アンソニー・クイン Anthony Quinn

渋い男の魅力でイタリア人やギリシャ人を演じたら天下一品のメキシコの俳優です。イタリアの名画である「道」とギリシャの「その男ゾルバ」はアンソニー・クインの代表作品です。

ジーナ・ロロブリジーダ Gina Lollobrigida

1950年代のイタリア映画最盛期のグラマー女優の一人で、バストより細い腰の方がが話題となった美人女優です。 コメディから歴史時代劇まで幅広く活躍しましたがセクシー女優より写真家の方がお気に入りで早めに引退してしまいました。

雨の朝巴里に死す The Last Time I Saw Paris (1954)

華麗なるヒロインを演じたエリザベス・テイラーに泣き、若きジェームス・ボンドのプレイボーイぶりに目を見張るひたすらロマンティックな、そして主人公たちの心情を思うと悲しく身につまされる映画です。

ミレーヌ・ドモンジョ Mylene Demongeot

溌剌とした肢体で目を楽しませてくれる金髪美人のドモンジョ様は50年代から60年代までフランス映画界の売れっ子女優だったのです。

ブリジット・バルドー Brigitte Bardot

肉体派女優というよりは小悪魔という形容がピッタリのフランス女優のベベです。映画だけではなく、60年代のフレンチポップス又はイエイエの人気歌手でもあります。 Shebam! Pow! Blop! Wizz… Prout!

サンドラ・ディー Sandra Dee

天使の笑顔という形容がピッタリのぷっくりしたブロンドのアイドル・スターは性急な結婚と離婚により栄光の座から滑り落ちました。それでもなほ 永遠なるサンドラ・ディー!

悲しみは空の彼方に Imitation of Life (1959)

30年代のベストセラー同名小説がクローデット・コルベール主演で映画化されていますが、ダグラス・サーク監督のリメイクともに当時のアメリカ社会の人種差別や家族の愛情を描いた問題作です。

陽のあたる場所 A Place In The Sun (1951)

「青年よ、大志を抱け」とはクラーク博士の言葉ですが、あまり野心を抱き過ぎると身の破滅を招きます。 上流階級の令嬢に恋をしたばかりに身を滅ぼした若者の哀れな結末と当時の病んだアメリカ社会の問題を描いたジョージ・スティーヴンス監督のアカデミー受賞映画です。

危険な関係 Les Liaisons Dangereuses (1959)

ため息の出るような素敵なカップル、ジェラール・フィリップとジャンヌ・モローが演じる愛し合っている夫婦の公認アヴァンチュールの結末は如何に。 18世紀のロマン小説をエロスの監督「ロジェ・ヴァディム」が映画化しました。

パスカル・プティ Pascale Petit

可愛い「パスカル・プティ」は1950年代から1960年代にかけて大変人気のあったコケティッシュなフランス女優ですがその後はエロティック路線にいってしまいました。

ナタリー・ウッド Natalie Wood

40年代に子役で映画デビューしてから1981年の突然の事故死まで多くのロマンス映画に出演したナタリー・ウッドはハリウッド最後の銀幕のスターと云われます。

ジェーン・マンスフィールド Jayne Mansfield

50年代を代表するマリリン・モンローよりグラマーだとされるジェーン・マンスフィールドはIQが高かったそうです。その魅力的な巨乳でグラビアから映画や歌までと世の男性の目を楽しませてくれましたが不幸な事故で他界しています。

激しい季節 Estate Violenta (1959)

第二次大戦中の激動のイタリアを歴史的背景とし、避暑地で燃え上がった未亡人と若者の禁断の恋を描いたヴァレリオ・ズルリーニ監督の悲恋映画です。

河は呼んでる L’Eau Vive (1957)

半世紀経った今でも人気の名作「河は呼んでる」は、そのテーマ曲とパスカル・オードレが演じた可愛いオルタンスと共に永遠に不滅です。

私立探偵マイク・ハマー Mickey Spillane’s Mike Hammer

50年代〜60年代にかけてテレビではピーターガンなどの私立探偵ものが大流行りしましたが、「私立探偵マイク・ハマー」もご同様にハードボイルドなミステリです。

ジャン・ポール・ベルモンド Jean Paul Belmondo

ヌーベルバーグの申し子ともいえる大胆不敵な役を演じたジャン・ポール・ベルモンドは実はコンセルバトワールを卒業した正統派俳優でした。

ジーン・セバーグ Jean Seberg

60年代の女優のシンボルともいえるジーン・セバーグの私生活はヌーヴェル・ヴァーグそのもの、パリとニューヨークの狭間に生きた恋多き女の最期は余りにも突然で異様でした。

ひと夏の情事 Une Fille pour L’ete (1959)

サスペンスの巨匠エドゥアール・モリナロが監督するパスカル・プティ出演のロマンス映画です。確かに不可解な乙女心のサスペンスで、若い娘はなぜ死んでしまったのか分かりません。