シャーク・テイル Shark Tale (2004)

シャーク・テイルは声をロバート・デ・ニーロやウイル・スミスなどの大スターが担当する大人が楽しめるドリーム・ワークス製作のCGアニメ映画です。

ルシアンの青春 Lacombe Lucien (1973)

ナチスに入党した貧しい若者とユダヤ娘の青春物語で、死刑台のエレベータのルイ・マルが監督しました。

デューク・エリントン Duke Ellington

ジャズの巨匠の一人であるピアニストのデューク・エリントンが演奏する”Blue, Too – The Shepherd”という曲は情報が少ないうえに、なぜかこの曲が入っているアルバムも数枚しか見つかりません。

私は死にたくない! I Want to Live! (1958)

処刑されるまで無罪を主張したある女性死刑囚の実話を元にした映画です。スーザン・ヘイワードが主演してアカデミー主演女優賞受賞などを受賞しました。ジェリー・マリガンのバリトンサックスが素晴らしいテーマ音楽です。

ラン・ローラ・ラン Lola rennt (1998)

20分のタイムリミットにプロットが3通りという、「時間で遊ぶ」奇抜なアイデアで、ヒロインのローラが走りに走り続け、ゲームのようにストーリーをリセットします。

愛と情熱のジョセフィン・ベイカー The Josephine Baker Story (1991)

リン・ウィットフィールド主演のジョセフィン・ベイカー伝記映画です。 ジョセフィン・ベイカーはパリのキャバレーで戦前から戦後を通して歌と踊りで大活躍した黒人アーテイストで「裸」が有名です。

ピーター・セラーズ ピンクの豹 The Pink Panther (1963)

1963年から始まったブレイク・エドワーズ監督のコメディシリーズ「ピンクの豹」はその後シリーズ化され、キャラクターのピンクパンサーがテレビ漫画にもなりました。

シドニー・ベシェ Sidney Bechet

日本ではピーナッツ・ハッコーのクラリネットで有名になった「小さな花」はソプラノ・サックス奏者であるシドニー・ベシェの作曲です。

悲しみよこんにちは Bonjour tristesse (1958)

フランスの作家フランソワーズ・サガンが十代の時書いた小説をオットー・プレミンジャー監督映画化しました。

大脱走 The Great Escape (1963)

第2次世界大戦時の実話を元にしたジョン・スタージェス監督のユーモアを交えた戦争映画で大物スターが勢揃いします。

恋する人魚たち Mermaids (1990)

クリスティーナ・リッチのデビュー作品「恋する人魚たち」では、ウィノナ・ライダーが多感な少女、ポップス歌手のシェールが奔放な母親役を演じます。

エルヴィス・プレスリー Elvis Presley

1956年はロックンローラー「エルビス・プレスリー」にとって特別な年です。ローカルヒットから全国ネットに代わったのです。そしてグローバルヒットへ。

チャイナ・ムーン China Moon (1994)

ジョン・ベーリーが監督し、エド・ハリス、ベニシオ・デル・トロ、マデリーン・ストウが出演したとんだどんでん返しがあるセクシー・サスペンスです。

チャールズ・ブロンソン レッド・サン Soleil Rouge (1971)

テレンス・ヤングが監督した日米仏の大スターを配した超異色西部劇で、世界の三船がガンマンと対決します。 Hummmmm…Mandam!

黄金の腕 The Man with the Golden Arm (1955)

オットー・プレミンジャー監督の麻薬犯罪を扱った問題作品です。フランク・シナトラが演じるヤク中のフランキーの麻薬禁断症状の演技が見ごたえあります。

コレクター Kiss the Girls (1997)

1965年のウイリアム・ワイラ監督のミステリー映画「コレクター」をゲイリー・フレダー監督がリメイクしたといわれますが、この「コレクター」はさらに複雑な犯罪映画となっておよそリメイクとは言えない内容となっています。

ブルース・ウィリス スリー・リバーズ Striking Distance (1993)

ブルース・ウィリスとサラ・ジェシカ・パーカーが出演したミステリー映画です。主人公の過去の女達が次々と惨殺され、殺人予告には”赤頭巾ちゃん気をつけて”の音楽を流す犯人はなんと以外や以外!