ジーナ・ロロブリジーダ Gina Lollobrigida

1950年代のイタリア映画最盛期のグラマー女優の一人で、バストより細い腰の方がが話題となった美人女優です。 コメディから歴史時代劇まで幅広く活躍しましたがセクシー女優より写真家の方がお気に入りで早めに引退してしまいました。

ミレーヌ・ドモンジョ Mylene Demongeot

溌剌とした肢体で目を楽しませてくれる金髪美人のドモンジョ様は50年代から60年代までフランス映画界の売れっ子女優だったのです。

ブリジット・バルドー Brigitte Bardot

肉体派女優というよりは小悪魔という形容がピッタリのフランス女優のベベです。映画だけではなく、60年代のフレンチポップス又はイエイエの人気歌手でもあります。 Shebam! Pow! Blop! Wizz… Prout!

サンドラ・ディー Sandra Dee

天使の笑顔という形容がピッタリのぷっくりしたブロンドのアイドル・スターは性急な結婚と離婚により栄光の座から滑り落ちました。それでもなほ 永遠なるサンドラ・ディー!

ロリータ Lolita (1962)

昨今よく使われる「ロリコン」という言葉は、中年紳士が少女に恋をする映画「ロリータ」から生まれたのです。 ロリータ!悩ましき12歳。

パスカル・プティ Pascale Petit

可愛い「パスカル・プティ」は1950年代から1960年代にかけて大変人気のあったコケティッシュなフランス女優ですがその後はエロティック路線にいってしまいました。

クリント・イーストウッドのジャズ関連作品集 Clint Eastwood – Filmography

TVシリーズの西部劇「ローハイド」で有名になったクリント・イーストウッドは大のジャズ好きで、監督になってからジャズを取り入れた作品を多数制作しています。

ジェーン・マンスフィールド Jayne Mansfield

50年代を代表するマリリン・モンローよりグラマーだとされるジェーン・マンスフィールドはIQが高かったそうです。その魅力的な巨乳でグラビアから映画や歌までと世の男性の目を楽しませてくれましたが不幸な事故で他界しています。

ラット・パック The Rat Pack

ラット・パックは1950年代にアメリカを代表する歌手といわれるフランク・シナトラがハンフリー・ボガートの死後に引き継いでエンターテイナー・グループとしてラスベガスのショーをはじめTVや映画などで活躍しました。

エリザベス・モンゴメリー 奥様は魔女 Bewitched (1964)

2005年のニコール・キッドマンの「奥さまは魔女」のもととなっているのはエリザベス・モンゴメリーが主演した1960年代のTVシリーズ「奥様は魔女」です。魔女のサマンサが人間と結婚して繰り広げる騒動を描いたホームドラマです。

私立探偵マイク・ハマー Mickey Spillane’s Mike Hammer

50年代〜60年代にかけてテレビではピーターガンなどの私立探偵ものが大流行りしましたが、「私立探偵マイク・ハマー」もご同様にハードボイルドなミステリです。

非情の町 Town Without Pity (1961)

いったい誰にとって非情の町なのか? レイプ事件をめぐる法廷劇を通して法は正義か否やを問う社会派の問題作品です。

ジーン・セバーグ Jean Seberg

60年代の女優のシンボルともいえるジーン・セバーグの私生活はヌーヴェル・ヴァーグそのもの、パリとニューヨークの狭間に生きた恋多き女の最期は余りにも突然で異様でした。

ダミアーノ・ダミアーニ くち紅 Il Rossetto (1960)

1960年のピエトロ・ジェルミ主演の刑事もの映画です。 前作の「刑事」とは違って余り知られていませんが、殺人事件と犯人をかばう少女の淡い恋心を描いてなんともやるせなく、ミランダ・マルチーノが歌うテーマ曲も忘れられません。

マリー・ラフォレ 赤と青のブルース Marie Laforet (1960)

1960年のフランス映画「赤と青のブルース」は日本では太陽がいっぱいで知られるマリー・ラフォレの代表作の一つです。

ドビーの青春 The Many Loves of Dobie Gillis (1959)

The Many Loves of Dobie Gillis ”ドビーの青春”はアメリカの高校生を描いた60年代初期の珍しい学園モノTVシリーズです。

ロベール・ブレッソン スリ Pickpocket (1960)

ロベール・ブレッソン監督のスリの手口を披露するサスペンス映画ですが、孤独な一人の男の人間ドラマでもあります。

太陽はひとりぼっち L’Eclisse (1962)

ミケランジェロ・アントニオーニの「太陽はひとりぼっち」は「情事」と「夜」に続く「疎外感」と「欲望」そして「愛の不毛」を描く三部作の完結編で、モニカ・ヴィッティが出演しています。