ジュリー・ロンドン Cry Me A River by Julie London

ハスキー・ボイスの美人歌手で知られるジュリー・ロンドンの「クライ・ミー・ア・リバー」は1955年の大ヒット曲です。

サラ・ヴォーン Sarah Vaughan

テンダリーやミスティなど良く知られた曲だけでなく、1940年代からずっと活躍してきたサラ・ヴォーンは低音とビブラートが素晴らしい偉大な女性ジャズ・ボーカリストの一人です。

ママの遺したラヴソング A Love Song for Bobby Long (2004)

「サタデー・ナイト・フィーバー」で格好良く踊ったジョン・トラボルタがアル中のダメ男を演じるヒューマン・ドラマです。スカーレット・ヨハンソンが演じるヒロインの母の家に住みついている男たちはいったい誰?

アール・フッカー Earl Hooker

50年代~60年代の戦後のシカゴ・ブルース・シーンではロバート・ナイトホーク譲りのアール・フッカーのスライド・ギターのテクニックが多くのブルースマン達に絶賛されました。

ディジー・ガレスピー Dizzy Gillespie

折れ曲がったトランペットで独特の吹き方をするディジー・ガレスピーはBe-Bopの誕生に参加しています。 ガレスピー作曲のバークス・ワークスはジャズのスタンダードになっています。

リタ・ヘイワース ギルダ Rita Hayworth in Gilda (1946)

黒い長手袋のストリップ・シーンで有名な 「ギルダ」はチャールズ・ヴィダー監督のフィルム・ノワールで妖艶なリタ・ヘイワースがファム・ファタルを演じます。

モーターサイクル・ダイアリーズ The Motorcycle Diaries (2004)

革命家チェ・ゲバラの伝記ともいえるウォルター・サレス監督の青春ロードムービーです。なぜゲバラが革命家になったのかが分かります。

シャーク・テイル Shark Tale (2004)

シャーク・テイルは声をロバート・デ・ニーロやウイル・スミスなどの大スターが担当する大人が楽しめるドリーム・ワークス製作のCGアニメ映画です。

ルシアンの青春 Lacombe Lucien (1973)

ナチスに入党した貧しい若者とユダヤ娘の青春物語で、死刑台のエレベータのルイ・マルが監督しました。

デューク・エリントン Duke Ellington

ジャズの巨匠の一人であるピアニストのデューク・エリントンが演奏する”Blue, Too – The Shepherd”という曲は情報が少ないうえに、なぜかこの曲が入っているアルバムも数枚しか見つかりません。

私は死にたくない! I Want to Live! (1958)

処刑されるまで無罪を主張したある女性死刑囚の実話を元にした映画です。スーザン・ヘイワードが主演してアカデミー主演女優賞受賞などを受賞しました。ジェリー・マリガンのバリトンサックスが素晴らしいテーマ音楽です。

愛と情熱のジョセフィン・ベイカー The Josephine Baker Story (1991)

リン・ウィットフィールド主演のジョセフィン・ベイカー伝記映画です。 ジョセフィン・ベイカーはパリのキャバレーで戦前から戦後を通して歌と踊りで大活躍した黒人アーテイストで「裸」が有名です。

ピーター・セラーズ ピンクの豹 The Pink Panther (1963)

1963年から始まったブレイク・エドワーズ監督のコメディシリーズ「ピンクの豹」はその後シリーズ化され、キャラクターのピンクパンサーがテレビ漫画にもなりました。

シドニー・ベシェ Sidney Bechet

日本ではピーナッツ・ハッコーのクラリネットで有名になった「小さな花」はソプラノ・サックス奏者であるシドニー・ベシェの作曲です。

悲しみよこんにちは Bonjour tristesse (1958)

フランスの作家フランソワーズ・サガンが十代の時書いた小説をオットー・プレミンジャー監督映画化しました。

大脱走 The Great Escape (1963)

第2次世界大戦時の実話を元にしたジョン・スタージェス監督のユーモアを交えた戦争映画で大物スターが勢揃いします。