボーン・ウォーカー T-Bone Walker

ブルースのエレキギタリストであるとともにGee Baby Ain’t I Good to Youなどの他、バラードやジャンプ・ブルースの歌手としても多くの名曲を残しています。ジャンプブルースを聴いて下さい。

ジム・キャリーのマスク The Mask (1994)

人気コミックをベースにしたジム・キャリー主演の特撮コメディで、キャメロン・ディアスがセクシーなクラブ歌手役でデビューです。ピーター・ボグダノヴィッチ監督の1984年の「マスク」の情報もあります。

ワイノニー・ハリス Wynonie Harris

日本ではあまり知られていませんが、リズム&ブルースのパイオニアと云われるワイノニー・ハリスはエルヴィス・プレスリーが青春時代に聴いたジャンプブルース・シンガーの一人です。

ブッカー・T Booker T. & the MG’s

グリーン・オニオンズはBOOKER T. & THE M.G.’sの1962年の大ヒット曲で映画のサントラにもよく使用されます。